ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



乳幼児の下痢



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





下痢

不安

ストレス


小児のカゼ
広告




乳幼児下痢症の漢方薬
葛根湯

桂枝加芍薬湯
  1. 軽症の大腸炎で腹痛、下痢があって裏急後重をかねる者に用いる(漢方診療医典)

桂枝人参湯

真武湯
  • 急性より慢性の下痢に用いることが多い
  • 腹痛はあっても軽く、裏急後重を呈するものは少ない。腹部は軟弱無力で、振水音を認めることが多い。
  • 腹痛はあっても軽く、裏急後重を呈するものは少ない、腹部は軟弱無力、振水音を呈することが多い、急性よりも慢性の下痢に用いることが多い。真武湯は人参湯と比べ胃からくる症状が少なく、下痢が主である(漢方診療医典)


参苓白朮散

人参湯
  1. 衰弱して元気がなく、顔色も悪く、腹を圧するに軟弱無力で、脈にも力がなく下痢、嘔吐の止まないものに用いる(漢方診療医典)


半夏瀉心湯





先天的疾患で慢性下痢を起こし
抗生物質が無効なもの


@「乳糖不耐症」
  • 酸臭ある下痢。乳糖除去で改善する。


A「蔗糖および麦芽糖不耐症」
  • 蔗糖投与で下痢する


B「グルコース、ガラクトース吸収不全症候群」
  • グルコース、
  • ガラクトース、
  • 蔗糖で下痢する


Cセリアック症候群
  • 症状
    1. 慢性の脂肪便下痢
    2. 四肢羸痩
    3. 腹部膨隆
    4. 臀部皮下脂肪減少を主症状とする
  • 種類
    1. 胞性膵線維症
    2. Schwachman症候群
    3. グルテン不耐性セリアック病
    4. 先天性胆汁生成不全
    5. 脂肪不耐症


Dその他:以下の疾患で起こる。
  1. .副腎性器症候群
  2. .先天性低γ-グロブリン血症
  3. .α、β-リポタンパク低下症
  4. .achrodermatitis enteropathica
  5. .congenital alkalosis with diarrhea
  6. .exudative enteropathy




乳幼児の下痢
乳糖不耐症

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校とフィンランド国立公衆衛生研究所の共同チームは、乳製品などに含まれるラクトース(乳糖)をうまく消化できずに腹痛などを起こす病気である乳糖不耐症に関わる可能性があるDNA(デオキシリボ核酸)の変異を発見した。約200人の患者から血液を採取し、DNAを調べたところ、乳糖分解酵素を作る遺伝子の近くに変異があった。

この変異は人種を問わず共通に見つけられるという。

これまで分解酵素遺伝子が調べられていたが、異常は見つからなかった。
乳糖不耐症は離乳後の幼児に多くみられ、米国では3000万〜5000万人が発症する。




乳糖水解酵素欠損症
大部分は
  • 原発性成人型ラクターゼ欠乏症で、
  • 乳児期をすぎる頃から牛乳不耐をきたす。


牛乳200 ml飲用で・・・→腹痛・下痢

小腸ラクターゼ活性の低下が原因




乳糖不耐症の症状
@血清タンパク減少

Aリンパ管異常

B便Clの大量排泄

Cアルカローシス

Dβ-リポタンパク・コレステロール低下

Eリンパ球・γ-グロブリン減少

F下痢と四肢の皮膚炎

G尿17-KS上昇、

H男性化





下痢ウイルス(ロタウイルス)の受容体発見
「米イリノイ大学の研究グループは、胃や腸の細胞から、幼児に重い下痢を引き起こす『ロタウイルス』と呼ばれる病原体の受容体を発見した。

消化器の細胞表面に露出しており、これをぴったりと覆う構造の薬剤を作り出せば、食べるだけでウイルスの感染を効率よく予防できる新薬として期待できるとしている。

世界保健機関(WHO)の調査によれば、ロタウイルスが原因で死亡する幼児は、世界で年間87万人にのぼる。

現在は『RRV-TV』と呼ばれるワクチンが、米国内で治療率92%と高い治療効果が報告されている。しかし世界的には60%程度にとどまっている。」



(ワクチン)

2011年、摂取できるようになったワクチン「ロタリックス」
生きたウイルスの病原性を弱めて作った、飲むタイプ。
米国ではロタウイルスによる胃腸炎の流行をワクチンで抑え込んでいる。




サルモネラ菌の感染に腸内細菌が
金倫基・慶応義塾大学准教授と福田真嗣・特任准教授らはr、乳幼児の腸がサルモネラ菌などに感染しやすいことと腸内細菌のバランスに関係があることをマウス実験で解明。
米ミシガン大学、米シカゴ大学との共同研究。
腸内細菌を全く持たない無菌のマウスを用意し、通常の乳児や大人のマウスの腸内細菌を移植して機能を分析した。
乳児のマウスはサルモネラ菌に感染して7日目mに約半数が死ぬが、大人の腸内細菌を移植すると生き残った。
「メタゲノム解析」で腸内細菌の種類を詳しく調べると、大人ではクロストリジウム目とバクテロイテス目の細菌が増えていた。
このうちクロストリジウム目がサルモネラ菌の増殖を抑えることが分かった。
クロストリジウム目の細菌が増えるためには、乳児の腸内細菌が作る物質が必要なことも突き止めた。





関連情報 下痢」「不安」「ストレス小児のカゼ









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査