悪寒(おかん)
の漢方薬


  ブログ 3000処方 病院のくすり 病院ランキング






悪寒の漢方薬
  ■茵蔯蒿湯


■葛根湯
  1. 悪寒・発熱・頭痛・身体痛
  2. ・無汗・項背強急
  3. ・喘・上衝
  4. 実証

■葛根湯加川芎辛夷


■加味逍遥散


■禦寒膏


九味羗活湯
  1. (悪寒・発熱・身体痛・無汗・嘔吐・口渇)

■桂枝加黄蓍湯
  1. 自汗・無熱・発汗<多>。

■桂枝加朮附湯


■桂枝湯
  1. 悪寒・発熱・頭痛・自汗・脈浮弱・身体痛・表証。


■桂枝人参湯


■桂芍知母湯


■桂麻各半湯


四君子湯


■芍薬甘草附子湯
  1. 悪寒・無表水・表証<已解>。
  2. 発熱なく、ただ悪寒を覚え、腹痛し、汗出でて心煩する証《奥田謙蔵》

■十神湯
  1. (悪寒・発熱・頭痛・身体痛・無汗・咳嗽・鼻閉)

■小建中湯
  1. 虚熱・自汗・裏急・腹痛。

■小柴胡湯
  1. 往来寒熱・胸脇苦満・口苦・嘔吐。

■小青竜湯


■升麻葛根湯
  1. (悪寒・発熱・頭痛・身体痛・無汗・不眠・目痛・鼻乾・無咳嗽)

■参蘇飲


■真武湯
  1. 悪寒・手足冷・身重・陰虚証。

■大承気湯
  1. 発熱・潮熱・腹充実・便秘・裏実証。

■当帰四逆加呉茱萸生姜湯


■当帰四逆湯


当帰湯


■導痰湯+蘇子降気湯


■附子湯
  1. 悪寒・骨節痛・身体痛・脈沈。

■附子人参湯


防風通聖散


■補中益気湯
  1. 漏風、背の七八九椎際に当りて悪寒するする者(=気虚):「∔附子」《先哲医話》

■麻黄細辛附子湯
  1. 悪寒・熱感<軽微>・脈沈。

■麻黄湯
  1. (悪寒・発熱・頭痛・身体痛・無汗・喘・胸満・口渇・胸満)
  2. 実証






悪寒(おかん)さむけ(寒気)
悪寒とは、
フトンをかぶって寝ていても、ゾクゾク寒く感じること

  • 「随意筋の不随意的収縮に襲われること。」

    さむけと皮膚の蒼白を伴う
  • 体温の急激な上昇とともに皮膚の血管が収縮し、熱放散が妨げられるために起きる


悪寒は
太陽病の時に見られる症状であるが、少陰病にも見られる。

《傷寒論》に“病発熱ありて悪寒する者は陽に発するなり。熱無くして悪寒する者は陰に発するなり”とある。
  • 発熱悪寒は太陽病の症状で、
  • 熱なく悪寒は、少陰病の症状である


下剤を用いるのは禁忌。悪風に同じ)






【漢方療法】
悪寒とは、
寒を悪むの意で、ぞくぞく寒いので悪寒と呼んだ


悪寒は温かくして寝ていても、ゾクゾクとさむけのするもの。

悪風は
風にあたったり、外気に触れたりした時に不快な違和感があるもの
ともに太陽病で、表証のある時に見られる


ただ、陽明病の白虎人参湯証でも、悪風または悪寒を訴えることがある


さらに、少陰病でも悪寒がみられ、附子の配合された処方が用いられる





(副作用で悪寒する医薬品)
クラビット」「ザイロリック」「ダントリウム」「トレドミン」「リーマス




さむけがする」「悪風」「汗が出ない」「かぜ」「往来寒熱」「過敏性肺臓炎」「大葉性肺炎








    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬   通 販
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved