狭心症
心筋梗塞症
心臓病
胸痛
心痛
突然死
虚血性心疾患
冠状動脈硬化症



血栓・梗塞の抑制、冠不全の治療薬
一般名 ジピリダモール
商品名 「アジリース」「アジリースD」「アンギナール」「イセファニン」「カルコラ」「カルミオジン」「グリオスチン」「コロナモール」「サンペル」「ジピラモール」「ジピリダモール」「ジピリダン」「シフノス」「シンセロール」「トーモル」「ニチリダモール」「パムゼン」「ピジミドール」「ピリダモチン」「ピロアン」「ファスター」「プロシテル」「ペルサンチン」「ペルサンチン-L」「ヘルスサイド」「ヘルスサイドF」「ペルチスタン」「ヘルツドル」「ペルパリン」「ペルミルチン」「ペンセリン」「ミクロバモール」「メトロポリン」「ヨウリダモール」「リサチリン」「ルーカス」「ルペノール



<1>冠血管拡張作用:
「血液中アデノシンの赤血球、血管壁への取り込みを抑制して、血液中のアデノシン濃度を上昇させて冠血管を拡張する」
<2>抗血小板作用:
「血管壁からのPGI2の放出を促進させ、血小板のTXA2合成を抑制します。その結果、血小板の作用を抑えて血液を凝固させないように作用します」。





1.うっ血性心不全
2.狭心症
3.心筋梗塞
4.ステロイドに抵抗性を示すネフローゼ症候群における尿タンパク減少に。
5.動脈硬化性心疾患
6.慢性虚血性心疾患
7.無症候性心疾患
8.ワルファリンとの併用で心臓弁置換術後の血栓・塞栓の抑制



慎重な投与
が必要
心筋梗塞の急性期の者。
低血圧の者。


手術前には中止する薬剤の1つ
  • 大手術の2日前に休薬する。
  • 半減期2時間
  • 血中ではほとんどアルブミンと結合しており血小板内への取り込みは緩やか
  • 臨床用量では抗血小板作用は無い


妊娠へ
の影響
有益性が危険性を上回るときのみ。









1.嘔吐
2.狭心症状が悪化する。
3.倦怠感
4.下痢
5.口渇
6.食欲不振
7.心悸亢進
8.頭痛
9.熱感
10.のぼせ感
11.吐き気
12.皮下出血
13.便秘
14.発疹
15.めまい






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬