ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



脳性マヒ(CP症候群)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




脳性マヒ(CP)
脳性麻痺
  1. 疾患名ではなく、病態名。
  2. 脳性麻痺症候群(CP症候群)
  3. 受胎から新生児期までの間に、種々の原因で脳に非進行性の病変を起こし、その結果、永久的に四肢及び躯幹筋の痙直、麻痺、不随運動、運動失調などを生じた病態を指す






脳性麻痺の分類
アテトーゼ 基底核に障害を受けるもので、不随運動を起こす
症状は
感情が高まると増加し、睡眠時は消失する
失調症候群 小脳とその伝導路に障害を受けるもので、筋力低下などを起こす
(特徴)がに股歩行
痙性症候群 上位運動ニューロンが障害を受けるもので、
@片麻痺、
A対麻痺、
B四肢麻痺、
C両麻痺
などを引き起こす
(特徴)はさみ足歩行
(特徴)つま先歩き
混合型 強直+アテトーゼ





陣痛促進剤で
  • 2013年、出産時の事故で脳性マヒになった子どもに保証金を支払う「産科医療保障制度」の対象事業を分析した結果、陣痛促進剤を使用したケースの7割超で学会がもうけた使用基準を守っていなかったことが5/8、日本医療機能評価機構の調査で分かった。

  • 基準逸脱の内訳
    • 陣痛促進剤の初期投与量が基準より多かった。(34件)
    • 投与の増加量や間隔に問題があった(32件)
    • 最大投与量が基準より多かった(2件)
    基準を守らないと、強すぎる陣痛や子宮の破裂を引き起こす恐れがある。


新生児脳性マヒ
  • 出産で赤ちゃんが低酸素状態になり、重度の障害が残る。
  • 2009年から始まった「産科医療保障制度」で約4年間の事例を分析した結果、早期の胎盤剥離や陣痛促進剤の不適切な使用や胎児の状態の監視が不十分などの原因が明らかになってきた。

  • 最も多いのが、
  • 出産前に胎盤が子宮から剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」で48件あった。

  • 次いで、
  • 胎児に酸素などを送るヘソの緒が胎児より先に子宮口に出てしまうことなどの臍帯関連が30件あった。

  • 急な腹痛、持続的な痛み、多めの出血などは胎盤の早期剥離が疑われるので、我慢せずに早めに分娩機関に相談しましょう。




PNF(固有受容性神経筋促通法)
素手で負荷を
  • 米国発祥の運動療法の一種。
    大リーグの野茂英雄や松井秀喜らスポーツ選手がトレーニングに利用することで知名度が高まった。

  • 2005年10月、東京都内で国際PNF協会認定の上級者向け技術講習会が開かれた。

  • a 器具は使わず、理学療法士が素手で負荷や刺激を与えながら体を動かすのが特徴。
    b 外からの刺激を繰り返して脳に動きを覚え込ませ、その結果、神経や筋肉の働きを高めるという。
    c 筋力をつける。動きの協調性を高める
    など10通りの基本技術があり、目的応じて使い分ける。




本来は脳性マヒなどの患者のリハビリ治療のために開発された手法。

  • a 原因の如何に関わらず、マヒして動かなくなった身体の機能回復に効果を発揮するという利点がある。
    b マヒ状態になってから長期間経過した後でPNF治療を初めても有効という
    c 腰痛やヒザの痛みでうまく体を動かせなくなった人にも活用できる






関連情報 アテトーゼ
シビレ
麻痺
ダウン症
小脳疾患









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査