ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ピロロキノリンキノン
(PQQ)




HOME TOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



関連情報 ビタミン
ビタミン様物質
栄養素



PQQ ピロロキノリンキノン
14番目のビタミン
  • 緑茶納豆に微量含まれている『ピロロキノリンキノン(PQQ)』と呼ぶ物質が、生体機能の維持に不可欠なビタミンの一種として作用していることを、理化学研究所の研究員らがマウス実験で確認した。人体への影響など国際的な検証作業で機能が認められれば、ほぼ半世紀ぶりにビタミン発見となる。
    研究成果は2003年、4/24のネイチャーに掲載。

  • PQQはマウス体内で不足すると、
    • 繁殖能力が衰え
    • 毛が抜けやすくなる
    などの影響が出ることが知られていたが、詳しいことは分かっていなかった。
  • 理研はPQQがマウス体内で特定の酵素の分解を助けている作用を解明し、ビタミンとして作用する物質であることを突き止めた。
    ビタミンとして正式に認められるには、人体内でPQQが不足した場合にどのような影響が出るのか明らかにする必要がある。

  • ビタミンは物質の代謝など生命活動に必須な栄養素 で、人間などは体内で必要な量を作ることができないため、食物から摂取しなければならない。

  • 最初のビタミンは、1910年に鈴木梅太郎博士が発見した「ビタミンB1」で、現在まで13種類のビタミンが知られている。最後に発見されたビタミンB12は1948年だった。

  • 「ビタミンは人間が生きていく上でなくてなならない大切な栄養素 だ。理化学研究所の特別研究員、笠原和起(たかおき)(30)は緑茶納豆に含まれるピロロキノリンキノンという物質にビタミの働きがあることを発見、ネイチャーに発表して注目された。
    躁鬱病の原因解明に取り組んでいた笠原氏にとって、ビタミンの発見は偶然の産物だった。
    ビタミンB類などの水溶性のビタミンはアミノ酸などの分解に関係する酵素の働きを助ける。笠原研究員は、ピロロキノリンキノンが必須アミノ酸のリジンの分解をする酵素の働きを助けていることを確かめ、ビタミンの可能性が高いとした。






脳機能改善
2008年9/8、
三菱ガス化学はFDAからPQQ(ピロロキノリンキノン)が健康食品素材として承認されたと発表。


脳機能改善に効果があるとされる。三菱ガス化学は微生物を使って生産。
  • PQQ
     パセリ
     ピーマン
    脳の神経細胞の損傷防止や回復促進などの働きがある。
    イチョウ葉エキス
    も脳機能維持などの効果があるとされるが、神経細胞の損傷を回復させる効果は無かった。
    DHA



チェック
ビタミン様物質」「ビタミンA」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12ビタミンCビタミンD」「ビタミンE」「ビタミンP」「ビタミンK」「ナイアシン」「カロチン」「常時疲労症候群」「栄養失調」「酵素










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬