脳梗塞 の前触れ
  • 脳梗塞 は血管に脂肪などが詰まったりして血液循環が悪くなって起きる。
    重いと半身マヒや言語障害・痴呆などになる


前ぶれ


物忘れが激しい

考えがすぐにまとまらない、

食事中にはし(箸)を落とす

言葉が出てこない

パピプペポ・ラリルレロがはっきり言えない

片側の手足がしびれる

ものが二重に見える、

片方の目が見えにくい

目の前が暗くなる
など 







脳梗塞の予兆
決して突然起きるものではない。相当前からサインが出ているが、代表的なのが

  • “昔の思い出が甦ってくること”

どうして?
  • 人類学者栗本慎一郎氏によると、直近の空間記憶を司る脳細胞に梗塞が起きると、長期の言語的記憶が強化されるという。
  • 男性は右脳に梗塞が起きる確率が高く、左マヒが起きやすいという説があるが、もし右脳の「海馬」に「隠れ脳梗塞」が発症すると、左脳の記憶能力が活性化する

  • 記憶は、脳のあちこちに分散保存されているからで、具体的には、昔の仲間や初恋の人が妙に懐かしかったりする

栗本さん自身、小学校3年の時に「かわいい子」だと思ったのに傘を壊してしまった女性のことが「無性に気になりだして」、なんと、50年後だというのに家まで訪ねて行った。脳梗塞 で倒れる前のことだった

●「このほか発症までの半年の間に、それまで気にしなかった多数のことを思い出した」と語る。
  • やはり脳梗塞で倒れた小渕恵三首相も「その直前に小沢一郎と昔の話をしたがっていたという

次のサインは、コトバがなめらかに出てこなくなること
  • 早口でおしゃべりな私が、舌が軽くもつれ、言葉に詰まることがあった

そして、もう1つは、心臓に痛みを感じたとき

  • こうした前兆が何回も起きて、ある一線を超すと表面化し一大事に至る

脳梗塞 は突然やってくるという医師がいるが、とんでもない考え方だと思う」
  • 栗本氏はリハビリにも独自の「栗本理論」から、からくり箱を発明。鏡を斜めに立てた箱に、両手を差し込む。マヒのない右手とそれが映っている鏡を見ながら動かすと、さも両手が健康に動いているよに見える。同じ運動を、マヒのある箱の中の左手にさせようと意識する。

  • これを繰り返すと、動かない左手が動いているように感じて、そのうち本当に動き出す。
  • 神経回路を鍛えると代替機能が動き出すという。
  • 「固まっていた左手がこのおかげで8割も回復した」という。




脳梗塞 を発症すると血中に多く現れるタンパク質
脳梗塞 を発症すると血中に多く現れるタンパク質・・・
  • 「ILー7」
  • 「VEGF」
    • VEGFは血管再生に関係している。






脱水が原因となることも
脳卒中のなかでも、

  • 高血圧が原因で脳の血管が破れる「脳出血」は冬に増えるが
  • 脳の血管がつまる「脳梗塞」は夏場に起きやすい

汗をたくさんかくことで血管内の水分が奪われ、血液がドロドロになたり血栓ができたりして詰まりやすくなるため
  • 心筋梗塞も同様に夏場に増える傾向がある。
  • 暑さによる熱中症脳梗塞は脳の障害や手足のマヒなどの後遺症が出たり、重篤な場合は死に至る




関連情報 脳梗塞の病院ランキング」「脳動脈瘤」「脳塞栓」「脳軟化」「脳血栓」「しゃべられない脳卒中のスーパードクター&病院






    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved