ビタミン様物質
血中ビタミンB群
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンP
ビタミンK
ナイアシン
カロチン







パントテン酸
ビタミンB5

  • 脂質や糖質、タンパク質の代謝にとても重要なビタミン(体内のすべての代謝に関与)
  • クエン酸回路に入るため
    1. ピルビン酸からアセチル基への変換、
    2. 脂質やアミノ酸からグルコースへの変換、
    3. コレステロールやステロイドホルモンの合成に必要不可欠な補酵素Aの構成要素


(不足すると)
・・
白髪、神経疲労、手足のしびれ
  1. 疲労
  2. 筋痙縮
  3. 副腎皮質ホルモン生成の低下
  4. 嘔吐
  5. 不眠症


(食品)・・・ほとんどの野菜・魚類・肉類に存在する。
  • ジャガイモ、玄米、コムギ胚芽、
  • 緑黄色野菜、
  • 豆類、ピーナッツ、
  • 鶏卵、ローヤルゼリー、レバー




ミジンコがオス化
  • 2016年、基礎生物学研究所は、ミジンコが生息する環境によって性別が変わる仕組みの一端を明らかにした。
  • 生息する環境の変化で母親ミジンコの体内にパントテン酸(ビタミンB5)が多く蓄積されるとオスが生まれやすくなる。
  • 研究チームは、光が当たる日長時間によってオスとメスを産み分けられるミジンコを実験に使用。
  • オスの子どもを産む環境では、メスを産む環境と比べて5倍以上パントテン酸が母親の体内に蓄積していた。
  • さらに、メスの子どもを産む環境で、パントテン酸を飼育水に加えたところ、7割がオスを産んだ。


チェック
ビタミン様物質」「ビタミンA」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12ビタミンCビタミンD」「ビタミンE」「ビタミンP」「ビタミンK」「ナイアシン」「カロチン」「常時疲労症候群」「栄養失調」「酵素







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査