ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



脳出血



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





脳出血の漢方薬
1>甘麦大棗湯

2>T帰膠艾湯

3>柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. “横浜の患者で61歳になる頑健そうにみえる老紳士が、付き添いと共に足を引きずって来院した。
    発病は昨年11月13日、選挙運動で疲労困憊していたが、この夜突然、猛烈な頭痛が起こって、その痛みは形容しがたい程激しく、15分間意識不明に陥っていた。この時血圧は173ミリ、先ず脳溢血であろうと言われ、応急処置をしてもらった。
    その後、意識は回復したが、右足が無力になって、引きずって歩くようになった。東京の有名病院の2、3を歴訪したが、Y病院では脳出血、Z大学病院では脳底の腫瘍であろうとのこと。先ず治療法としては的確なものはないから、安静を守って経過を待つように言われた。
    その後の訴えとしては、首筋の強直感がつよく、首を回すことが出来ない。軽い言語障害があって、ろれつが回らない。また字を書くことが困難で、自分では分かったつもりで書くが他人がみると間違っている。記憶力も減退し、発病後、右眼の視力障害も起こって右側視野が狭くなった。また右の足がだるく自分では階段など上り下り出来ず、膝が自由に挙がらないので引きずって歩く。2人の肩を借りて来院した。
    発病前は67.5kgあったが、半年後52kgに減少し、諸症は漸次進行状態にある。初診時の血圧は120しかない。
    脈は沈、舌苔なく露出不可能、腹証は心下堅く、胸脇苦満、臍上の動悸をみとめ、右項部堅く緊張し、胸部聴診上ギーメン(=ギー音:乾性ラ音の一種)を聴取し、呼吸困難を訴え、長年喘息の気味がある。
    膝蓋腱反射両側共に減弱し、足傷獅ヘない。大小便共に普通、膝蓋腱反射が減弱しているところからずれば中心性麻痺よりも末梢性麻痺と診られるが、発病時の猛烈な頭痛、舌露出不能や言語障害、書字欠落症状などは中心性麻痺に傾いてくる。はたしてZ大学病院の診断のように脳腫瘍であれば、内服治療の効果もそれほど期待されないと思う。せっかくの希望に対して答え得るがどうか“すこぶる不安であった”
    腹証は先ず柴胡剤が考えられ、柴胡加竜骨牡蛎湯の“一身尽く重く転側すべからざるもの”をこの運動麻痺、不随症状に該当させてこの方を用いた。鉛丹・大黄を去る。
    服薬3日目から足の軽くなったのを自覚し、1週間後、再度来院の時は、駅の階段を独りで昇降できた。前回のことを思うと生まれ変わったようであると非常の喜びようである。視力も少しは良いし、喘息気味の方も軽快し、物忘れも少なくなった。心下部の抵抗圧痛がとれ、血圧も120-70に安定した。ただ首を右へ回すと首筋が凝って引っ張られる。引き続き服薬中であるが、ますます好調である”《矢数道明》

4>三黄瀉心湯
  1. 脳溢血(予防・療養)
  2. 中風、卒倒して人事を省みず、身熱し、牙関緊急し、脈洪大にして、或いは鼾睡、大息し、頻頻として欠伸する者、及び省後の偏枯、RS不遂、緘黙不語、或いはし、言語蹇渋し、流涎、泣笑し、或いは神思恍惚、機転木偶人の如き者は、此方に宜し《類聚方広義》
  3. 脳溢血、及びその類証伸して、脈浮大、数なる証《奥田謙蔵》
  4. 卒中を治す《雑病翼方》
  5. 脳出血にも用いる。発病初期に用いる機会が多い《大塚敬節》
            

5>真武湯

6>続命湯+田七人参

7>大黄牡丹皮湯

8>大柴胡湯

9>桃核承気湯

10>麦門冬湯

11>八味地黄丸
  1. 脳出血による歩行困難に用いたことがある。患者は71歳の婦人で、数年前、軽い脳出血にかかり、右の足の運びが悪い、そのため時々転倒する。患者は小便が快通しないことを気にして腎臓が悪るくはないかという。食事は多く摂ると、尿の出が悪くなって、下腹部が脹って苦しいという。大便は1日1行であるが、快通しない。食欲はある。口は乾く、血圧はいつも200から210くらいあるという。脈は弦で力がある。
    腹診すると、左右の腹直筋が拘攣し、ことに右の下腹部に圧痛が ある。足の運びが悪いこと、尿の出が悪いこと、下腹部が脹って腹直筋が拘攣していることを目標にして八味丸を与える。これを飲み始めて、3週間目には、1人で電車に乗ってくるほど足に力がついた。尿も大便も快通するようになった。《大塚敬節》

12>白虎加人参湯

13>防風通聖散

14>抑肝散加陳皮半夏湯

15>苓甘姜味辛夏仁湯

16>六味丸



針灸のツボ
(脳出血)・・・
  • 「百会」「風門」「手三里」「足三里」「合谷」




脳出血


「頭髪」→「皮膚」→「頭蓋骨」→「硬膜」→「クモ膜」→「軟膜」という層で覆われている。




脳出血脳溢血apoplexyとも呼ばれる。 
  • 医学的には狭義での脳内出血のみを指すことが多い。
  • 活動時の発症が多い
  • しばしば頭痛がある。(脳梗塞との違い)
  • 局所神経徴候・・・急速に進展する。
    • 多くは数時間以内
  • 高血圧症の既往があり、発症時には血圧が著しく上昇していることが多い
  • [CT]で脳内に血腫による高吸収域を認める
  • 小出血では頭痛、意識障害もなく、髄液も清澄なので、要注意。






脳内出血
脳内出血csrebral hemorrhage

頭蓋内出血の1つ(脳出血・くも膜下出血)

  1. 脳血管の破裂により、脳実質が圧迫・浸潤・破壊されて発症する。
  2. 中年以降の男性に多い
  3. 起こる場所は、大脳の視床、内包と呼ばれる部分。内包には、大脳から脊髄に下る運動神経線維と皮膚から大脳へ伝える知覚神経線維が通っている。
  4. 疲労が蓄積されると体の機能が低下してコレステロールが合成されにくくなり、脳出血につながる危険性が増大する



(副作用で脳出血を引き起こす・・・医薬品)
  • 「アクチバシ」「アダラート」「アリセプト」「グルトバ」「ディオバン」「ニトロール」「ボスミン」「ワーファリン」


(脳出血があれば使えない・・医薬品)
  • 「アルガトロバン」「ニトロダームTTS」「プレタール」







くも膜下出血
(SAH)Subarachnoid hemorrhage
  • クモ膜と軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。
    血管はクモ膜下腔の中を通っている。
    クモ膜下腔を満たす無色透明の液体が脳脊髄液。

    脳の太い血管はすべてクモ膜下腔を通っている。この動脈が破裂して、出血がクモ膜下腔に広がるとクモ膜下出血となる。(動脈瘤の破裂が多い)

(症状)
  • ・突発する。
    ・激しい頭痛で、吐き気、嘔吐を伴うことが多い
    ・意識障害をきたすことがあるが、一過性が多い
  • 髄膜刺激症状(+)。
    1. 項部硬直
    2. Kerning徴候

  • 脳血管撮影で脳動脈瘤、脳動脈奇形などを認める。
  • [CT]で髄液槽に出血による高吸収域を認める







脳内出血の前兆
  1. 耳鳴り
  2. 金縛り(かなしばり)
  3. 体の自由がきかない
  4. 頭のてっぺんに錐(キリ)で刺したような痛み(気がゆるんだ時)
  5. クビの痛み
  6. 肩の痛みが異常だった(本人は四十肩と思っていた)





脳内出血の症状
  • 頭痛
  • ・気分が悪くなる
  • ・吐き気を催す
  • ・意識がだんだん薄れる
  1. 激しい頭痛・悪心・嘔吐・ケイレンから始まり、運動障害・知覚障害・失禁・言語障害・視力障害を起こしながら意識障害を起こす。
  2. 脳の片側の内包付近に出血が起きると、身体の反対側の運動神経と知覚神経がやられ、手足の運動麻痺以外に、舌のろれつが回らなくなり、顔も歪んでくる。これが半身不随の実体




チェーンストークス呼吸
Cheyne-Stokes呼吸 
  • はじめに小さい呼吸が起こり、次第に増盛して大きい呼吸となり、かつ努力性の呼吸運動をし、その後徐々に減衰する
  • 呼気時に呼吸静止期に移り、吸気で促進期に入る
  • 深い遅い呼吸相と、深い早い呼吸相が交互に繰り返し、極端に遅い相では一時呼吸停止を見る。
  • チェーンストークス呼吸

引き起こす疾患




飽和脂肪酸
  • 飽和脂肪酸摂取量が少ないと脳出血が増加する可能性がある。(厚労省
    飽和脂肪酸の目標下限値:
    • 18才以上で4.5%エネルギー以上
    飽和脂肪酸の目標上限値:
    • 18才以上で7.0%エネルギー未満







妊婦
  • 妊婦が出産時に起こす脳出血の実態を把握するため、国立循環器病センターは2007年7月から調査に乗り出す。

検査
  • 頭部MRIでT2スター(T2*)を調べる。





脳浮腫
神経細胞の膨張を抑制
  • 2011年、自然科学研究機構生理学研究所の岡田泰伸所長と総合研究大学院大学のグループは、脳内で特定のホルモンが働き神経細胞の膨張を抑制することを動物実験で突き止めた。
  • ヒトでも同様のメカニズムが働くと見られ、脳出血などで起こる脳浮腫の治療法の開発に役立つと期待されている。
  • 成果はサイエンス・シグナリング(電子版)に掲載。
  • 実験で調べたのは「バソプレシン」と呼ばれるホルモンで、脳の視床下部にある神経細胞で作られる。
    • 腎臓で体液量に応じて尿として排出される水分量を抑える役目をするが、脳の中では働かないと考えられてきた。
  • ラットでバソプレシンを作る脳の神経細胞を取りだし、出血時のような水分が多い環境で培養すると細胞は急激に膨らみバソプレシンを大量分泌した。その働きにより細胞中の水分を排出、約60分で元の大きさに戻った。
    • 脳浮腫は出血などに伴う水分を脳の神経細胞が吸収して過剰に膨らみ、破裂などで障害を起こす。
  • 岡田所長は“脳でも腎臓と同じ仕組みがあることがわかった。膨らんだ神経細胞を元に戻す薬の開発に応用できる可能性がある”としている。




虫歯菌
虫歯菌・・・・脳出血を助長
  • 2011年、大阪大学の大嶋隆教授や和田孝一郎准教授、浜松医科大学の梅村和夫教授らは、虫歯菌に脳出血を促すタイプがあることを発見した。
  • 保菌者の脳出血リスクは、そうでない人の4〜5倍という。
  • 成果は9/28のネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載
  • 脳出血患者の血液から虫歯菌といわれる「う触病原菌」の特殊な種類を発見した。
  • 血管の内壁が傷つくとそこに結合するタンパク質を作る性質があり、キズを治りにくくする。
  • 日本人の8%が保有する菌だが、脳出血の患者を調べると約3割がこの菌を持っていた。
  • 患者から採取した菌をマウスに投与すると脳に出血が見られた。
  • 脳出血したマウスに投与すると脳の出血面積は5〜6倍に広がった。
  • 口の中にはおもに虫歯菌と歯周病菌が存在する。これまで歯周病菌が心臓病などに悪影響することは知られていたが、虫歯菌の報告は初めて。

虫歯菌が脳出血に関与
  • 2016年、虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が、脳出血の発症に関与していることを、国立循環器病センター、京都府立医大、大阪大学のチームが突き止めた。
  • 関与しているのは、人体の止血作用を阻害する特殊なタイプのミュータンス菌。
  • 研究チームは、血管壁のタンパク質「コラーゲン」と結合し、血小板の止血作用を妨げる特性を持つミュータンス菌に着目。
  • ミュータンス菌は口中の血管から血流に乗り、脳の血管に到達。そこでコラーゲンに結合して炎症を起こし、止血作用をジャマしたり血管をもろくする。







関連情報 脳卒中の病院
くも膜下出血
硬膜下血腫
脳出血の後遺症」
脳卒中
脳出血の漢方薬







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査