ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



パナルジン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





抗血小板薬

血栓症
広告





抗血小板薬
一般名 塩酸チクロビジン
商品名 「アンプレート」「イパラジン」「ジルペンダー」「ソーパー」「ソロゾリン」「チクピロン」「ニチステート」「ネオピジン」「パチュナ」「パナピジン」「パナルジン」「パラクロジン」「ビーチロン」「ピエテネール」「ピクロジン」「ピクロナジン」「ヒシミドン」「ファルロジン」「プロパコール」「マイトジン」「ロベタール」「ロンドリン」
作用機序 ◎血栓症では、血液中の血小板が異常に凝集して塊となり、血栓を作り血流障害を引き起こし血流が少なくなったり、血流が途絶えることが原因となって起こる虚血性疾患の原因となります。塩酸チクロビジンは血小板が凝集するのを抑える作用があるので、血管内で血栓が出来るのを抑制したり、血小板の粘着力を下げます。
◎血小板のアデニル酸シクラーゼ活性を増強して血小板内cAMP濃度を高め血小板の機能を抑制する。
効能・用途
<1>虚血性脳血管障害に伴う血栓・塞栓:
1.一過性脳虚血性発作(TA)
2.脳梗塞
<2>クモ膜下出血術後の脳血管攣縮に伴う血流障害。
<3>血管手術・血液体外循環に伴う血栓・塞栓。
<4>血流障害。
<5>慢性動脈閉塞症に伴う諸症状(潰瘍・疼痛・冷感)
☆虚血性脳血管障害の予防、脳梗塞の発症・再発予防に。
虚血性心疾患で「ステント」を入れると血管内に血栓が出来る恐れがあるので、血栓を防ぐ坑血小板剤を用いる。





使ってはダメな者

<1>出血がある者:(理由:止血が困難なため)
 1.喀血
 2.血友病
 3.消化管潰瘍
 4.硝子体出血
 5.尿路出血
 6.毛細血管脆弱症
<2>重篤な肝障害がある者。(悪化する)
<3>白血球減少症。(より重篤な症状に陥る)
<4>本剤に過敏歴がある者
慎重な投与
が必要

1.肝障害及びその既往歴がある者。
2.月経中の者。
3.出血傾向がある者。
4.出血素因がある者。
5.抗凝集薬を投与中の者。
6.血小板凝集能抑制薬(アスピリンなど)を投与中の者。
7.血栓溶解薬を投与中の者。
8.白血球減少症の既往歴がある者。
9.手術予定者。
10.高齢者



<1>併用すると作用を増強するもの:
1.バルビツレート
2.テオフィリン。
<2>併用すると出血傾向になるもの:
1.アスピリン
2.アルテプラーゼ
3.ウロキナーゼ
4.ワルファリン
<3>フェニトインの血中濃度が上昇する。
<4>シクロスポリンの作用を減弱する


副作用

死亡
脳梗塞の治療に使われる抗血小板剤「パナルジン」(一般名・塩酸チクロビジン)による肝障害などの副作用のため、この2年間で34人の死亡が報告されていたことが17日、明らかになった。→「脳梗塞
●1年で17人死亡:
2002年6月までの1年間で、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)で5人、顆粒球減少で6人、重篤な肝障害で6人が死亡した。
また、重篤な肝障害などの副作用は96人に達した
妊婦への影響 投与しない(動物で母胎に出血傾向となるため)
授乳を避ける(動物で授乳中に移行)



パナルジン副作用(五十音順)
  1. 悪心
  2. 過敏症→中止する。
    過敏 発疹
    掻痒感
    ジンマシン
    発熱
    発赤
    紅斑
    浮腫
    →中止
  3. 肝障害(重篤な)・・・→中止・処置
    劇症肝炎 ・嘔吐
    ・食欲不振
    ・倦怠感
    ・カユミ
    ・眼球黄染
    ・皮膚の黄染
    ・褐色尿
    →中止し、
    肝機能検査必要。
    ・処置
    GOTの上昇
    ・GPTの上昇
    黄疸
  4. 肝臓への負担
    肝臓 GOT上昇
    GPT上昇
    γ-GTP上昇
    AL-P上昇
    LDH上昇
  5. 間質性肺炎・・・・・→中止し処置。
  6. 急性腎不全・・・・・・→中止し処置。
  7. クレアチニン上昇
  8. 血液
    血液 白血球減少
    鼻出血
    皮下出血
    歯肉出血
    貧血
    好酸球増多
    血尿
    →中止、処置
  9. 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
    TTP



    ・倦怠感
    ・紫斑・出血症状
    ・意識障害
    ・血小板減少
    ・破砕赤血球が出現
    ・溶血性貧血
    ・動揺するなどの精神・神経症状
    ・発熱
    ・腎機能障害
    →直ちに中止。
    ・血液検査実施
    (網赤血球・破砕赤血球の同定)
    ・血漿交換
    平成13年7月から14年6月までに血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)13例(うち死亡5例)、顆粒球減少(無顆粒球症を含む)35例(うち死亡6例)、重篤な肝障害97例(うち死亡6例)の報告が企業から厚生労働省に対してなされている。
  10. 血小板減少症→中止し処置。
  11. 下痢
  12. 紅皮症・・・・・・→中止し処置。
  13. 口内炎
  14. 再生不良性貧血を含む汎血球減少症→中止し処置。
  15. 出血・・・・・・・・→中止し処置。
  16. 消化管出血→中止し処置。
  17. 消化性潰瘍→中止し処置。
  18. 心悸亢進
  19. 全身倦怠感
  20. 赤血球癆→中止し処置。
  21. 多形滲出性紅斑→中止し処置。
  22. 脳出血
  23. BUN上昇
  24. 味覚障害
  25. 無顆粒球症
    2ヵ月
    以内に
    ・発熱
    ・咽頭痛
    ・倦怠感
    →直ちに中止。
    ・血液検査と処置
    (血球算定)
  26. めまい


副作用情報厚生労働省
無顆粒球症9
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加1
食欲不振2
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加1
血中クレアチニン増加1
血中尿素増加1
剥脱性皮膚炎1
下痢1
薬疹1
湿疹1
多形紅斑1
脂肪塞栓症1
顆粒球減少症3
肝機能異常10
高ビリルビン血症1
間質性肺疾患4
黄疸1
白血球減少症1
肝障害13
肝機能検査異常1
悪心1
好中球減少症2
皮膚粘膜眼症候群1
汎血球減少症1
血小板数減少1
そう痒症1
肺胞出血2
発熱2
発疹3
全身性皮疹1
そう痒性皮疹1
スティーブンス・ジョンソン症候群1
血小板減少症4
血栓性血小板減少性紫斑病4
中毒性表皮壊死融解症1
血中アルカリホスファターゼ増加1
腎機能障害1
咽喉頭不快感






血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
・無顆粒球症
・重篤な肝障害
等の重大な副作用が投薬開始後2ヶ月以内に発現し、死に至る例が報告されている


厚生労働省
(1)塩酸チクロピジンは、血管手術や虚血性脳血管障害等に伴う血栓・塞栓の治療や慢性動脈閉塞症に伴う症状の改善などに使用されている抗血小板剤であり、米国、EU各国等海外でも広く使用されている。

(2)血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は、血小板減少、溶血性貧血、精神神経症状、発熱、腎機能障害の5主徴を呈し、早期に適切な診断・治療が行われない場合には致死率の高い疾患である。塩酸チクロピジン投与に伴うTTPについては、海外文献を基に平成7年6月に「海外での重大な副作用」として注意喚起を行ったが、その後、国内においても同様の症例が報告されたため、平成8年9月に「重大な副作用」の項に記載を行った。更に、その後、塩酸チクロピジンによるTTP発症に関する論文や米国での添付文書改訂が行われたことから、平成10年9月に使用上の注意をより詳細に記載する措置を講じてきた。

(3)しかし、平成10年10月以降にTTPの症例が新たに11例(うち死亡2例)の報告があり(合計22例、うち死亡6例)、副作用報告の増加が見られたことから、今般、添付文書に「警告」欄を新たに設けるとともに、緊急安全性情報の医療機関への配布を行い、医療現場への情報提供の徹底を図ることとした。
 なお、従来より副作用情報に掲載するなど、度々注意喚起を行ってきた無顆粒球症および重篤な肝障害についても併せて「警告」欄に記載することとした。

(4)「警告」欄に記載した主な内容は、次のとおりである。

(1)TTP、無顆粒球症、重篤な肝障害等の重大な副作用が主に投与開始後2ヶ月以内に発現していること
(2)投与開始後2ヶ月間は副作用の初期症状の発現に注意し、原則として2週に1回の血球算定、肝機能検査を行い、発現が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うとともに、本剤投与中は定期的に血液検査を行うこと
(3)患者の状態から発現が疑われた場合には投与を中止し、必要に応じて血液像、肝機能検査の実施および適切な処置を行うこと
(4)患者にあらかじめ副作用について説明し、初期症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師等に連絡するよう患者を指導すること




手術前には中止する薬剤の1つ
  • 作用は血小板の寿命とともに消失する。経口後、血中濃度のピークは1〜3時間後であるが、血小板凝集抑制作用は投与後24時間で最大に達する。




関連情報 抗血小板薬

血栓症






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査