情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ノミリン






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







ミカン

レモン

β‐カロチン

活性酸素


がん予防
胆汁




ノミリン
  • 柑橘類の種や皮に含まれる成分

(肥満改善)
  • 2015年、東京大学の佐藤隆一郎教授らが、ノミリンが肥満や高血糖を改善することを発見した。
  • 研究グループは、エタノールなどを使う方法で、種の重さの約1%のノミリンを抽出した。
  • マウス実験
  • マウスを2つのグループに分け、A群はに高脂肪食を与え、B群には総量の0.2%をノミリンに変えた高脂肪食を与えた。
  • 80日後の体重を計測。
  • A群は
    1. 体重が10%増えた
    2. 血糖値が正常なマウスの約2倍になった。
  • B群は
    1. 体重に変化が無かった。
    2. 血糖値の上昇は約1.5倍にとどまった。


ノミリンは筋肉や小腸の細胞にある「TGR5」という受容体と結合する。(2015年、東京大学の佐藤隆一郎教授ら)
  • 筋肉のTGR5と結合すると、細胞内のエネルギー消費が増え、脂肪の燃焼を促す。

  • 小腸のTGR5と結合すると、すい臓からのインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる。
  • 同じような働きをするのが・・・肝臓が分泌する「胆汁酸」

  • 胆汁酸は石けんのような働きをするため、直接摂取すると食道や胃の粘膜を溶かして炎症を引き起こす。
  • 研究グループは胆汁酸と同様の物質を約500種類の食品由来の成分から探してノミリンを見つけた。

 







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬