ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



過活動膀胱(OAB)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





おしっこが近い
尿崩症
排尿回数が多い
「遊走腎」
夜間頻尿
心身症
不安
不安神経症
カボチャ
ムチ打ち症
広告




過活動膀胱 
overactive bladder(OAB)
過活動膀胱とは? 

2002年に新しく定義された。
「尿意切迫感を主症状とし、通常これに頻尿や夜間頻尿を伴い、場合によっては切迫性尿失禁を伴う症候群で、明らかに原因疾患が認められないもの」
  1. 若い人にもある。
  2. 脳と膀胱がうまく連動しないために起きると見られています


過活動膀胱は
  • 自分の意思と関係なく膀胱の筋肉が収縮して強い尿意を感じたり、頻尿になったりする疾患。
    膀胱の平滑筋にある受容体とムスカリンが過剰に結合する。
  1. 2002年の国際禁制学会(ICS)で新しく定義された。
    「尿意切迫感を主症状とし、通常これに頻尿や夜間頻尿を伴い、場合によっては切迫性尿失禁を伴う症候群で、明らかに原因疾患が認められないもの」
  2. 若い人にもある。40歳以上の1/8。潜在患者が810万人。
  3. 脳と膀胱がうまく連動しないために起きると見られています。
  4. 胱の排尿筋が意思とは無関係に頻繁に収縮することで起こる。
    頻尿や夜間排尿、切迫性尿失禁などの症状を伴い、ひんぱんにトイレに行くことで生活に質が低下する。
1日に排尿回数が8回以上あり、かつ急に尿意を感じ、それが抑えられないような強い尿意(尿意切迫感)が週1回以上あると。OABと診断される。
OABの改善には、口渇の副作用が少ない抗コリン作用を持つ薬が使われる。



過活動膀胱(OAB)の病因



  1. 脳幹部橋より上位の中枢の障害
    • 脳血管障害
    • パーキンソン病
    • 多系統萎縮症
    • 認知症
    • 脳腫瘍
    • 脳外傷
    • 脳炎
    • 髄膜炎
  2. 脊髄の障害
    • 脊髄損傷
    • 多発性硬化症
    • 脊髄小脳変性症
    • 脊髄腫瘍
    • 頸椎証
    • 後縦靱帯硬化症
    • 脊柱管狭窄症
    • 脊髄血管障害
    • 脊髄炎
    • 二分脊椎




  1. 下部尿路閉塞
    • 前立腺肥大患者の50〜75%がOAB症状を有する
  2. 加齢
  3. 骨盤底の脆弱化
  4. 特発性
    • 原因は特定できないもので、最も多い。




過活動膀胱(OAB)の医薬品
(医薬品)
  1. バップフォー
    • 2009年、筋肉が異常に収縮してしまう過活動膀胱の適応を取得した。
  2. イミダフェナシン(一般名)・・・抗コリン剤。
    • 神経伝達物質アセチルコリンに先回りして受容体と結合し、膀胱の筋肉が異常な収縮をするのを抑える。
    • [ウリトス][ステーブラ]・・・口腔内崩壊錠を2010年、承認申請。
  3. ベシケア
  4. ミラベグロン
    • 頻尿/尿失禁に
      膀胱の動きを左右するのが「平滑筋」、人間が自分の意思で動かせない筋肉だが、OAB患者は神経系などの原因で収縮しやすい。成人の膀胱は通常、200〜400mlの尿を溜めることができる。約8割たまった段階で平滑筋が収縮し、尿意を催す。OAB患者は平滑筋が早い段階で収縮する。
      ミラベグロンは、平滑筋にある「ベーター3アドレナリン」と呼ばれるホルモンに作用し、平滑筋の緊張を緩和する。収縮のタイミングを遅らせ尿をためる効果がある。
  5. 貼り薬
    • 2012年、久光製薬が貼り薬を承認申請した。有効成分はサニフィが造った「オキシブチニン」
  6. トビエース(一般名:フェソテロジンフマル酸塩)
    • 2013年、ファイザーは1日1回投与する経口薬で、尿意の切迫感を緩和するトビエースを発売。






関連情報 おしっこが近い」「尿崩症」「排尿回数が多い「遊走腎」夜間頻尿」「心身症」「不安」「不安神経症」「カボチャ」「ムチ打ち症






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査