情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ノルバスク






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






(カルシウム拮抗剤)血圧降下剤



カルシウム拮抗剤
一般名 ベジル酸アムロジピン


「アムロジピン」「アムロジン」
ノルバスク



○心臓の筋肉の収縮を抑えて、冠血管を拡張し、心臓への負担を軽減します。心筋への血流を良くすることで狭心症など冠不全の症状を改善します。
また、末梢血管を拡張する作用があるので、血圧を下げます。
○細胞膜の膜電位依存性カルシウムチャンネルに特異的に結合し、細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより、冠血管や末梢血管の平滑筋を弛緩させる




高血圧症
狭心症
(不安定狭心症には向かない)




使ってはダメな者
禁忌
ジヒドロピリジン系化合物に過敏症の者。
妊婦または妊娠している可能性がある者
慎重な投与
が必要
過度の低血圧
高齢者。
重篤な肝機能障害




相互作用
  • 他の降圧剤との併用で作用増強。
  • リトナビル・・・AUC上昇が予想される。
  • AUC (Area under the curve
    • 「薬物濃度時間曲線下面積」
    • 薬が使用された後の血中薬物濃度をY軸に、時間をX軸にとったときに描く山なりのカーブの下側の面積部分。
    • 体内の薬物総吸収量の指標になる。



妊婦への影響 妊婦には投与しない。
授乳を避ける





ノルバスクの副作用(五十音順)
  1. ・ALP上昇・・・・→必要に応じ減量・中止。
  2. ・LDH上昇・・・・→必要に応じ減量・中止。
  3. ・嘔吐
  4. ・感覚の異常
  5. 肝障害
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    γ-GTP上昇
    黄疸
    中止
    処置が必要
  6. 関節痛・・・・→必要に応じ減量・中止。
  7. ・胸部の不快感
  8. ・筋ケイレン・・・・→必要に応じ減量・中止。
  9. ・クレアチニン上昇・・・・→必要に応じ減量・中止。
  10. 血小板減少・・・・→検査が必要。異常時は中止

    赤血球減少
    ヘモグロビン減少
    白血球減少
    血小板減少
    紫斑
    →必要に応じ
    減量・中止。
  11. 下痢
  12. ・口渇


    消化不良
    吐き気
    嘔吐
    心窩部痛
    下痢・軟便
    便秘
    口渇
    膵炎
    口内炎
    →必要に応じ減量・中止。
  13. ・呼吸困難
  14. ・コレステロール上昇



    CK上昇
    血清コレステロール上昇
    高血糖
    →必要に応じ
    減量・中止。
  15. 歯肉肥厚・・・・・・中止する。
  16. ・女性化乳房
  17. ・視力障害
  18. ・頭重
  19. ・頭痛
  20. ・せき
  21. ・全身倦怠感
  22. ・体重増加
  23. ・体重減少
  24. ・多汗
  25. ・脱毛
  26. ・動悸
  27. ・疼痛
  28. ・洞房ブロック


    期外収縮
    胸痛
    血圧低下
    徐脈
    洞停止
    失神
    動悸
    浮腫
    洞房ブロック
    ほてり
    熱感
    顔面紅潮
    →必要に応じ減量・中止。
  29. 軟便
  30. ・ねむけ



    気分動揺
    末梢神経障害
    不眠
    振戦
    頭痛・頭重
    眩暈
    ふらつき
    眠気
    →必要に応じ減量・中止。
  31. 背痛・・・・→必要に応じ減量・中止。
  32. ・排尿障害・・・・→必要に応じ減量・中止。
  33. ・吐き気
  34. ・発熱
  35. 白血球減少・・・・→検査が必要。異常時は中止。
  36. ・BUN上昇・・・・→必要に応じ減量・中止。
  37. ・鼻炎
  38. ・鼻出血
  39. ・皮膚変色
  40. ・頻尿・・・・→必要に応じ減量・中止。
  41. ・腹水・・・・→必要に応じ減量・中止。
  42. ・浮腫
  43. ・ふらつき
  44. ・便秘
  45. ・房室ブロック
    房室ブロック 初期症状
    徐脈
    めまい
    異常時は中止
  46. 勃起障害・・・・→必要に応じ減量・中止。
  47. ・ほてり
  48. ・.発疹


    発疹
    かゆみ
    ジンマシン
    多形紅斑
    光線過敏症
    血管炎
    血管浮腫
    →中止
  49. 味覚異常
  50. ・みずおちの痛み
  51. ・.めまい
  52. ・夜間頻尿・・・・→必要に応じ減量・中止。





厚生労働省副作用情報
  • 自己免疫性溶血性貧血1
    食欲不振1
    死亡1
    呼吸困難1
    肺気腫1
    好酸球性肺炎1
    肝機能異常3
    劇症肝炎1
    間質性肺疾患1
    胆汁うっ滞性黄疸1
    白血球減少症1
    肝障害
    倦怠感1
    心嚢液貯留1
    血小板数減少1
    肺胞出血1
    発熱1
    洞不全症候群1
    スティーブンス・ジョンソン症候群1
    肺の悪性新生物1
    第三度房室ブロック





ノルバスクと
リピトール
2009年、7/2。ファイザーは2つの病気を1剤で治療できる「カデュエット配合剤」の承認を取得した。1日1回の服用ですむ。2剤の配合割合を変えた4種類をそろえた。
後発 ノルバスク・・・フィルム状に
2009年、興和テバは、特許が切れたアムロジンの成分を、厚さ0.08_bの薄いシート状に含有させた。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬