ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




パーキンソン病の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






パーキンソン病の漢方薬
  1. 黄連解毒湯
  2. 芍薬甘草湯
  3. 真武湯
  4. センキュウチャチョウサン
  5. 続命湯
  6. 釣藤散
  7. 八味地黄丸
  8. 半夏厚朴湯
  9. 補中益気湯
  10. 抑肝散
    • a 現在62歳、50歳半ばから緊張すると右手が震えるようになり、文字が書きづらくなりました。
      b パーキンソン病との診断を受け、初めは薬がよく効きました。しかし次第に効き目が落ち、今は薬の種類も量も増え、何もする気にならず将来を悲観しております。」
       「パーキンソン病の原因はドーパミンという神経伝達物質の減少によるとされている
      c 几帳面な性格で長く神経を張りつめて仕事をし続けてきた人に多い傾向がある。
      筋肉の固縮や振戦、寡動など中核症状のほか質問者は「怒りっぽくなった」「万事にイライラする」「いろいろ考え眠れない」「ボケたような感じがする」など種々の症状を訴えている。こうした症状は漢方では「肝」の機能異常と考え治療することが多い。
      もっともよく用いられる漢方薬は抑肝散で「肝」の緊張を抑える。中核症状にはドーパミンの補充療法が適しているが、周辺の種々の症状には漢方治療が優れている。
      一般には抑肝散に筋肉の緊張の調節や運動障害の調節のため芍薬や厚朴を加えることが多い。
      d 気力・体力の衰えが目立つ場合は、抑肝散加陳皮半夏を用いたり、補中益気湯や新陳代謝を盛んにする附子を含む真武湯なども用いられる1999.2.8《日本経済新聞》
  11. 抑肝散加陳皮半夏 
  12. 抑肝散加陳皮半夏+陳久散
  13. 六君子湯





民間療法 コエンザイムQ10
スクアレン・霊芝・コウジン


関連情報 ドーパミン

パーキンソン病

パーキンソン病治療薬

パーキンソン症候群

薬剤性パーキンソニズム
  

大脳基底核






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査