情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





パキシル






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)









うつ病治療薬
一般名 塩酸パロキセチン水和物→SSRI
商品名: パキシル
作用機序 ★神経終末でのセロトニントランスポーターに選択的に結合し、セロトニンの再取り込みを阻害することでシナプス間隙の濃度を増加させ、うつ病を改善する。
本剤は主にCYP2D6という酵素で代謝される。
・脳の神経細胞から放出された刺激の神経伝達物質であるセロトニンが受容体に取り込まれるのを阻害する。
効能・用途
うつ病(2000年から)、
ウツ状態
パニック障害
強迫性障害(2006年から)
社会不安障害(2009年から)
用法用量 うつ病・うつ状態:1日1回・・・20〜40mg 夕食後
  1回10〜20mgから開始し、1週ごとに10mg/日ずつ増量が原則。
  1日40mgを超えない範囲で増減する。
パニック障害:1日1回・・・30mg 夕食後
  1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量
強迫性障害:1日1回・・・40mg 夕食後
  投与は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量
  1日50mgを超えない範囲で増減。  
5mg 2010年、5mgが発売された。日本独自の製品。効果が出始めた後、段階的に減らすときに使う。






使ってはダメな者
禁忌
本剤過敏症
・MAO阻害剤投与中
・MAO阻害剤投与後2週間以内の者
・チオリダジン(メレリル)投与中
慎重な投与
が必要
躁病の既往歴がある者
テンカンの既往歴ある者
緑内障
抗精神病薬投与中の者
高齢者
出血の危険性を高める薬剤を投与中の者
出血傾向(出血性素因)がある者
相互
作用
・L-トリプトファン含有製剤との併用でセロトニン症候群
・炭酸リチウムとの併用でセロトニン症候群
・コハク酸スマトリプタンとの併用でセロトニン作用が増強。
・フェノチアジン系抗精神病剤との併用で血中濃度が上昇。
・三環系抗うつ剤の作用を増強
・抗不整脈剤の作用を増強
・β遮断剤の作用との併用で重度の血圧低下
・キニジンとの併用で作用増強
・ジゴキシンの作用減弱
・アルコールとの併用を避ける





過量投与の徴候・症状と処置
他の精神病薬との併用に注意

瞳孔散大
発熱
昏睡
心電図異常
特異的な解毒剤は無い。

胃洗浄
活性炭投与





妊婦への影響 安全性未確立→有益時のみ投与
母乳へ移行する・・・やむを得ず投与する場合は授乳中止。






パキシル副作用(五十音順)
  1. あくび
  2. 悪性症候群(Syndrome malin)・・・抗精神病薬との併用で起きる。
    悪性症候群 嚥下困難
    強度の筋強剛
    血圧変動
    発汗
    頻脈
    無動緘黙
    →発熱→中止、体冷却、水分補給処置
  3. 異常出血
  4. 嘔気
  5. 嘔吐
  6. かすみ目
  7. かゆみ
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    γ-GTP上昇
    LDH上昇
    ALP上昇
    総ビリルビン上昇
    ウロビリノーゲン陽性
  8. 肝機能障害(重篤な)
    重篤な肝障害 黄疸
    肝不全
    肝壊死
    肝炎
    →中止・処置
  9. 感情鈍麻
  10. 顔面浮腫
  11. 急性緑内障
  12. 緊張亢進
  13. 傾眠
  14. ケイレン・・・・→減量または中止
  15. 血管浮腫
  16. 血小板減少症
  17. 血清カリウム上昇
  18. 下痢
  19. 倦怠感
  20. 口渇
  21. 高プロラクチン血症
  22. 光線過敏症
  23. 紅斑性発疹
  24. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
    SIADH 主に高齢者に
    低ナトリウム血症
    ケイレン
    →中止
    水分補給
  25. 錯乱・・・・・・・→減量または中止
  26. 紫斑
  27. 視力異常
  28. 消化不良
  29. 食欲不振
  30. 心悸亢進
  31. 神経過敏
  32. 振戦
  33. ジンマシン
  34. 錐体外路障害
  35. 性機能異常
  36. 赤血球減少
  37. 総コレステロール上昇
  38. 総タンパク減少
  39. 躁病反応
  40. 頭痛
  41. セロトニン症候群
    セロトニン症候群 激越
    錯乱
    振戦
    戦慄
    発汗
    幻覚
    反射亢進
    頻脈
    ミオクローヌス
    →中止・処置
  42. 知覚減退
  43. 乳汁漏出
  44. 尿沈渣
  45. 尿タンパク
  46. 尿閉
  47. 排尿困難
  48. 発汗
  49. BUN上昇
  50. 皮下溢血
  51. 疲労感
  52. 頻脈
  53. 腹痛
  54. 不眠
  55. Hb減少
  56. ヘマトクリット値が増加または減少
  57. 便秘
  58. 発疹
  59. ほてり
  60. 無力感
  61. めまい
  62. 離人症



厚生労働省副作用情報
平成18年9/1〜12/31
  • 自然流産1
    攻撃性1
    アカシジア1
    貧血1
    食欲不振2
    不安1
    血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
    徐脈1
    急性心不全1
    悪寒1
    冷汗1
    錯乱状態1
    痙攣2
    チアノーゼ1
    譫妄1
    妄想2
    意識レベルの低下2
    うつ病1
    下痢1
    浮動性めまい2
    薬物過敏症3
    薬剤離脱症候群1
    新生児薬物離脱症候群3
    ジスキネジー1
    排尿困難1
    てんかん3
    多幸気分1
    便失禁1
    新生児哺乳障害1
    胃潰瘍1
    胃腸出血1
    幻覚1
    幻聴
    幻視1
    頭痛1
    多汗症1
    過換気1
    低ナトリウム血症6
    甲状腺機能低下症1
    不眠症1
    間質性肺疾患1
    易刺激性4
    肝障害3
    肝機能検査異常1
    意識消失3
    倦怠感1
    躁病4
    気分変動1
    筋力低下2
    悪心2
    向精神薬悪性症候群3
    末梢性浮腫1
    過量投与1
    錯感覚1
    光線過敏性反応1
    早産児1
    横紋筋融解2
    卵管炎1
    セロトニン症候群8
    傾眠3
    スティーブンス・ジョンソン症候群1
    昏迷1
    自殺念慮3
    自殺企図13
    振戦1
    新生児振戦1
    尿閉2
    嘔吐1
    歩行不能1
    筋骨格硬直1
    抗利尿ホルモン不適合分泌8
    食欲減退1
    勃起不全1
    新生児呼吸障害3
    出血性素因1
    アナフィラキシー様ショック
(平成20年4/1〜9/31)
  • 腹痛
    流産
    稽留流産
    意識変容状態
    怒り
    無尿
    不安
    無感情
    無力症
    心房中隔欠損症
    眼瞼痙攣
    血中クレアチンホスホキナーゼ増加
    徐脈
    乳房硬結
    乳房痛
    心不全
    心肺停止
    着色尿
    凝固時間延長
    自殺既遂
    痙攣
    死亡
    脱水
    下痢
    薬疹
    新生児薬物離脱症候群
    構音障害
    摂食障害
    転倒/転落
    胎児発育遅延
    緑内障
    幻覚
    頭部不快感
    頭痛
    肝不全
    肝機能異常
    劇症肝炎
    多汗症
    感覚鈍麻
    低アルブミン血症
    低ナトリウム血症
    特異体質性アルコール中毒
    間質性肺疾患
    子宮内胎児死亡
    易刺激性
    肝障害
    意識消失
    躁病
    筋固縮
    筋攣縮
    悪心
    新生児仮死
    新生児呼吸抑制
    悪性症候群
    過量投与
    パーキンソニズム
    胎盤機能不全
    血小板数減少
    胎盤早期剥離
    発熱
    腎不全
    急性腎不全
    落ち着きのなさ
    横紋筋融解
    セロトニン
    性機能不全
    ショック
    妊娠週に比して小さい児
    社会逃避行動
    新生児傾眠
    凝視
    自殺念慮
    自殺企図
    口渇
    分娩開始切迫
    新生児一過性頻呼吸
    振戦
    嘔吐
    体重増加
    白血球数減少
    感情的苦悩
    抗利尿ホルモン不適合分泌
    羊水混濁
    顔面痙攣
    股関節形成不全
    自傷行為
    胎動低下
平成20年10月1日〜平成21年2月28日
  • 異常な夢1
    流産2
    切迫流産1
    攻撃性3
    激越1
    無顆粒球症1
    アカシジア1
    無動1
    貧血1
    閉塞隅角緑内障1
    出血時間延長1
    胸部不快感1
    着色尿1
    自殺既遂2
    状態悪化1
    錯乱状態1
    痙攣3
    死亡1
    譫妄2
    妄想2
    意識レベルの低下2
    浮動性めまい2
    薬剤離脱症候群2
    ジスキネジー1
    射精不能1
    てんかん1
    多形紅斑1
    錐体外路障害2
    異常感1
    酩酊感1
    胃出血1
    胃潰瘍1
    緑内障1
    幻覚4
    幻聴2
    頭痛1
    肝機能異常2
    劇症肝炎1
    甲状腺機能亢進症1
    感覚鈍麻1
    低血糖症1
    低カリウム血症1
    軽躁1
    低ナトリウム血症3
    故意の自傷行為1
    肝障害2
    肝機能検査異常2
    言葉もれ1
    躁病4
    記憶障害1
    月経障害1
    悪心5
    悪性症候群1
    悪夢1
    過量投与3
    パーキンソニズム2
    血小板数減少2
    前期破水1
    セロトニン症候群4
    傾眠2
    スティーブンス・ジョンソン症候群1
    自殺念慮1
    自殺企図5
    血小板減少症1
    耳鳴1
    振戦1
    尿閉1
    心室中隔欠損症1
    視力低下1
    嘔吐1
    体重増加1
    妊娠時の薬物曝露2
    抗利尿ホルモン不適合分泌9
    感情不安定1
    書字障害1
    アクティベーション症候群3






警告 海外で実施した7〜18歳の大うつ病性障害患者を対象としたプラセボ対照試験において有効性が確認できなかったとの報告,また,自殺に関するリスクが増加するとの報告もあるので,本剤を18歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。
[禁忌] 「18歳未満の患者(大うつ病性障害患者)」を削除
[効能・効果に関連
する使用上の注意]
抗うつ剤の投与により,18歳未満の患者で,自殺念慮,自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため,抗うつ剤の投与にあたっては,リスクとベネフィットを考慮すること。
[慎重投与] 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者,自殺念慮のある患者
[重要な基本的注意] うつ症状を呈する患者は希死念慮があり,自殺企図のおそれがあるので,このような患者は投与開始早期ならびに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察し,新たな自傷,気分変動,アカシジア/精神運動不穏等の情動不安定の発現,もしくはこれらの症状の増悪が観察された場合には,服薬量を増量せず,徐々に減量し,中止するなど適切な処置を行なうこと。
また,うつ病・うつ状態以外で本剤の適応となる精神疾患においても自殺企図のおそれがあり,さらにうつ病・うつ状態を伴う場合もあるので,このような患者にも注意深く観察しながら投与すること。
自殺目的での過量服用を防ぐため,自殺傾向が認められる患者に処方する場合には,1回分の処方日数を最小限にとどめること。
家族等に自殺念慮や自殺企図のリスク等について十分説明を行い,医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること。
大うつ病エピソードは,双極性障害の初発症状である可能性があり,抗うつ剤単独で治療した場合,躁転や病相の不安定化を招くことが一般的に知られている。従って,双極性障害を適切に鑑別すること。
本剤を投与された婦人が出産した新生児では先天異常のリスクが増加するとの報告があるので,妊婦又は妊娠している可能性のある婦人では,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合以外には投与しないこと。
[妊婦,産婦,授
乳婦等への投与]
妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ本剤の投与を開始すること。また,本剤投与中に妊娠が判明した場合には,投与継続が治療上妥当と判断される場合以外は,投与を中止するか,代替治療を実施すること。外国における疫学調査において,妊娠第1三半期に本剤を投与された婦人が出産した新生児では先天異常,特に心血管系異常(心室又は心房中隔欠損等)のリスクが増加した。このうち1つの調査では一般集団における新生児の心血管系異常の発生率は約1%であるのに対し,パロキセチン曝露時の発生率は約2%と報告されている。 また,妊娠末期に本剤を投与された婦人が出産した新生児において,呼吸抑制,無呼吸,チアノーゼ,多呼吸,てんかん様発作,振戦,筋緊張低下又は亢進,反射亢進,ぴくつき,易刺激性,持続的な泣き,嗜眠,傾眠,発熱,低体温,哺乳障害,嘔吐,低血糖等の症状があらわれたとの報告があり,これらの多くは出産直後又は出産後24時間までに発現していた。なお,これらの症状は,新生児仮死あるいは薬物離脱症状として報告された場合もある。〕
[小児等への投与] 海外で実施された18歳未満の大うつ病性障害等の精神疾患を有する患者を対象とした,本剤を含む複数の抗うつ剤の短期(4〜16週)プラセボ対照臨床試験の検討結果より,抗うつ剤を投与された患者で自殺念慮や自殺企図の発現のリスクが高くなることが報告され,そのリスクは抗うつ剤群で約4%であり,プラセボ群で約2%であった。いずれの試験においても自殺既遂例はなかった。





パキシル
  • 「うつ病の治療薬として広く使われている塩酸パロキセチン水和物(商品名・パキシル)を18歳未満の重症のうつ病患者に投与した場合、自殺の危険性が増すことが2003年10/20」までに判明。厚生労働省は輸入販売元のグラクソスミスクラインに対し、18歳未満の大うつ病性障害患者への投与を禁止するよう添付文書の改訂を指示した。同省は「急に投与を中止すると、めまいや知覚障害などの症状が出る危険性がある。中止する際には徐々に減量してほしい」と強調している。
    同社によると、グラクソ本社が英国で実施した7〜18歳の患者に対する臨床試験では、大うつ病性障害の患者に対しては有効性が確認できず、逆に自殺を考えるようになるなどリスクが2倍以上になったという。






傷害等の他害行為があった副作用報告(厚生労働省
症例 副作用名(PT) 他害行為 併用薬
T-1
20代女性
幻聴
錯乱状態
幻視
ナイフを振りかざす、スタッフにたいする暴言、暴行
T-2
60代女性
錯乱状態 反抗的態度、興奮、噛み付く マレイン酸フルボキサミン、スルピリド、フルニトラゼパム、カリジノゲナーゼ、エチゾラム、テオフィリン、塩酸ラニチジン、アロプリノール、喘息吸入薬
T-3
30代男性
被害妄想
錯乱状態
交通違反にて検挙された際、急に怒り出し拳銃を奪い取ろうとする。父親とけんかし、窓側ラスを割る ロルメタゼパム、ロフラゼブ酸エチル、フルトプラゼパム
T-4
30代女性
激越 電話で主治医を罵り自殺すると言う。母親に対して皆殺しにしてやると言い、刃物で自分や母親を切る。灯油を撒いて火を点ける。襖を破って物を投げる。 マレイン酸レボメプロマジン、バルプロ酸ナトリウム、フルニトラゼパム
T-5
20代男性
躁病 けんか、他人の首を刀で刺し、警察に逮捕された。 リスペリドン
T-6
30代男性
躁病 登校中の女子学生になぐりかかる。 スルピリド、トフィソパム
T-7
60代男性
うつ病 家族にたいし暴力行為 ゾピクロン、エチゾラム、塩酸マプロチリン、炭酸リチウム、クエン酸モサプリド、塩酸クロミプラミン、塩酸ミアンセリン
T-8
60代男性
激越 他患者に対する暴力行為、怒号 アルプラゾラム;ニトラゼパム;センナ・センナ実;炭酸リチウム;アモキサピン;塩酸クロミプラミン;マレイン酸レボメプロマジン
T-9
不明男性
衝動行為 自傷と暴力 ハロペリドール
T-10
30代男性
軽躁
強迫性障害
交通ルールへのこだわりあり、守らない他のドライバーへ暴力を振るう。 スルピリド;カルバマゼピン;塩酸アミトリプチリン
T-11
不明男性
攻撃性 衝動性が増し、傷害事件を2回起こし、2回刑務所に入った
T-12
30代男性
易刺激性 非常にイライラして町で人とぶつかったらケンカしてしまいそうだった、神社の賽銭箱を持って逃走し窃盗容疑にて逮捕される クロナゼパム;ニトラゼパム;フルスルチアミン;スルピリド;グリチルリチン・DL−メチオニン配合剤
T-13
40代男性
攻撃性 患者が妻に金属類でもって頭部を殴打。全治1ヶ月の重症を負わせ、傷害罪で逮捕。 塩酸マプロチリン;ジアゼパム;ドンペリドン;アルプラゾラム
T-14
40代男性
自殺既遂 妻へコップを投げつける
T-15
50代男性
被害妄想 スタッフに対し妄想を抱き、暴力行為
T-16
30代男性
怒り 自傷他害により警察に入る
T-17
30代男性
怒り 自傷他害により警察に入る
T-18
60代女性
躁病 近所の人とケンカ エチゾラム;塩酸ペロスピロン水和物;インスリン
T-19
10代男性
攻撃性
自殺念慮
家庭内暴力、自殺念慮等出現 リスペリドン;クエン酸モサプリド;スルピリド
T-20
70代男性
アクティベーション症候群 妻を刺殺
T-21
不明 不明
易攻撃性
自殺念慮
社会逃避行動
感情的苦悩
幻覚
隣人に暴行して警察沙汰 エチゾラム;塩酸リルマザホン;ロラゼパム
T-22
60代男性
攻撃性 凶暴性が出て警察沙汰
T-23
不明男性
不安
幻覚
幻聴
万引き
本を支払わずに店から持ち出し、警察沙汰になった
T-24
不明男性
攻撃性
気分変化
子供を殴る
T-25
20代男性
窃盗 路上にてキャッシュカード強盗、郵便局で強盗未遂 フルニトラゼパム;フマル酸クエチアピン;リスペリドン;ブロチゾラム;塩酸セルトラリン;エチゾラム
T-26
50代男性
精神運動亢進 車の運転が乱暴になり、1日に2度の接触事故。その後入院するが、入院直後は多弁、易怒性、興奮し暴力を振るうため保護室隔離 炭酸リチウム
傷害等の他害行為につながる可能性があった副作用報告
T-27
80代女性
易刺激性 家族に対し怒りっぽくなる ジアゼパム
T-28
70代女性
躁病 家族に対して易怒性 塩酸ミアンセリン、ニトラゼパム、トリアゾラム、ブロチゾラム、フルニトラゼパム
T-29
60代男性
躁病 他患とのトラブル絶えず隔離 フルニトラゼパム
T-30
30代男性
躁病 他患、スタッフとのトラブル多く当直医対応 クアゼパム、アルプラゾラム、フルニトラゼパム
T-31
40代女性
躁病 攻撃的 マレイン酸フルボキサミン、オランザピン、トリアゾラム、フルニトラゼパム、塩酸クロルプロマジン、ハロペリドール、塩酸ビペリデン、フマル酸エメダスチン、エチゾラム
T-32
20代男性
躁病
不眠症
幻覚
幻想
易怒的 フマル酸クエチアピン、塩酸ビペリデン、クエン酸モサプリド、センノシド
T-33
30代女性
怒り 夫に物を投げつける アトルバスタチンカルシウム;塩酸トリヘキシフェニジル;リスペリドン;マレイン酸レボメプロマジン;ブロマゼパム;ゾテピン;フルニトラゼパム;オランザピン
T-34
60代女性
躁病 家族に対して暴言 塩酸ミアンセリン;スルピリド;フルニトラゼパム
T-35
20代男性
アカシジア
自殺企画
ドアや壁をける ゾピクロン;ロラゼパム;酒石酸ゾルピデム;ブロチゾラム
T-36
70代女性
躁病 易怒性
T-36
70代女性
躁病 娘に対して毎日電話。夫に対して攻撃的。 エスタゾラム;酒石酸ゾルピデム;チアマゾール;スルピリド;バルサルタン;塩酸ベニジピン
T-37
30代男性
不安
攻撃性
衝動行為
車の運転中に攻撃的な感情が出てくる。
攻撃的な感情で子供に対しての怒り方がひどい
アロプリノール;クロキサゾラム;ウルソデスオキシコール酸;マレイン酸フルボキサミン;スルピリド
T-38
30代男性
衝動行為
攻撃性
落ち着きのなさ
すぐにカッとしやすく、けんかしやすくなる マレイン酸フルボキサミン;スルピリド;クロキサゾラム;塩酸クロミプラミン








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬