ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ノルアドレナリン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



強心薬
一般名 ノルエピネフリンnorepinephrine


[ノルアドレナリン]



主としてα受容体に作用するが、エピネフリンより作用は弱い。





急性低血圧またはショック時の補助治療
心筋梗塞によるショック
敗血症によるショック
アナフィラキシーショック
循環血液腸低下を伴うショック
全身麻酔時の急性低血圧



(点滴静注)
1回1mgを250mlの生食液、5%ブドウ糖液、血漿または全血などに溶解して点滴静注。
(皮下注射)
1回0.1〜1mg



ハロゲン含有吸入麻酔薬投与中
他のカテコールアミン製剤投与中
コカイン中毒
心室性頻拍



ハロゲン含有麻酔薬(フローセン・エトレンなど)→頻脈、心室細動の恐れ。
他のカテコールアミン製剤(プロタノーールなど)→不整脈、心停止の恐れ。



MAO阻害薬
三環系抗うつ薬(イミプラミンなど)
SNRI(トレドミン)
抗うつ薬(マプロチリン)
分娩促進役
抗ヒスタミン製剤
甲状腺製剤
スピノロラクトン製剤
メチル硫酸アメジウム


高血圧の者・・・→悪化の恐れ
動脈硬化症
甲状腺機能亢進症
高齢者
心疾患
徐脈の者






心拍出量が減少
血圧上昇が著明
脳出血
頭痛
肺水腫
→感受性の高い患者に要注意






嘔吐
悪寒
悪心
胸内苦悶
血圧上昇が異常
呼吸困難
羞明
徐脈・・・・→(対策)アトロピンで回復
心悸亢進



関連情報 強心薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査