ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



乳酸



通 販 カタログ 病名(症状)




広告




乳酸はパニック障害を引き起こす原因の1つ
パニック障害
  1. 乳酸はパニック障害を引き起こす原因の1つ
  2. パニック障害の患者に乳酸ソーダを、20分かけて徐々に持続的に注射すると、80%以上の患者にパニック発作と同じ様な症状を引き起こします。一方、健常者に注射してもパニック発作を引き起こすのは10%以下です

(原因に関する仮説)
  1. 「乳酸ソーダがアルカリ性のため脳の血管を収縮させ、脳内に酸素不足を引き起こし、さらに血液中の乳酸が延髄の化学受容体を刺激してパニック発作を起こすとする説。」
  2. 「乳酸が体内で炭酸ガスになり、血液中の炭酸ガス濃度を上昇させ、これが呼吸中枢の炭酸ガス感知装置を刺激してパニック発作が起きるとする説。」(コロンビア大学グループ)
ダ・コスタ症候群






 脳の酸欠
  • 日立製作所と明治国際医療大学の共同研究チームは2008年4/24、磁気共鳴装置(MRI)を利用して、脳以内で乳酸ができる部位を特定し画像表示する技術の開発に成功した。

「乳酸」は
脳梗塞
などで酸素が不足したところにできる物質。

  • 脳梗塞や脳腫瘍を正確・迅速に診断するのに役立つ技術。5月にカナダで開かれる国際磁気共鳴医学会で発表。

    開発したMRIは、乳酸が脳内のどこにあるかを5分以内に特定し画像化する技術。


乳酸は
脂肪と分子構造が似ている
ため、MRIで得られる信号の周波数がほぼ同じ。そのため、これまでは[脂肪]と区別できなかった。

  • 研究チームは、MRIで得られる信号の強度に変化が出ることを利用して、乳酸と脂肪の区別に成功した。
  • 脳梗塞のラットを使って実験した結果、乳酸の位置を5分で特定できた。






 乳酸は疲労物質では無い
乳酸が疲労物質では無いとするのが、木村裕・渡辺恭良著「脳と疲労」共立出版。
  • @ 乳酸は低酸素症後や疲労時の回復因子となりうる
    A 乳酸は筋肉でも重要であるが、脳でも重要
    B 低酸素条件下で低下したニューロン活動がブドウ糖を乳酸で置換すると回復するという。





 鳥の精子保存に乳酸が
2016年、静岡大学の笹浪知宏純教授と岐阜大学のグループ。

交尾後の鳥類のメスの体内で精子が数ヶ月保存される仕組みを解明した。

研究グループは、鳥類のメスの体内で精子が保存される「せいし貯蔵管」を調べた。

メスのウズラから精子貯蔵管を摘出し、組織に含まれる物質を装置で分離した。その結果、乳酸が高濃度に含まれていることが判明。

通常の血液に含まれる量の約10倍量の乳酸を加えて培養すると、動きを停止する精子の数が増えた。
  • 精子の細胞の内部を調べると、乳酸の濃度が高くなるにつれて細胞内のpHが酸性に近づき、精子のべん毛を動かす「ダイニン」(タンパク質)などの活性が低下した



イミプラミン
  • 乳酸に対する過敏性を緩和します

捨てるコメから
  • 2015年、バイオエナジー(神戸大発ベンチャー)は大阪大学と共同で、廃棄されるコメから強度の高い生分解性樹脂の原料(乳酸)を作る技術を開発した。
  • 乳酸菌に・・・
  • まず、コメのデンプンを分解して糖に変える酵素を出す遺伝子を組み込む。
  • らに、通常は乳酸の分子の形が右手と左手のように左右対称な光学異性体ができるが、左手型の乳酸を作り遺伝子を壊すことで、右手型だけを作るようにした。
  • こうして作った右手型を左手型と混ぜると強度が上がる。



慢性疲労
慢性的な疲労の目安として、しばしば血液中の乳酸濃度を測定する。
確かに疲れていると、乳酸値が高い。だが疑問があった。

乳酸
は瞬発力が必要な激しい運動をする際、白筋(速筋)と呼ばれるタイプの筋肉が、酸素を使わずに糖質からエネルギーを作り出す時にだけ発生するものだ。

アスリートはともかくとして、運動不足のサラリーマンやOLまで、なぜ乳酸で悩むことになるのか?

どうやら、
体内の酸素の働きと関係ありそうだ。
自らもマラソンを走る東海大学医学部の山村雅一教授が説明してくれた。

「運動不足だと、立ったり歩いたり程度の簡単な作業でも、うまく酸素を使えずに白筋を使ってエネルギーを作っているのだと思う」


筋肉 には、
  • 白筋のほか、
  • 赤筋(遅筋)
  • ピンク筋(中間筋)
  • がある。


赤筋は
  • 白筋と違って持久的な運動をする際に働き、酸素を使って脂肪をエネルギーに変える。


ピンク筋は
  • 瞬発力、持久力を兼ね備え、やはり酸素を使って糖質、脂肪の両方をエネルギー源にできる


体の部位ごとに筋肉が赤・白・ピンクと分かれている訳ではなく、すべての筋肉がこの3タイプの筋繊維の束で構成され、運動の強度などによって使い分けている

  • 赤筋やピンク筋が酸素を使ってエネルギーを作っている限り、乳酸は生まれない。


だが、運動不足で不健康な状態だと、体内の血流も悪く、脳や筋肉は慢性的な酸素不足になる。このため、赤筋やピンク筋がうまく働かず、白筋が乳酸を作ってしまうと考えられている


山村教授は酸素不足と生活習慣病の関係も指摘する。

「糖質を消費する白筋を使うには、血糖値を高く維持する必要がある。これが糖尿病につながるのではないか?。
また、赤筋を使えないと脂肪が消費されないので、肥満は避けられない



 
ポリ乳酸

クエン酸

酸素

スポーツで結果が出ない

息切れ

パニック障害

めまい

失神

胸の痛み

ぬか漬け









2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved