ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



パターニング




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告




パターニングで症状が改善する
ダウン症で “はいはい” などが出来ない子供に、手足を介助者が動かしてやることで症状が改善していきます。
  • 大人3人で子供の頭・手・足を持ち、爬虫類(ワニなど)の動きをさせる。
    • 爬虫類の脳を発達させる
    • ポーズをとることで改善していきます。
    • ヨガや気功と同じ。
  • 自分の手足だけで、爬虫類の動きをさせる
  • ほ乳類(サル)のように、木にぶら下がったまま移動させる
  • 休まずにランニングさせる








進化の記憶が脳をつくってきたのである
  • 手足がスムーズに動かないのも、手足にだけ原因があるのではなく、脳に大部分の原因がある

  • 先天的な病気の場合、脳の発達段階に沿って、刺激(運動)を与えてやる

  • 人間のは・・・・古いは虫類の脳(小脳)から、ほ乳類の脳(大脳)が加わり、さらに人類の脳(大脳皮質)が増えて発達してきた。








刺激のポイントは
・・・・回数×強さ×長さである

  • 脳自体はコンピューターだが、命令させるもの(キーボードに当たる)が無いと動かない。
    その命令を出すものが、五感である。

  • 目鼻口手足を動かすことで(外からの刺激で)、脳のコンピューターが動き、修復し、改善し、発達させることが出来る。

  • 外からの刺激がないとキーボードの無いコンピューターと同じである。

  • 運動させることがすなわちを発達させることになる。

  • 運動の刺激で脳は活性化される。また、脳の刺激で体は正常に動く。このように五感を刺激させることと、脳の活性化とは相互に結びつきループ状になっている。









そこで、
の発達と運動との関係
は以下のようになる
  • 手足をバタバタさせる。
  • うつぶせで、床を腹這いで“ハイハイ”させる
  • 手と足だけで“はいはい”させる
  • 腕でバランスを取りながら歩ける。
  • 上手に歩ける。
  • 走れる。
  • 手先を器用に使う


訓練での働きが変わる
  • 小脳がほとんど無い子供が自由に動けるのは、小脳の機能を大脳が代替しているからで、また、小脳に制約されない動きが出来るので、より高度な動きが出来る。
    「脳が反応しないと生きていけない」

    日本では神戸にある「ジャパン・オフィス」が指導している1999.11.13[12TV]




チェック
関連情報
ダウン症
点頭テンカン
ターナー症候群
アラジール症候群
音楽療法

ターナー症候群」「アラジール症候群」「水頭症」「性腺機能低下症」「医療ミス」「肥満








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬