ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



黄疸の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




黄疸に用いる漢方薬
  1. 閉塞性黄疸
  2. (陽証、実証)
  3. 黄疸のさいには出血の傾向がある《大塚敬節》
  4. 黄疸と伴うときには、頭汗・皮膚掻痒感を伴う《矢野敏夫》
  5. 黄疸等にして、少しく腹満ある証《奥田謙蔵》
  6. “或問うて曰く、発黄の証、之を治するの方、そのを用ひざる者。間亦之あり。如何。答へて曰く、発黄、小便不利、或は渇し、余証なき者は、之を主る。発黄・大便不通の者は、之を主る。若し乃ち一身尽く黄、腹張り、大便必ず黒く、時に溏する者は、消礬散之を主る。発黄・心中懊は、梔子大黄豉湯。発黄・腹満・小便不利は、大黄硝石湯。発黄・頭痛・悪風・自汗出づるは、桂枝加黄蓍湯。発黄・嘔逆は、小半夏湯之を主る。発黄・胸脇苦満は、小柴胡湯之を主る。発黄、腹中拘急は、小建中湯之を主る。此れ皆証に随って方を異にするなり。仲景氏のにおける、特に之を発黄して、他に病なき者に用ふるのみ。”《薬徴》
    • [心中懊]=胸の中がなんとも形容できないような苦しさにもだえる。
      [悪風]=風にあたるとゾクゾクとさむけがする。
      [自汗]=自然に汗が出る
      [腹中拘急]=腹がひきつれる
  7. 発熱のない黄疸には「」を考える。
  8. “此の方は発黄を治する聖剤なり。世医は黄疸初発にを用ゆれども非なり。先ず此の方を用いて下を取って後、を与えるべし。は発黄を治するを専らとする。蓋し、湿熱を解し利水の効あり。故に《蘭室秘蔵》の当帰拈痛湯、《医学綱目》の犀角湯にも此の品を用いて、発黄のみにはかかわらぬなり。梔子・大黄と伍するときは利水の効あり。方後に云う尿如角汁と、これなり。後世にても加味逍遥散、竜胆瀉肝湯等の梔子は皆清熱利水を主とするなり。但し此の方、発黄に用いる時は陽明部位の腹満小便不利を主として用るべし。もし心下の欝結ある者は大柴胡湯+かえって効あり。もし虚候ある者は千金茵蔯湯に宜し。《幼幼新書》吉本家伝。小児、身体黄・便黄・眼目睛黄は、これ疸なり。此の方によろし。即ち本方+朴硝と。余は、本方の証にして胃熱激しき者を治するに、之を用いて奏功す。”《雑病論識》

インチンゴレイサン
  1. (陽証、虚証)

越婢加朮湯

黄蓍建中湯

黄連解毒湯

黄連湯

加味逍遥散
  1. (陽証、虚証)

桂枝茯苓丸
  1. (陽証、実証)

呉茱萸湯

五苓散 

柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. (陽証、実証)

柴胡桂枝乾姜湯

柴胡桂枝湯

三黄瀉心湯
  1. 黄疸、身体、面目皆黄なるを療す。《外台秘要方》
  2. 熱性黄疸には、証に由りを加える。《奥田謙蔵》

四逆散
  1. (陽証、実証)

四逆湯
  1. (陰証)

梔子柏皮湯
  1. 一身黄み、発熱し、心煩する者を治す《方極附言》
  2. 熱病、身黄み、発熱し、微煩する者は、梔子蘗皮湯之を主どる《医聖方格》
  3. 黄疸等にして、発熱し、煩悶する証《奥田謙蔵》
  4. 黄疸があっても、腹証上、腹満や胸脇苦満もなく、悪心、嘔吐、口渇、尿の不利も無い者に用いる《大塚敬節》
  5. 黄疸で熱の強い者に用いる。この場合に便秘しておれば、先ずを用い、その後で、この方を用いる。もし心胸にかかって便秘しておれば梔子大黄湯を用いる。およそ黄疸は多かれ少なかれ心胸にかかる者であるが、梔子大黄湯は専ら心胸にかかる。茵蒿湯も心胸にかかるけれども、梔子大黄湯ほど心胸に専らかかるものではない。およそ黄疸になろうとする者は、発黄前から胸が気持ち悪いものである。それ故、熱があって、胸の気持の悪いときは、いつでも黄疸に意をそそぐがよい。梔子大黄湯は、心中懊あるいは熱痛が目標である《有持桂里》
  6. “28歳男子。やや痩せ型、10日ほど前から、軽微の黄疸となったが、食欲、大小便ともに、ほとんど異常がないという。腹診しても、特に変わったとことはない、口渇も、嘔吐もない。そこでこの方を与えたところ、7日間の服用で、黄疸は全く消失した”《大塚敬節》

炙甘草湯
  1. “患者は49歳の男子で、約1年ほど前から全身特に下肢に浮腫が現れ、疲れやすくなっていたが、それから半年ほどたって、耳鳴・めまい・息切れが起こったので、医師にかかって治療を受けていたが、前記の症状は軽快せず、2ヶ月ほど前から黄疸が現れ、食欲がなくなった。
    初診は昭和13年3月24日、その時の症状は、以上の他に腹部膨満、手足の煩熱(煩熱は地黄を用いる目標)、ねむけ、口渇等で、大便は1日1行、小便は一昼夜に4、5行である。腹診するに、肝臓は肥大して、その左下縁は臍上3横指径ぐらいのところまで達している。脈は浮大、舌は紅くて苔はない
    以上の経過や症状から、予後は不良に近いものと考えながら、炙甘草湯を与えたところ、不思議と思われるほどに症状が軽快し、息切れ・浮腫・めまい・耳鳴りは去り、黄疸は消え、食欲も出てきた。肝臓も眼に見えて縮小し、5月16日の診察ではふれなくなった”《大塚敬節》

小建中湯
  1. (虚証)
  2. 小便自利(小便が多量に出る)者《大塚敬節》
  3. 小便不利に対する小便自利の診断的価値は、前者が熱性黄疸の標的となることに対し、後者は虚寒性黄疸の証拠として記載さるべきものである。《金匱要略》の著者が本方運用の主治目標として小便自利の文字を用いたのは、“虚寒に属する黄疸”という説明であると解すべきであろうと思う。従ってたとへ小便自利の侯がなくとも、虚寒の確徴が掴み得らるれば、本方を用いてよろしいのである。《矢数有道》

小柴胡湯
  1. 諸種の黄疸にして、腹痛、嘔吐を発する証《奥田謙蔵》

小柴胡湯インチンゴレイサン黄連解毒湯 

大黄甘草湯

大柴胡湯山梔子

桃核承気湯

人参湯
  1. 黄疸があっても、腹に力がなく、舌が乾燥せず、脈にも力がなく食不振・下痢・嘔吐・悪心などがあれば用いる《大塚敬節》

八味地黄丸
  1. 脾胃虚寒、脈沈にして細、身冷え、自汗し、瀉利し、溺白し。これを陰黄と名づく。凡そ黄疸、脈弱、口中和し、小便濁り、困憊ことに甚だしき者、効あり。《勿誤薬室方函口訣》

六味丸





閉塞性黄疸の漢方薬
    1. (陽証、実証)
  1. インチンゴレイサン
  2. 加味逍遙散
    1. (陽証、虚証)
  3. 桂枝茯苓丸
    1. (陽証、実証)
  4. 四逆散
    1. (陽証、実証)
  5. 四逆湯
    1. (陰証)
  6. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. (陽証、実証)
  7. 柴胡桂枝乾姜湯
    1. (陽証、虚証)
  8. 柴胡桂枝湯
    1. (陽証、虚証)
  9. 梔子柏皮湯(陽証、虚証)
  10. 小建中湯(陰証)
  11. 小柴胡湯(陽証、実証)
  12. 大柴胡湯(陽証、実証)
  13. 人参湯(陰証)
  14. 補中益気湯(陽証、虚証)







<1>カミルレ
<2>ペパーミント
<3>レモン
<4>ローズマリー
<5>タイム



<1>レモン色
<2>赤色
<3>黄色
<4>赤紫色





[真珠]



○アカネ・アシ・アスナロ・アロエ・ウコン・ウツギ・梅・エビスグサ・黄連・オトギリソウ・オモト・カキドウシ・カラスウリ・カワラケツメイ・カワラヨモギ・キカラスウリ・クサニオウ・クチナシ・クマヤナギ・クララ・シカ・シジミ・セリ・大根・タニシ・タンポポ・チガヤ・トウモロコシ・ナンテン・ニワトリ・ニワヤナギ・ハトムギ・ヒヨドリジョウゴ・フジバカマ・ホオズキ・ミシマサイコ・ミヤマトベラ・ムラサキ・メギ・モッコク・ヤマゴボウ・ヨシ・ヨモギ





【熱】 (おねつ)=裏にこもった熱で、尿利の減少を伴う。
  1. 後世派で湿熱とよんだものが、これにあたる。
  2. “これ熱、裏にありとなす。身必ず黄を発す、之を主る”《傷寒論》
【湿熱】 (しつねつ)=尿利の減少を伴う熱《大塚敬節》
  1. 世の医者、黄疸を論じて湿熱となる。それ黄を以て土色となすなり。治に益なし。此れ従ふべからず《薬徴》
【発黄】 (はつおう)=黄疸。




ビリルビン値を
下げる薬物
<1>
<2>欝金








関連情報 黄疸を伴う感染症
鉄芽球性貧血
肝不全
高脂血症
肝機能障害
原発性胆汁性肝硬変
肝臓ガン
肝炎
アラジール症候群
ウコン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査