ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




PM2.5



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





PM2.5  (微小粒子状物質
微小粒子状物質
  • 「大気中に浮遊する直径2.5マイクロb以下の微小な粒子状物質『PM2.5』の濃度が上昇すると、周辺に住む高齢者(65歳以上)の呼吸器疾患による死亡率が増加することが、2007年6/24に環境省がまとめた調査報告書で明らかになった。
    調査は全国の20地域を対象とし、2002〜2004年のPM2.5の測定値や、人口動態調査に基づく高齢者の死亡率あんどの関連性を調べた。その結果、大気中の濃度が1立方bあたり10マイクロc高まった場合、呼吸器疾患による死亡率が1.1%上昇することが分かった。
    ディーゼル車の排ガスや向上の煤煙に含まれているPM2.5は、粒子の直径が小さいことから肺の奥まで入りやすく、喘息や気管支炎を引き起こす原因とも指摘されている。




(粒子状物質)
  • 2012年、国立環境研究所は、吸い込むとぜんそくの原因になる微小粒子状物質(PM2・5)が夏場に埼玉・群馬両県で環境基準値を上回る原因を突き止めた。
    東京近郊で発生した自動車の排ガスあどの粒子状物質が風で両県に運ばれるだけでなく、ガス状の成分が光化学反応で粒子状物質に変わり、高濃度になっていた。
    研究グループは、2007年夏、大気を集中観測した。
    前橋氏のい側お手一店えは、直径2マイクロb以下の粒子が平均濃度が1立方bあたり25マイクロcで、PM2・5の環境基準チウを上回った。
    発生源は、自動車のディーゼルは排気中の粒子などが約3割だった。
    ガス状の物質が光化学反応などを受けて生じる粒子が約5割を占めていた。







微小粒子物質PM2.5
  • =大気中に浮遊している直径2.5マイクロb以下の微粒子。
    • 髪の毛のサイズ・・・・70マイクロb
    • スギ花粉・・・・・・・・30マイクロb
    • タバコの煙りも・・・・PM2.5以下のサイズ
    肺の奥まで入り、炎症を引き起こし全身に影響を及ぼす。(たばこに似ている)

米国がん協会の調査(2002年)
  • PM2.5の濃度が1立方メートル当たり10マイクロc増えると
    1. 全死亡リスク・・・1.06倍
    2. 肺がん死リスク・・1.14倍

直噴ガソリン車
  • 低燃費のガソリン車として日本や欧州に投入され始めた直青年量を噴射するタイプのガソリン乗用車が排出する微小粒子物質(PM2.5)の数が、従来のガソリン車の10倍以上であることが、国立衛生研究所の調査で分かった。
  • 2012年に日本メーカーから発売された新型エンジンの約4割に採用されている。

1粒単位で分析
  • 2014年、工学院大学の坂本哲夫教授らは、OM2.5を1粒子単位で分析できる顕微鏡を開発した。
  • 粒子径よりも細く絞ったイオンビームを当てる。
  • 研究チームはイオンビームを0.04マイクロbまで細くできる技術を開発した。粒子に当てると表面がどんな成分でできているかが分かる。
  • ビームで粒子を切断すれば、内部の成分も解析可能。




肺ガン・心筋梗塞
  • PM2.5が人体に与える影響について、環境省の有識者検討会は2008年4/3、心筋梗塞などの循環器疾患や肺ガンの死亡率増加などのリスクを認める報告をまとめた。
    PM2.5は大気汚染を引き起こす浮遊粒子状物質(SPM)の一種で、直径2.5マイクロb以下の微小粒子
い発がん性・・・WHOの専門組織
  • 2013年、国際がん研究機構(IARC)は10/17、微小粒子物質「PM2.5」など大気汚染物質による発がんリスクを5段階の危険度のうち細胞レベルに分類した。
  • IARCは「肺がんを引き起こす十分な証拠がある」と語る。




関連情報 肺ガン

DEP






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬