脳はホログラムの一遍
大脳基底核
脳細胞

神経細胞
中枢神経
脳軟化
海馬

グルコース
血液脳関門
脳血管障害
パターニング
乳幼児の脳



大脳辺縁系
  • 大脳半球内側面の辺縁部の総称。
  • 古皮質、原始皮質および大脳核の一部を含む脳の内側で、脳梁を囲む部位を指す。
    大脳辺縁系は、記憶や情動、嗅覚の機能と関連を持っている。
    色で分ける・・[灰白質][白質]
大脳 皮質 灰白質
髄質 白質
脊髄 皮質 白質
髄質 灰白質
灰白質とは、
  ・神経組織のうち、神経細胞体が存在している部分。
  ・肉眼的にも色がやや濃い。
  ・大脳では主に皮質にあるが、脊髄では髄質にみられる。
白質とは、
  ・神経細胞体が存在しない。
  ・主に有髄神経線維の束からなる部分。
  ・配線の集合体のようなもので、離れた灰白質の神経細胞体の間で情報を伝えあう。
帯状回 前脳胞の先端部が袋状に著しく発達したもの。
透明中隔 左右の側脳室前角を分ける左右一対の薄い板。
脳弓 海馬から出て乳頭体などに至る神経線維束。
乳頭体 視床下部から突き出た左右一対の隆起。
海馬 側頭葉の内側部に位置する。
短期記憶を、大脳連合野に長期記憶として蓄える働きに関与。
扁桃体 嗅皮質内部のアーモンド状の灰白質の塊。
扁桃体が壊れたサルは、ヘビにも噛みつくようになる。
正常なサルはヘビを怖がって飛び上がって逃げる。扁桃体が壊れると、周りにあるものを手当たり次第に口へ持っていったり、同性や異種の動物に対しても交尾行動をとるようになる。→「恐怖症
不公平・・・いやがる
2009年、玉川大学の春野雅彦研究員らは不公平をいやがる時に扁桃体の活動が活発になることを突き止めた。研究チームは、まず、男女64人に報酬金の分け方について好みを調べた。自分と相手がもらう金額の差が小さくなるのを好む25人と、そうでない14人を選抜。この39人に自分と相手の報酬金の差を36パターン示し、その際の脳の活動を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で観察した。
その結果、自分と相手がもらう金額の差が小さくなるのを好む人は、金額の差が大きいほど扁桃体が活発に活動していた。
また、扁桃体の活動状態に応じて、不公平をどの程度イヤがるかも予測できた。
成果はネイチャー・ニューロサイエンスに掲載。
  • 大脳辺縁系の機能
    1. 生命維持に必要な本能行動と、情動行動の機能を司る。
    2. 扁桃核では・・・逃避行動、攻撃行動、摂食行動、性行動が起こる。
    3. 海馬は・・・嗅覚形成に最も強く関与する。
    4. 自律神経調節のための視床下部を調節する働きがある。
    5. 記憶と学習に関与する。
    6. 本能的欲求の報酬系と罰系に関与する。



解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査