ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



パリエット



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





消化性潰瘍治療薬 広告





消化性潰瘍治療薬
一般名 ラベプラゾールナトリウム
商品名 「パリエッット」
機序 逆流性食道炎は胃酸の逆流で食道の粘膜がきずつき、などの症状が出る。
パリエットは胃酸の分泌を促進する胃壁のプロトンポンプの働きをジャマする。
効能

用途
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍
(用法用量)・・・1日1回 10mg
症状によって1日1回20mgまで投与できる。
通常、胃潰瘍・吻合部潰瘍では・・・8週間まで。
十二指腸潰瘍では・・・6週間までの投与。
逆流性食道炎
(用法用量)・・・1日1回10mg
症状により1日1回20mgまで投与できる。
通常、8週間の投与。再発・再燃を繰り返す逆流清食道炎では1日1回10mg
(注意)
胃ガンによる症状が隠れることがあるので、悪性でないことを確認して投与。




併用注意 ジゴキシン・・・胃内のpHが上昇してジゴキシンの血中濃度が上昇する
水酸化アルミニウム含有製剤
水酸化マグネシウム含有製剤
慎重な投与
が必要
薬物過敏歴ある者
肝障害・・・肝硬変患者で肝性脳症の報告あり。
高齢者



パリエット副作用(五十音順)

  1. 握力低下
  2. アナフィラキシー様症状・・・→中止し処置
  3. 胃もたれ
  4. ALP上昇
  5. LDH上昇
  6. 黄疸
    横紋筋融解症 筋肉痛
    CK上昇
    血中ミオグロビン上昇
    尿中ミオグロビン上昇
    →中止し処置
  7. かすみ目
  8. 下腹部痛
  9. 過敏症
  10. かゆみ・・・→中止
  11. 肝機能障害
  12. 間質性腎炎
  13. 間質性肺炎・・・→中止。胸部X線検査、ステロイド投与
  14. カンジダ症
  15. 関節痛
  16. γ-GTP上昇
  17. 筋肉痛
  18. 劇症肝炎
  19. 血小板減少
  20. 血圧上昇
  21. 下痢
  22. 倦怠感
  23. 口渇
  24. 口苦(苦味を覚える)
  25. 口内炎
  26. 口のもつれ
  27. 高アンモニア血漿
  28. 好酸球増多・・・・・・→定期的に血液検査
  29. 好中球増多・・・・・・→定期的に血液検査
  30. 昏睡
  31. CK上昇
  32. GOT上昇
  33. GPT上昇
  34. 四肢の脱力感
  35. 失見当識
  36. しびれ感
  37. 視力障害・・・・・→中止
  38. ショック・・・・・→中止し処置
  39. 食欲不振
  40. ジンマシン・・・→中止
  41. スティーブンズジョンソン症候群
  42. 頭痛
  43. 赤血球減少・・・・・・→定期的に血液検査
  44. 譫妄
  45. 総コレステロール上昇
  46. 総ビリルビン上昇
  47. 多形紅斑
  48. 脱毛症
  49. タンパク尿
  50. 知覚鈍麻
  51. 中性脂肪上昇
  52. 中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)
  53. 低ナトリウム血症・・・・・・→中止
  54. 眠気
  55. 動悸
  56. 白血球減少・・・・・・→定期的に血液検査
  57. 白血球増加・・・・・・→定期的に血液検査
  58. 汎血球減少・・・・→異常があれば中止/処置
  59. BUN上昇
  60. 貧血
  61. 腹部膨満感
  62. 浮腫
  63. ふらつき
  64. 便秘
  65. 発疹・・・・→中止
  66. 発熱
  67. 無顆粒球症・・・・→異常があれば中止/処置
  68. 眼がちらつく
  69. めまい
  70. 溶血性貧血
  71. リンパ球減少・・・・・・→定期的に血液検査



関連情報 消化性潰瘍治療薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査