ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


ページェット病


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





皮膚ガン
インキン
カンジダ
広告




「パジェット病」(ページェット病) 
Paget's disease
    英国の外科医Sir James Pagetが発見。


陰部の皮膚ガン
  • 皮膚ガンの中には陰部に生じるものもある。60歳代後半以降に多い『パジェット病』(Paget's disease)だ。
    東京都内の会社員Aさんは右足の付け根から陰嚢のあたりを「かゆいな」と感じたのは、98年初夏だった。
    元来が汗かき。身長173cmに対し、体重80kg。せり出したおなかが視界を遮る。「アセモと思いこんで見もしなかった」。そのうち、かゆみは収まり、忘れてしまった。
    再びかゆみを感じだしたのが、昨年圧。見れば2cm四方が黒っぽくなり、焦げ茶、赤、紫とまだら模様になっている。「これはいかん」と、いつも健康診断に訪れている病院の皮膚科を受診。「湿疹」と診断。処方された軟膏を塗ると良くなった。
    ところが、11月に再び元の状態に戻り、薬を変えても改善しない。「ふつうの皮膚炎とは違う」と疑いだした医師の薦めで12月に病変組織を調べる生検を受けた。結果は、『外陰部パジェット』。
    この病気の患者を数多く診察している虎ノ門病院(東京港区)を紹介され、そこで皮膚科部長の大原国章さん(52)に、皮膚ガンであることを知らされた。
    パジェット病は、体臭の元であるアポクリン汗腺の多い皮膚に出来る。日本では男性が女性の2倍ほど多く、女性の方が多い欧米と異なっている。原因は不明だが、男女ともに性器を中心に発生、脇の下も含めて同時に多発することもある。

  • 症状は、かゆみや、ムズムズする違和感から始まり、湿疹のような赤い斑点が出る。ギラギラしたり、盛り上がることは無い。

  • 普段、気づきにくい部分であるため、男性なら『インキンタムシ』、女性なら『カンジダ症』と間違えやすい。
  • 「羞恥心から市販の湿疹や水虫の薬を塗り、ようやく医師に診せても、診断つかずに時間が経ってしまいがち」と大原さん。
    長年にわたって放置すると、赤みは定着し、部分的に色が白く抜けたり逆に黒づんでいたり、ただれたりもする。ただ、進行が比較的ゆっくりであるため、転移する前に手術できれば、予後は良好だ。

  • パジェット病の場合、色彩的に病巣と健康な皮膚の境界がはっきりしないため、手術では周囲を広く切り取って皮膚を張り替えることが基本です。
    手術によって性生活に支障が出ることはまれです













関連情報 ガン情報 






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査