ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ペリアクチン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





ピペリジン系
一般名 塩酸シプロヘプタジン
商品名 「イフラサール」「サイプロミン」
「シプロアチン」「ペリアクチン



★受容体においてヒスタミン及びセロトニンと拮抗する。
★抗ヒスタミン作用はクロルフェニラミンに匹敵する。
★抗セロトニン作用はLSDに匹敵する。
★抗コリン作用があるので摂食中枢を刺激して体重が増加する。





アレルギー性鼻炎
血管運動性鼻炎。
血管運動性浮腫。
枯草熱
上気道炎によるクシャミ・鼻汁・咳嗽。
ジンマシン
皮膚疾患にともなうカユミ。





気管支喘息の急性発作時。
狭窄性胃潰瘍
新生児
未熟児
本剤に過敏歴ある者。
緑内障
幽門十二指腸閉塞
老齢の衰弱者





眼内圧亢進
気管支喘息(およびその既往歴ある者)。
高血圧症
甲状腺機能亢進症
心血管障害
乳幼児



飲酒により相互に作用が増強する。
抗コリン作動薬との併用で相互に作用が増強する。
中枢神経抑制薬との併用で相互に作用が増強する。
MAO阻害薬との併用で相互に作用が増強する。




妊婦へ
の影響
授乳中止
服薬
指導
眠気→自動車の運転名疎経活血湯を避ける
アルコールの摂取で作用が増強される。





イライラする
悪心
ケイレン
血小板減少
下痢
幻覚
倦怠感
口渇
興奮
錯乱
紫斑
食欲亢進
頭痛
粘膜が乾燥する。
白血球減少
頻尿
腹痛
浮腫
発疹
無顆粒球症





関連情報 薬効分類






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査