続命湯(ぞくめいとう)の応用
  痿弱

下肢の運動麻痺

関節炎

顔面神経麻痺

気管支炎

言語障害

口渇

高血圧

神経痛

喘息

喘鳴

知覚障害

糖尿病
  • ヘモグロビンA1cが高い

脳溢血

脳血管性障害の予防
  • 脳酸化ストレス損傷に対する続命湯の防御効果をラットを使って実験した結果、続命湯が脳血管性障害の予防薬としての効果を示す可能性が確認されました
  • (日本薬学会第124年会の報告より)

    「酸化ストレス」とは、
    体内で活性酸素などが過剰に産生され身体がサビついた状態のことで、様々な障害を引き起こすと言われています。特に脳は酸化ストレスに弱い臓器で、脳血管系疾患アルツハイマー病パーキンソン病などとの関連が明らかになっています。

脳塞栓

脳軟化症

半身不随

脳卒中後遺症

偏枯

浮腫

麻痺




続命湯
当帰3 人参3 川芎2
生姜 桂皮 麻黄
杏仁4 石膏 甘草



鑑別
続命湯 中風後遺症、身体痛、麻痺、頭痛、喘鳴、口渇、言語障害、知覚障害
防風通聖散 赤ら顔、便秘、尿濃い、腹部緊満
牛黄清心丸 血行不良、高血圧
疎経活血湯 下腹部うっ血、しびれ、四肢疼痛、水毒











川芎

















続命湯 3 4 2 6 3 3 3 2 2
麻杏甘石湯 4 4 2 10
大青竜湯 6 5 2 10 3 3 3
越婢湯 4 1.5 10 3 3
釣藤散 1 5 2 1 3 3 3 3 3 2 2
補陽還五湯 3 2 5 3 2 2 2
桂枝加朮附湯 2 4 4 4 4 4 0.5







関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved