ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、



黄柏


TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床





キハダ



黄柏 おうばく   PHELLODENDRI CORTEX
【処方名】[黄柏][川柏][黄檗]

【基原】
  • 山地に自生する落葉高木、ミカン科キハダのコルク層を除いた樹皮
【性味】
  • 味は苦、性は寒。無毒。(寒瀉燥降収)
【帰経】腎・膀胱・大腸経

【分類】清熱燥湿薬

【薬性歌】
  • “黄柏苦寒主降火 湿熱骨蒸下血可”
    “苦寒、火を降し、陰を滋し、骨蒸、湿熱、下血に任ずるに堪えたり”
    《万病回春》



効能効果
  • (解熱・消炎・健胃・利尿・利胆)
  • 清熱燥湿・瀉火解毒・清虚熱
    • <1>五臓・腸胃を良くする。
      <2>黄疸
      <3>腸痔
      <4>泄痢
      <5>婦人の漏不赤
      <6>白陰部の瘡を治す。
      <7>疳虫を殺す。
      <8>疥癬
      <9>目の赤熱
      <10>口瘡
      <11>骨蒸
      <12>労熱を治す
  • 清熱して湿を除き、瀉下解毒、虚熱を去る。
  • 膀胱の熱を瀉し下竅を利する。「煎じ・丸剤」
  • 目の熱、赤痛・多涙を治す。
    • 「煎じて洗うと、目が明るくなる。」
  • 口瘡を治す。「(蜜炒)し細末にして塗る。」
  • 下疳瘡と陰茎上の瘡を治す。
    • 「黄柏・蛤粉を等分に作末して塗る。」
  • 五臓と腸胃中の結熱を治す
  • 消渇を治す。「水煎、丸服。」
  • 黄疸を治す
  • 打撲・捻挫・火傷・扁桃炎に著効:
    • 「黄柏末を半分を(炒)、半分は生のまま混合し、酢又は水で練って塗布する。or濃煎汁で湿布する。」





薬理作用
  • <1>胆汁分泌促進作用
    <2>降圧作用
    <3>抗菌作用
    <4>抗炎症作用
    <5>子宮抑制作用
    <6>中枢神経抑制作用
    <7>アセチルコリン増強作用


修治
  • 粗皮を去り、切片は(蜜炒)(酒炒)(人乳炒)(童便炒)或いは、生用、病に随って之を用いる《万病回春》
  • (塩炒):塩水に浸し乾燥後、文武火で炒る





黄柏の薬能
《神農本草経》
  • 五臓腸胃中の結熱、黄疸、腸痔を主り、泄痢、女子の赤白漏下、傷陰、瘡を止める”

《古方薬品考》
  • 専ら肌熱身黄を掌る

《古方薬議》
  • 湿熱を清す。結熱黄疸を主り、痢を止め、心痛、鼻洪腸風、瀉血を治す

《張元素》
  • “黄檗の用途には六つあって、膀胱の龍火を瀉するのが一、”
    “小便結を利するのが二、”
    “下焦の湿熱を除くのがその三、”
    “痢疾に先ず血を見るが四、”
    “腎の不足を補い、骨髄を壮んにするのが六”
    “凡そ腎水・膀胱不足の諸痿厥で、脚膝の無力なものには黄蓍湯中に加えて用いると、両足膝中の気力を湧出せしめて痿軟が直ちに去る。すなわちに必用の薬である。蜜で炒って研末すれば、口瘡を治するに神の如くである。故に雷公炮炙論にいう口瘡・舌折、たちどころに癒える黄酥とは、酥を以て根を炙いて黄にして含むことを言ったものだ”

《中薬大辞典》
  • 熱を清し、湿を燥し、火を瀉し、解毒する
    熱痢、泄瀉、消渇、黄疸、淋濁、痔瘡、血便、赤白帯下、骨蒸労熱、目赤腫痛、口舌生瘡、瘡傷腫毒を治す



 薬対
『黄柏+細辛』

『黄柏+車前子』

『黄柏+赤芍薬』

『黄柏+蒼朮』=「二妙散」

『黄柏+蒼朮+牛膝』=「三妙散」

『黄柏+蒼朮+牛膝+薏苡仁』=「四妙散」

『黄柏+木香』





配合処方
  1. 黄連解毒湯
  2. 梔子柏皮湯
  3. 大黄消石湯
  4. 白頭翁湯
  5. 白頭翁加甘草阿膠湯














    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved