ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



往来寒熱



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



往来寒熱の漢方薬
@加味逍遥散
  1. 此方の症にして寒熱甚だしく胸脇に迫り、嘔気等ある者は、「小柴胡湯L山梔子・牡丹皮」《勿誤薬室方函口訣》


A柴陥湯


B柴胡加竜骨牡蛎湯


C柴胡桂枝乾姜湯


D柴胡桂枝湯


E四逆散


F小柴胡湯
  1. 往来寒熱は柴胡剤を用いる目標である。《大塚敬節》
  2. 強い悪寒が来て、そのあとで熱が出る。その熱が下がってまた悪寒が来て熱が出るという状態。《大塚敬節》


G小柴胡湯桔梗石膏


H大柴胡湯







(おうらいかんねつ
  1. 悪寒する時は熱がなく、発熱するときは悪寒がなく、悪寒と発熱が交互に現れる。 《漢方用語大辞典》
  2. (寒熱往来)
    悪寒と熱とが交互に出没すること。さむけがしてさむけがやむと熱が出て、熱が下がって、またさむけが出る。《大塚敬節》
  3. 悪寒と熱が互いに往来すること。悪寒がやむと熱が上がり、熱が下がると、また悪寒がする熱型で、少陽病のときによくみられ、柴胡剤を用いる目標である。《漢方診療医典》

《本草綱目》、柴胡の部中、往々、往来寒熱を以て、その主治となすなり。夫れ世に謂うところの瘧疾は、その寒熱往来するや劇し。
しかして柴胡を用ひて治する者あり。亦治せざる者あり。是において之れを仲景氏の書に質すに、その柴胡を用ふるや、胸脇苦満の証あらざるなし。







関連情報 かぜ
悪寒
発熱
脈がない







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査