ステロイド
副腎皮質ホルモン
「ステロイドホルモン




副腎皮質ホルモン
一般名 プレドニゾロン(ステロイド剤)
prednisolone (PSL)





→「副腎皮質ホルモン





過敏症の既往歴がある者





1.ウイルス性結膜・角膜疾患への眼科的投与。
2.滑液嚢内・腱鞘内・腱周囲への使用(要注意)
3.肝硬変
4.感染症
5.感染症がある関節腔内への使用(要注意)
6.急性化膿性疾患の眼科的投与。
7.結核性疾患にはより慎重に。
8.結核性疾患の眼科的投与。
9.血栓症の患者にはより慎重に。
10.高血圧の患者にはより慎重に。
11.甲状腺機能低下症
12.後嚢白内障の患者にはより慎重に。
13.骨多孔症。
14.脂肪肝の患者
15.脂肪塞栓症。。
16.重症筋無力症。
17.消化性潰瘍の患者にはより慎重に。
18.腎不全の者。
19.真菌性疾患の眼科的投与。
20.精神病患者にはより慎重に。
21.全身真菌症の患者にはより慎重に。
22.単純疱疹性角膜炎の患者にはより慎重に。
23.電解質異常がある患者にはより慎重に。
24.糖尿病
25.動揺関節の関節腔内への使用(要注意)
26.内臓手術創(新しい創傷がある)患者にはより慎重に。
27.有効な抗菌剤のない感染症患者にはより慎重に。
28.緑内障の患者にはより慎重に。





併用すると作用が増減する場合
1.経口血糖降下薬と併用で作用減弱。
2.抗凝集素と併用で作用減弱。
3.サリチル酸誘導体との併用時にプレドニンの減量で血中サリチル酸濃度が増加する。
4.シクロスポリンの血中濃度が上昇(大量投与の場合)。
5.チアジド系利尿薬の併用で低カリウム血症を起こす。
6.バルビツレートとの併用で作用が減弱。
7.フェニトインとの併用で作用が減弱。
8.フロセミドとの併用で低カリウム血症を起こす。
9.ワクチン接種で神経障害・抗体反応の欠如が起きる(本剤投与中)。




妊婦へ
の影響
授乳を避ける。
妊婦への安全性は確立されていない。
大量・長期・広範囲の投与は避ける。
小児へ
の影響
筋注・皮内注で投与部位が萎縮・陥没する。
頭蓋内圧が亢進(長期投与で)。
発育を抑制する





副作用(五十音順)
  1. ・アナフィラキシー様反応が出る(→中止する)。
  2. ウツ状態
  3. ・胃痛。
  4. ・嘔吐。
  5. ・かゆみ。
  6. ・眼圧亢進(連用で起きる)。
  7. ・眼球突出。
  8. ・関節痛。
  9. ・関節腔内投与で関節が不安定化(→中止する)。
  10. ・関節腔内投与で疼痛・腫脹・圧痛が増悪する。
  11. 感染症を誘発・増悪する
  12. ・顔面紅斑。
  13. ・筋肉痛。
  14. ・筋肉内投与で組織が萎縮して陥没する。
  15. ・ケイレン。
  16. ・血圧上昇。
  17. 血栓症。・・・中止
  18. ・月経異常。
  19. ・下痢。
    消化器症状 下痢
    悪心
    嘔吐
    胸やけ
    腹部膨満感
    口渇
    食欲不振
    食欲亢進
  20. ・口渇。
  21. 骨粗鬆症
  22. ・骨多孔症。
  23. 硬膜外脂肪腫
  24. ・後嚢白内障。
  25. ・色素沈着。
  26. ・紫斑。
  27. ・脂肪肝。
  28. ・脂肪識炎。
  29. 消化性潰瘍
  30. 消化管穿孔
  31. 消化管出血
  32. 上腕骨の骨頭無菌性壊死
  33. ・食欲亢進。
  34. ・心筋梗塞
  35. ・ステロイド腎症。
  36. ・精子の数・運動性が増減。
  37. ・線状溢血。
  38. ・創傷治癒を障害する。
  39. ・膵炎。
  40. ・頭痛。
  41. 精神変調
  42. ・続発性副腎皮質機能不全。
  43. ・体重増加。
  44. 大腿骨の骨頭無菌性壊死
  45. ・多幸症。
  46. ・多発性後極部網膜色素上皮症
  47. ・多毛。
  48. ・脱毛。
  49. ・窒素負平衡。
  50. ・中心性漿液性網膜絡膜症による網膜障害。・・・網膜剥離
  51. ・低カリウム性アルカローシス。
  52. 糖尿病
  53. ・動脈瘤
  54. ・にきび。
  55. ・脳梗塞
  56. ・吐き気。
  57. 発汗異常
  58. ・発熱。
  59. ・白血球増多。
  60. ・皮下溢血。
  61. ・皮内投与で組織が萎縮して陥没する。
  62. ・皮膚が非薄化・脆弱化。
  63. ・疲労感。
  64. ・腹部膨満感。
  65. ・浮腫。
  66. ・不眠。
  67. ミオパチー
  68. ・ムーンフェイス(満月様顔貌)
  69. ・胸やけ。
  70. ・めまい。
    精神神経 多幸症
    頭痛
    めまい
    不眠
  71. ・野牛肩。
  72. 緑内障




副作用情報  厚生労働省
平成18年9月1日から
平成18年12月31

  • アスペルギルス症1
    脳膿瘍
    白内障1
    胆管炎1
    糖尿病1
    インスリン依存性糖尿病1
    糖尿病性ニューロパシー1
    播種性結核1
    薬物過敏症1
    ヘルペス脳炎1
    ウイルス性脳炎1
    ガス壊疽1
    穿孔性胃潰瘍2
    消化器カンジダ症3
    胃腸出血1
    消化管壊死2
    緑内障2
    肝機能異常1
    帯状疱疹4
    高血圧1
    高血圧性脳症1
    低ナトリウム血症1
    間質性肺疾患1
    大腸穿孔1
    肝障害1
    肥満1
    骨壊死5
    骨粗鬆症1
    急性膵炎1
    肺炎3
    大腸菌性肺炎1
    進行性多巣性白質脳症1
    前立腺膿瘍1
    偽膜性大腸炎1
    肺結核1
    逆流性食道炎2
    敗血症2
    脊椎圧迫骨折1
    皮下組織膿瘍1
    結核1
    胸腔内リンパ節結核1
    上部消化管出血1
    サイトメガロウイルス性脈絡網膜炎1
    細菌性関節炎1
    ブドウ球菌性敗血症1
    腸壁気腫症1
    感染性動脈瘤1
    ブドウ球菌感染2
    感染性腸炎1
    腹部膿瘍1
    細菌性肺炎1
    精神病性障害2
    高脂血症1
    感染性脊椎炎1
    網脈絡膜症1
    可逆性後白質脳症症候群1
    ニューモシスティスジロヴェシ肺炎1
    医療用具関連感染1
    形質芽球性リンパ腫1
    壊死性ヘルペス性網膜症






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬