情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





怒りっぽい






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






肝機能障害
病気
肩こり
ストレス
「ドキドキ

不安
疳積持ち
イライラ
不安神経症
薬物依存症
検査で異常を示さない肝障害
」「アルコール
活性酸素
サメ軟骨
霊芝
スクアレン
紅参
SOD








=「易怒性」=「多怒」
「興奮しやすい」→「セロトニン症候群
(副作用で怒りっぽくなる医薬品)


怒りが心臓病リスクを高める
米ジョンズホプキンズ大学のグループは、感情が高ぶったときに分泌されるアドレナリンなどの神経伝達物質が心臓疾患のかかりやすさに関連していることを裏付けた。
神経伝達物質の働きで血管が収縮し、心臓が血液を送り出す負担が増すためだとみている。
学生1055人を対象に、イライラしやすいかどうかなどを尋ね、32〜48年間にわたって健康状態を追跡調査した。怒りっぽいとされた人は50代までに心筋梗塞や冠状動脈疾患になる率が感情が平静な人より約3倍高かった。米医学協会誌に発表した。




還暦男性
・・・怒りっぽい
  • 「『精神科医の落語診断』などの著書がある昭和大学医学部客員教授の中田輝夫さん(精神医学)は
    • 年を取ると、それまで丸くなっていた性格の地金が出てくるんですよ
    と解説する。

  • ex市民グループが運営している東京都多摩市の喫茶店。
    60代とおぼしき男性、みけんにシワを寄せて
    「おい、注文したやつを早くもて来い」と切り出した。70代の新米ウエートレスが、注文をとっておきながら忘れてしまったらしい。
    「ごめんなさい、ご注文はなんでしたっけ」と尋ねたのが悪かった。
    「いいから、さっき頼んだのを持ってこい」の一点張り。何度尋ねても注文内容を明かさない。結局「年寄りだと思ってバカにしるな」と吐き捨て、出ていった。
    東京都老人総合研究所が中高年約3000人を対象に実施した「中年からの老化予防に冠する心理学的調査」によれば、サラリーマン生活から完全に退いて一番精神的ストレス抱えていたのは還暦前後の人たちだった」
    「同調査は、完全に引退した年齢を
    (イ)50〜59歳
    (ロ)60〜64歳
    (ハ)65歳以上・・・・・・に分けて、
    引退後とその2年後の[精神的健康]#1を測定した。
    (#1)[精神的健康]
    =精神状況を推し量る為の心理学的用語。
    よく使われる簡単な調査では、
    1.疲れやすいなどの身体症状
    2.不安や不眠の症状
    3.「いつもより何かするのに時間がかかる」などの活動障害
    4.抑鬱症状
    ・・・・の4つの側面から点数化する。
    (28点満点で、健康が損なわれるほど点数が高くなる) それによると、
    <1>60代後半以降に仕事を辞めた人は引退2年後にはむしろストレスが低くなっていた。
    <2>ところが特に59歳までに仕事を辞めた人は精神的健康レベルが引退後の約4点から2年後には約8点に悪化していた。

    東京都老人総合研究所の調査では、50代以降は親しい人との死別など悪い出来事が多くなり、度重なると精神的健康は著しく悪化する。ただし、周りから励まされたりしている人は悪化の度合いが低かった。悪い出来事の後、1年以上たつと周りの支えが少なくなり再び悪化する揺れ戻しも見られるという。


  • 接し方のポイント
    「ムシャクシャしている男性に、周りの人間はどう接したらいいのか?
    >まず、上手にやんわり受け流すことが肝要。
    • 昭和大学の中田教授は「ムシャクシャ男性はわざと無理難題をふっかけてくる。いちいち振り回されていたらきりがないから、文句の言葉じりに真剣にかかわる必要はない」と助言する。冒頭の喫茶店の例で言えば「また忘れちゃいましたねえ」くらいに対応すればいい。

    >次に受け流すとは言っても、ぞんざいに扱うことはご法度。
    • 「また来て下さいね」と、さりげなく相手の存在を認めておくことが大切だ。

    >その人の居場所を提供することもカギ。
    学習の場でも市民グループでもよい。
    その男性にふさわしい活躍の場について家族や友人が情報提供するのが望ましい。一般にカルチャー教室は女性が多く、男性は圧倒されることも。これに対して大学の公開講座や自治体のシルバー大学講座には、男性参加者が多いので入りやすい。居場所を得て第二の人生に軟着陸できれば、ムシャクシャが軽減される







易怒性を引き起こす有害因子
  • <1>キシレン。
    <2>高所障害。
    <3>水鉛。
    <4>騒音。
    <5>タリウム。
    <6>超音波。
    <7>トルエン。
    <8>トリクロロエチレン。
    <9>
    <10>熱消耗。
    <11>ベンゼン。




【宝石療法】 [珊瑚]
[真珠]




怒りっぽい・多怒の漢方薬
  1. 黄連解毒湯
  2. 加味逍遥散
  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  4. 柴胡桂枝乾姜湯
  5. 柴胡桂枝湯
  6. 柴胡清肝湯
  7. 三黄瀉心湯
  8. 四逆散
  9. 小柴胡湯
  10. 大柴胡湯
  11. 釣藤散
  12. 抑肝散加陳皮半夏湯
  13. 竜胆瀉肝湯







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査