黄連    COPTIDIS RHIZOMA


[黄連][川連]

山間の樹陰地に自生し、または兵庫・福井・鳥取で栽培される多年草、キンポウゲ科オウレンの根をほとんど除いた根茎。
キンポウゲ科Ranunculaceae 黄連Coptis chinensis Franch.の根茎
<1>コプティス・キネンシス=[味連](中国)
<2>コプティス・オオメイエンシス=[雅連](中国)
<3>コプティス・テートイデス=[雲連](中国)
<4>メギ科タツタソウ=[鮮黄連](朝鮮)
植物学的には3変種に細別される
 
<1>キクバオウレン
 <2>セリバオウレン
 <3>コセリオウレン

味は苦、性は寒。  Q寒瀉燥降収R

心・肝・大腸・胃経

清熱燥湿薬


黄連味苦主清熱 除痞明目止痢泄
味苦、心を瀉し、痞を除き、熱を清し、眸を明らかにし、腸を厚くし痢を止む《万病回春》







解熱・消炎・降圧・健胃・鎮嘔
○清熱して湿を除き、心労を解き、瀉熱して解毒する。
◎神を養い、多く飲むと楽しくなる。「粥にして食べても良く、皮を剥いて粉末にし、水に混ぜると赤い皮がまた剥けるが、これを取り去って青いものだけを粉末にし、竜脳を少し入れて温水で服用。」
◎心熱を吐かせ、心中の悪血をなくす。「煎じても、粉末でも良い。」
◎胆を良くする。:「煎じ・末・丸剤」
◎赤・白痢の腹痛、又は膿血症を治す。「黄連3銭を酒で煮て飲み、又は作末して卵大の丸服。」
◎青盲・熱気目痛・涙の出るのを治す。「煎・末服。黄連を乳汁に漬けて点眼する。」
◎口舌の生瘡を治す。「酒で黄連を煮て飲み下す。」
◎心下の急痛。:「半夏と煎じて服用。」
◎気結と心胸の痞を治す特効薬。「生姜汁に杏仁・黄連を入れ煎服。」
◎急な心痛に。:「水煎し1日3回服用。」
◎一切の熱と血熱・酒熱を治す。
◎消渇を治す。:「酒に漬けて蒸して作末し、蜜で丸めて白湯で50〜70丸呑み下す。」
◎疳虫を治す

◎鬚を去り、生用すれば:心を炙し、熱を清す《万病回春》
◎(酒炒):腸胃を厚くし。
◎(姜製):嘔吐を止める
《万病回春》




<1>鎮痙作用
<2>降圧作用
<3>抗菌作用
<4>抗炎症作用
<5>中枢抑制作用






京都大学木質化学研究所の矢崎一史教授らの研究チームは、植物が薬効成分を体内に蓄える仕組みを明らかにした。細胞表面にポンプとして働くタンパク質が存在し、目的の成分を細胞内に取り込んでいるという。医薬品の原料となる物質を大量に貯蔵できる植物の開発などにつながる。
キンポウゲ科の薬用植物「オウレン」の細胞を解析した。オウレンは抗菌作用を持ち、胃や腸の調子を整える民間薬の薬効成分である有機化合物「ベルベリン」を地下茎に蓄えている。
地下茎の細胞を調べたところ、細胞膜に存在するタンパク質の1つがポンプのように機能してベルベリンを細胞内に取り込むことが分かった。研究チームはこのタンパク質を『Cjmdr1』と名付けた。
このタンパク質の設計図に当たる遺伝子を植物細胞に組み込んでポンプを増やせば、薬効成分の貯蔵力も高まるとみている。
従来、植物の有用成分の含有量を増やす試みはあったが、それを蓄積する技術はなかった。成果は2003年1.21米科学アカデミー紀要に掲載






黄連の薬能
《神農本草経》
  • 熱気の目痛、眥傷の涙出、明目、腸ヤの腹痛下痢、婦人の陰中腫痛を主る
《薬性提要》
  • 心に入り火を瀉し、肝を鎮め、血を涼し、湿熱を清し、鬱を散ず
《古方薬品考》
  • 心臓の熱を清す
《薬徴》
  • 黄連は心中煩悸を治するや明らかなり。故に心中煩悸して痞する者、吐する者、利する者、腹痛する者、此れを用ひて皆治するなり。
  • 張仲景、黄連を用ふるや、その証、人参・茯苓と大同にして小異なり。
    • 人参は心下痞硬して悸するを治するなり。
    • 黄連は心中煩して悸するを治するなり。
    • 茯苓は肉ロ筋して悸するを治するなり。
《重校薬徴》
  1. 心中煩悸を主治し心下痞、吐下、腹中痛を治す
  2. 「心中の煩悸」=胸の中が苦しく動悸がする。
  3. 黄連の苦は心中煩悸を治すなり、是れ性の能なり。張仲景の之を用うるは、心下痞、嘔吐、下利、腹痛、吐血、衂血等の証を治するなり、是れ性の枝にして岐れる所なり、是れを以て前証有りと雖も、苟も心中煩悸の証なき者は、之を用いて効なし、心中煩悸にして、前証を発する者は其の効響くが如し。仲景の心下痞、嘔吐、下利、腹痛、吐血、衂血等の証を治する方中黄連を用いざるもの甚だ多し、斯れ亦以て徴すべきなり、是に由りて之を観れば、黄連の主治は心中煩悸なるや明らかな。本草の節や誤なり、黄連の能多きや、多からざるなり
《古方薬議》
  • 熱を瀉し、下痢を治す。その功黄U黄柏と近し
《中薬大辞典》
  1. 瀉火、燥湿、解毒、殺虫
  2. 時行の熱毒、傷寒、熱盛心煩、痞満嘔逆、菌痢、熱瀉腹痛、肺結核、吐衂、消渇、疳積、回虫病、百日咳、咽喉腫痛、火眼、口瘡、癰疽瘡毒、湿疹、湯火傷を治す



【薬対】 『黄連+生地黄』=黄連丸《備急千金要方》
『黄連+細辛』
『黄連+黄U』
『黄連+肉桂』
『黄連+呉茱萸』
『黄連+広木香』
『黄連+葛根』
『黄連+乾姜』
『黄連+紫蘇葉』
『黄連+牛黄』
『黄連+大黄』
『黄連+半夏』
『黄連+阿膠』
『黄連+犀角』
『黄連+蓮子』
『黄連+竜骨』
漢方薬  烏梅丸《傷寒論》
黄連阿膠湯
《傷寒論》
黄連解毒湯
《外台秘要方》
黄連湯
《傷寒論》
葛根黄連黄U湯
《傷寒論》
乾姜黄U黄連人参湯
《傷寒論》
甘草瀉心湯
《傷寒論》
香連丸
左金丸
三黄丸
三黄瀉心湯
《金匱要略》
小陥胸湯
生姜瀉心湯
清上防風湯
大黄黄連瀉心湯
白頭翁湯
半夏瀉心湯
《傷寒論》
附子瀉心湯





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査