嘔吐に用いる漢方薬
  安中散
  • 朝食暮吐する者は、古の胃反なり。澼嚢は水飲胃中に停蓄し、痛強く、水を吐す。胃反は脈虚数、飲食化せずして吐す。澼嚢より重し。治方は同じからざれども、何れも減飲減食にあり。癖飲の痛みは「苓桂甘棗湯」あるいは「安中散」に宜し。《通俗医法捷径》

  • 反胃に用いるにも腹痛を目的とすべし。《勿誤薬室方函口訣》
  • 反胃や澼嚢で甘味を好む者に著効がある《福井楓亭》
  • この方は水をひどく吐く者には効無く、腹痛の有る者を目的として用いる《福井楓亭》
  • 嘔吐を伴うこともあるが、吐水があれば、安中散ではないことが多い。《矢野敏夫》


胃苓湯(水滞、気鬱)


黄芩湯

黄連湯
  • 半夏瀉心湯の黄芩の代わりに桂枝を入れたもので、腹証は半夏瀉心湯と同じく心下痞があり、腹痛・嘔吐を目標として用いる《大塚敬節》
  • 霍乱、疝瘕、攻心腹痛し、発熱、上逆し、心悸して嘔吐せんと欲し、及び婦人の血気痛、嘔吐して心煩し、発熱、頭痛する者を治す《類聚方広義》
  • 厥、復し、発熱心煩し、嘔吐除かず、飲食を欲せざる者


葛根加半夏湯

香蘇散

呉茱萸湯
  • 嘔吐・胸満・心下軟・手足厥冷・煩躁・脈沈遅
  • 《金匱要略》に“嘔して胸満する”ものを目標にする。多くの場合に、嘔吐すれば、胸がすいて胸満が減ずるのを常とするが、もし、吐いても胸満が減ぜず、ますます胸が膨満するのは、呉茱萸湯を用いる目標である。ここに胸満というのは、俗にいう鳩尾の部分の膨満である。《大塚敬節
  • 嘔吐は強い発作の時には起きるが、いつでもくるとは限らない。この嘔吐は悪心が強く、胆汁を吐く《大塚敬節》
  • 呉茱萸湯の嘔吐は、多くは、激しい頭痛を伴うものであるが、頭痛がなくて、急激な嘔吐を訴えるものがある。この方の嘔吐は強い悪心を伴うのが特徴で、吐物の量は少ない。これは五苓散の水逆と異なる点である。何を呑んでもすぐ下から突き上げてきて胃に納まらないことがある。口に入れるとすぐ吐く、このような時は呉茱萸湯を唾液を呑むように1口ずつ呑むとよく納まり、また止むことがある《大塚敬節》
  • 久腹痛、水穀を吐する者「沈香」《勿誤薬室方函口訣》
  • 陽明、穀を食し嘔せんと欲するを治す
  • 少陰病、吐利し、手足煩躁し、死せんと欲するを治す
  • 激しい頭痛を伴う嘔吐ことに片頭痛に用いられているが、頭痛が無くても、吐く場合にも用いられる。金匱要略に“嘔して胸滿する者は呉茱萸湯之を主る”とあって、多くの場合、嘔吐すれば胸がすいて胸滿が減ずるのを常とするが、もし吐いても胸滿が減ぜず、ますます胸がはるのは呉茱萸湯を用いる目標である。呉茱萸湯の嘔吐では、悪心を伴い、吐物の1回量は少なく、五苓散証のように多量の水を吐くことはない
    呉茱萸湯証では、心下痞満があるので、小柴胡湯や半夏瀉心湯証に似ているので、鑑別を要する(漢方診療医典)



五苓散
  • (水滞)
  • 乳幼児の風邪や急性胃腸炎などのさいに五苓散でなければ治らない嘔吐がくることがある。熱のある場合でも、熱がない場合でも、どちらでもよい
    はげしい口渇と尿利の減少があって、嘔吐を繰り返して訴える者を目標とする。嘔吐は1回に大量の水をドッと吐くのが特徴で、吐いた後で、水をほしがり、それを飲んでしばらくたつとまた吐く、吐くとまた水をほしがるので、このさい尿の出が少なくないかをたずね尿利の減少があれば五苓散の適応症である
    多くの場合、1回または2回の服用で嘔吐が止み、口渇も無くなり、熱のある場合は発汗し、尿利が増加して下熱する
    また嘔吐に下痢を兼ねることもあり、嘔吐に腹痛を兼ねることもあり、嘔吐に頭痛を兼ねることもある。この場合でも口渇と尿利の減少を目標に用いる。(漢方診療医典)


乾姜人参半夏丸

柴胡桂枝湯

柴苓湯

小柴胡湯
  • 嘔吐:陽毒傷寒、四肢壮熱あり、心煩、嘔吐止まざるを治す:「麦門冬・竹葉」= 人参飲子《備全古今十便良方》
  • 肝炎・胆嚢炎・流感・猩紅熱・腎炎などの初期にみられる嘔吐に、この方が良く用いられる。腹証として、胸脇苦満・心下痞硬が認められ、舌にはうすい白苔がつくことが多い。《大塚敬節》


小半夏加茯苓湯
  • (水滞、気逆)
  • 悪心・嘔吐を主訴とする者に用いる《大塚敬節》
  • 旦に食し、暮れに吐するを治す:「大黄」《医宗必読》
  • 悪阻の嘔吐や種々の薬物による胃障害からくる嘔吐に用いる《大塚敬節》
  • 中暑、昏悶醒めず、并びに伏暑、停食吐瀉する:「茯苓・半夏・甘草末」を生姜汁に入れ、口を開き、水で調え之に濯ぐに宜し。《医学実在易》
  • 五苓散証では多量の水を1回にパッと吐くが、小半夏加茯苓湯証では、何回にも少しずつ吐くし、悪心の状が吐いた後にも残る。《大塚敬節》



真武湯
  • 少陰嘔逆、腹痛溺短を治す《医学実在易》
  • 嘔する者には:「附子、生姜(ひね生姜)8.0gに」《龍野ー漢方処方集》



二陳湯
  • (水滞、気逆)


人参湯
  • 《傷寒論》に“霍乱で頭痛、発熱し、からだが痛み、熱が多くて水を飲むたがる者は五苓散の主治であり、寒が多くて水を飲みたがらない者は理中丸の主治である”という条文がある。霍乱とは嘔吐下痢の激しい病気であり、理中丸は人参湯を丸としたものである。この条文によっても分かるように、五苓散も人参湯も嘔吐と下痢を訴える急性の吐瀉病に用いられることが分かる。2方の区別は、五苓散では熱があって水を飲みたがり、人参湯では寒があって水を飲みたがらない点にある。《大塚敬節》
  • 嘔吐だけで下痢の無い者にも用いる点は、五苓散と同じである。《大塚敬節》


半夏厚朴湯
  • (水滞、気鬱)
  • 幽門痙攣のために、胃拡張の症状を停止、胃部の膨満、嘔吐を訴える者に用いる(漢方診療医典)


半夏瀉心湯
  • 嘔吐・心下痞硬・腹中雷鳴


半夏白朮天麻湯
  • 呉茱萸湯証の嘔吐との鑑別
    呉茱萸湯証の嘔吐は、半夏白朮天麻湯証のそれよりも、頻繁で激しい傾向がある」《大塚敬節》


茯苓飲
  • (水滞、気鬱)
  • 久腹痛、宿水を吐し、食を得れば痛劇しく、噫気酸臭ある者を治す:「呉茱萸・甘草」《原昌克》
  • もし食し終わって即ち吐し、関格の如き者は、不可。《雑病翼方》
  • 悪心も寒証も見られないときは、「茯苓飲」。《中医処方解説》
  • 悪心があって寒証がないとき、「茯苓飲合半夏厚朴湯」がよい。《中医処方解説》
  • 先年、夜床につくと水が胃から出てきて安眠を得ないという者に、茯苓飲を与えて、効を得たことがある。《大塚敬節》


茯苓飲合半夏厚朴湯
  • (水滞、気鬱)


茯苓沢瀉湯
  • 口渇と嘔吐と尿利の減少を目標として用いる。
  • 五苓散を用いる目標と似ているが、五苓散の場合は、吐いて水を飲むとすぐにまた吐き、吐くとノドが渇く、飲むとまた吐くという状態を繰り返すが、茯苓沢瀉湯の嘔吐は、1日に1~2回の嘔吐で、前日または前々日あるいは、それ以前のものを吐く。この点が違っている。
  • 上腹部は膨満していて、この部でひどい振水音を証明する(漢方診療医典)


補中益気湯
  • 胃気虚して嘔の止まない者に此方のよいことがある《矢数道明》

六君子湯
  • (水滞、気虚)







 漢方療法  《大塚敬節》
①急性伝染病の初期:
  1. 幼児に多い。小柴胡湯を用いる機会が多い
    • ・小児麻痺・疫痢・麻疹・インフルエンザ
    • ・肺炎・猩紅熱・急性伝染性肝炎
    • ・ワイル氏病・流行性脳炎・髄膜炎
  2. 《傷寒論》に“嘔して発熱するものは柴胡の証備はる”の句があり、嘔吐に引き続き発熱するものには柴胡剤を用いる場合の多いことを述べている


②消化器病:
  1. 酒客にみられるアルコール性胃炎の嘔吐
    • 早朝空腹時が多い
  2. 胃拡張では
    • 朝食を夕方に吐き、夕食を翌日吐いたりする

    《金匱要略》に“朝に食して暮に吐し、暮に食して朝に吐き、食穀化せざる者を胃反と曰ふ”とあり、後世になって、胃反を反胃と呼ぶようになった。
    • 「茯苓沢瀉湯」
    • 「丁香茯苓湯」
    • 「生姜瀉心湯」などが用いられる
  3. 澼嚢(ヘキノウ)と呼ばれた病気では、
    • 4、5日も前に食べたものを吐き、胃反では、腹痛を伴わないで、たやすく吐くのに、澼嚢では腹痛を伴うもの。「茯苓沢瀉湯」「丁香茯苓湯」「生姜瀉心湯」などが用いられる
  4. 幽門痙攣による狭窄でも吐く。
    • これは乳幼児に多く見られる。これは漢方でいう水逆性の嘔吐で五苓散が良く効く
  5. 急性食道炎・食道痙攣・食道狭窄・食道ガンなどで嘔吐:梔子の配剤された処方(ex.「利膈湯」)が用いられる
  6. 肝臓・胆嚢疾患で嘔吐:
    • 柴胡を主薬とした「大柴胡湯」「小柴胡湯」などを用いる
(主薬)

姜汁・半夏を主薬とすべし《万病回春》

◎諸薬無効の者
  • 「麝香・桂心」末とし、調服する《先哲医話》




声あって物の出ないもの
【吐】 物が出て声のないもの
【嘔吐】 声と物が同時にあるものを嘔吐とした







<1>カミルレ(ストレスから)
<2>ラベンダー(ストレスから)
<3>ブラックペパー(かぜから)
<4>マージョラム(かぜから)
ベイチ博士の救急薬



○酢・ハラン・ミソハギ・レンギョウ



関連情報 吐く」「吐き気」「逆流性食道炎」「ガン」「胃ガン」「虫垂炎」「急性虫垂炎」「自家中毒」「ダンピング症候群」「慢性膵炎」「褐色細胞腫」「アスピリン」「倦怠感」「発汗異常」「急性腹膜炎」「急性腹症」「急性脳症」「幽門狭窄症」「褐色細胞腫」「中枢神経の疾患」「心身症」「ヒステリー」「不安」「脳血管障害」「片頭痛」「脳腫瘍」「アカラシア」「アジソン病」「セロトニン症候群









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved