=一般に「オコゼ」と呼ばれ、食用にされる。千葉県・新潟県以南。
ダルマオコゼ
オニダルマオコゼ・・・・死亡例あり。
ヒメオコゼ
ハオコゼ



分子量46000のタンパク質。
理化学研究所が解明。
微量で、心臓の筋肉の働きを止める



l激痛があり、傷口がしびれたり、腫れ上がる。
m重症は、嘔吐、下痢、腹痛、呼吸困難



傷口を洗浄し45℃以下の湯に1〜2時間つける






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査