ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



膿疱性乾癬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告





膿疱性乾癬
  • 過去に乾癬の既往があり乾癬局面が存在する。
  • 医薬品の摂取歴にかかわらず発症する。
  • 発症は比較的緩徐で、小膿疱は乾癬局面内にみられる。
  • 発熱の持続期間は長い。
  • 皮膚病理組織学的には表皮肥厚、錯角化がみられる。
  • 発症より2週間以上経過しても小膿疱が完全に消退しないことが多い(図6参照)。


図6(a,b):膿疱性乾癬の臨床像
AGEPの画像a) AGEPの画像b)




関連情報 薬剤性過敏症症候群 
スティーブンス・ジョンソン症候群
 
中毒性表皮壊死症
 
発疹
 
フルンケル
 
化膿
 
かぶれ
 
湿疹
 
くさ
 
ニキビ
 
光線過敏症










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用