ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



抜け毛



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



抜け毛の漢方薬
金珠緑雲油
柴胡加竜骨牡蛎湯
五苓散
三聖膏
小建中湯
滋栄散
生禿烏雲油
大柴胡湯 
通竅活血湯
二仙丸
人参養栄湯


頭髪の一部が円形にハゲている 円形脱毛症
顔がむくんだ感じで、毛がもろく、抜けやすい 甲状腺機能低下症
ウミがでて発疹がある。頭髪が全体的に抜ける 全身疾患
フケがかさぶたのようになり、かゆい部分が赤い 脂漏性
接触性
アトピー





髪の毛の周期

 (成長期)・・・細胞の分裂や成長が盛んな時期

 (退行期)・・・細胞分裂が衰える時期

 (休止期)・・・髪の毛の成長が止まる時期

 という周期を2〜6年で繰り返しています。




男性型脱毛症
  • 20〜40代の男性に発症する。
  • 若い頃から頭頂部や生え際の毛が薄くなる。
  • 脱毛を抑える新薬が登場している。
    • プロペシア
    • ザ・ガーロ
  • 老化で起きる脱毛症とはメカニズムが異なる。
  • 男性型脱毛症は、TGF-βの働きで、成長期の毛髪が退行期に移るのが早く、髪の毛を維持する期間が数ヶ月〜1年と短くなる。

(テストステロン)
  • 思春期以降に増える男性ホルモン「テストステロン 」が関わっている。
  • 血中のテストステロンが毛乳頭の細胞に入ると、細胞内の酵素の働きで「DHT」という別のホルモンになる。
  • DHTが毛乳頭の細胞の中にある受容体(タンパク質)と結合すると、毛母細胞の分裂を止める「TGF-β」が作られる。

(内服薬)
  • 「プロペシア」(フィナステリド)
  • 「ザ・ガーロ」(一般名:デュタステリド)・・2016年グラクソから
    • DHTの生成に関わる2つの酵素の働きを抑える。
    • 費用・・・1万円/月

(外用薬)
  • ミノキシジル







プロペシア
Propecai(一般名:フィナステリド)
2005年12月に販売されるようになった男性型脱毛症用薬。

(適応)
  • 男性における男性型脱毛症の進行を遅延させる。
    その他の脱毛症には適応されない。
    女性には適応されない

(副作用)
  • ・顔面腫脹(顔が腫れる)
    ・睾丸痛
    ・口唇腫脹
    ・ジンマシン
    ・射精障害
    ・精液量減少
    ・乳房圧痛
    ・乳房肥大
    ・勃起不全
    ・発疹
    ・リビドー減退






メンケス(ちぢれ毛)症候群
毛髪異常成長 ダントリウム
しか画像 ノコギリヤシ



関連情報 脱毛症








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査