ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



温熱療法



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




温熱療法
温熱療法
  • 体の温度をあげて、痛みの原因となる物質を減らしたりする治療方法。体温より高めの40℃以上の熱を加えてガン細胞を殺傷するのが「がん温熱療法」







ガン細胞は
43.5℃で50〜60分加熱すると99%が死滅する
  • 「2003年、国立国際医療センター研究所や早稲田大学などの研究グループは、ガン細胞を効率よく死滅させられる新しいガン温熱療法の基礎技術を開発した。
  • 電磁波でガン細胞を熱する仕組みで、ガン細胞にうまく熱が伝わる超微粒子を利用した。化学療法に頼ることの多い白血病など、様々なガンに応用できそうだ。
    開発した治療法は「マグネタイト」と呼ぶ酸化鉄を利用する。磁気共鳴画像装置(MRI)の造影剤にも使う物質。
  • ナノbサイズ(1/10億)に加工した酸化鉄の超微粒子を体内に入れる。そこへ電磁波を照射すると酸化鉄微粒子が発熱するため、その熱でガン細胞の膜が破壊され、ガン細胞が死滅する。
    超微粒子の表面にはガン細胞にある抗原にだけくっつく抗体を貼り付ける。そこへ電磁波を照射するとガン細胞だけが加熱される。
    直径数cm以下の範囲だけを加熱出来るようになれば、広範囲のガンに対応できる。





膝の内部まで電磁波で温めて
  • 2014年、明治大学の加藤和夫教授と日本医科大学の高橋謙治准教授らのグループは、特定の周波数を使って、人の足を模したカンテンの奥深くを38℃〜39℃近くまで温められることを確認した。
  • 高齢者に多い膝の関節症の痛みなどを和らげる温熱療法に応用できるとみている。
  • 研究チームはウシ(牛)でも実験し、“膝の関節部分を十分に温められることを確認した”という。
  • 関節内部まで十分温めることで血行が良くなり痛みが和らぐ効果が見込める。
  • 従来は膝関節を温めるには、電磁波の一種マイクロ波を照射する手法だった。それでは皮膚の下約2abを中心に加熱できるだけだった。
  • 膝の内部の温度は通常、34℃ぐらい。

医療機器の臨床
  • 2016年夏から欧州で臨床試験開始。
  • 愛媛大学発ベンチャーのアドメティックは、50℃〜99℃の熱でガンを治療する。
  • 小型ヒーターを取り付けた注射針を発熱させ、ガン細胞に熱を加えて死滅させる。
  • 熱でガン細胞を死滅させる医療機器は、犬や猫などのペット用ではすでに160台の実績がある。


「がん温熱療法」の効果を高める手法を開発した。
  • 2016年、ガン細胞の耐熱性を高める遺伝子を発見。
  • 千葉大学の畠山浩人助教らと米テキサス州立大MDセンサーの成果。
  • ガン細胞の耐熱性に関わる遺伝子を発見、その働きに核酸医薬の候補物質で止める。
  • 研究チームは「CTGF」という遺伝子が、がん細胞の耐熱性を高めていることを発見。遺伝子の働きを抑制する「siRNA」という物質の中から、CTGFの働きを抑える種類を探し出した。
  • 核酸医薬の候補物質になるsiRNAを「DOPCリポゾーム」という脂質で作ったカプセルの中に入れて投与する。
  • 卵巣ガンのマウスにsiRNAを封入した脂質カプセルを投与してから24時間後にマウスの卵巣を50℃程度に熱した。
  • 温熱療法には近赤外線で発熱する銅粒子を腫瘍に投与する方法を使った







関連情報 ガンの種類と症状 
ガンの転移
抗がん剤
ガンの痛み
免疫療法 」







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査