毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

ピーマン



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬





活性酸素
栄養療法
ビタミン




ピーマン
  • 夏が旬の野菜。
    南アマゾン川流域原産のナス科の1年生草本。
    「ピーマン」はフランス語のpimentから。
    英語ではGreen Pepper(緑のトウガラシ)とかSweet Pepper(甘トウガラシ)などと呼ばれる。

選び方
  • ヘタの切り口がみずみずしいピーマンが新鮮。変色したり乾いているものはダメ。さらに、表面にツヤとハリがあって、緑色が濃いものを選びましょう。
  • 苦いピーマンは硝酸態窒素が多いため。


赤ピーマンにがん抑制成分
  • 「2001年、岐阜大学の山内亮教授とカゴメは、赤ピーマンに発ガン抑制作用や抗コレステロール作用のある糖脂質が含まれていることを突き止めた。

    葉緑体などに含まれている糖脂質、ガラクトシルグリセロールなど3種類の成分を新たに発見した。

    糖と脂質が結合した糖脂質は、摂取しなければならない栄養源の1つで、生活習慣病の予防に効果のあるものもある。山内教授らは凍結乾燥後に粉砕した赤ピーマンの中から脂質成分をとりだし、成分を細かく分析できる装置などを使って構造や種類を判定した。

    この結果、
    1. 発ガン抑制作用が期待されるガラクトシルグリセロールのほか、
    2. コレステロール値を抑える作用があるステリルグルコシド、セレブロシド
    が含まれるのが分かった。→活性酸素

受粉しないでもOK
  • 農業・食品産業技術総合研究機構とタキイ種苗はナス科の野菜で成長ホルモンを通常の5倍分泌する遺伝子変異を発見した。
  • この変異が働くようにしたナスとピーマンは、昆虫による受粉をしなくても普通に育った。
  • 受粉作業によるオーキシンの塗布が不要になる。





アナスタシア
  • 赤と緑、濃い紫色をしたピーマンで、ロシアで開発された。
    宇宙船内の生活を充実するために開発された。

デカチャンプ
  • 2009年に発売。ソフトボール大の大きさ。肉厚で苦みが少ない。

苦くない
  • 2010年に。
    ドクダミに入っている「クエルシトリン」が含有していないピーマン
    クエルシトリンとピーマンの香り成分が一緒になることで苦みを感じる。




成分 ピーマン セロリ ブロッコリ アスパラガス ミョウガ
カロリー 21kcal 13kcal 43kcal 20kcal 17kcal
タンパク質 0.9g 0.9g 5.9g 1.9g 1.2g
脂質 0.1g 0.1g 0.1g 0.1g 0.1g
カルシウム 10mg 34mg 49mg 21mg 33mg
0.6mg 0.2mg 1.9mg 0.6mg 0.6mg
ビタミンA 150I 160IU 400IU 190IU 23IU
ビタミンB1 0.04mg 0.03mg 0.12mg 0.13mg 0.07mg
ビタミンB2 0.04mg 0.03mg 0.27mg 0.16mg 0.06mg
ビタミンC 80mg 6mg 160mg 12mg 5mg
ピーマンのビタミンCは熱に強い。
ビタミンE 0.8mg 0.2mg 1.8mg 1.4mg
ナイアシン 0.6mg 0.3mg 1.2mg 1.2mg 0.5mg
カリウム 200mg 360mg 530mg 270mg 270mg
リン 23mg 34mg 120mg 50mg 16mg
コレステロール



チェック
活性酸素」「栄養療法」「ビタミン






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬