ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ラクトフェリン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





糖タンパク質
アレルギー
花粉症
C型肝炎
腸管免疫
腸内細菌
乳酸菌
牛乳
広告




ラクトフェリン(LF)
ラクトフェリンは鉄と結合しやすい糖タンパク質
  • 「ラクト」=ミルク、
    「フェリン」=鉄を運ぶもの。
    • ヒトのラクトフェリン
      初乳 5000〜10000mg/l
      母乳 2000〜4000mg/l
      涙液 700〜2200mg/l
      精液 500〜1000mg/l

  • 哺乳動物の乳・涙・唾液・胆汁などの分泌物中に存在する。
  • 分子量約8万の鉄結合性糖タンパク質です。
    ラクトフェリンは母乳中のたくぱく質の約10%〜30%を占めています。


  • 乳汁より分離されたラクトフェリンはサーモンピンク色した、無味無臭のたんぱく質です

  • 熱に弱く、市販の加熱処理された牛乳には、ほとんど含まれていません。



ラクトフェリンが抗微生物活性を示す病原体
in vitro)
  1. 細菌: 大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、ピロリ菌その他多数
  2. 真菌: カンジタ、白癬菌(水虫菌)
  3. ウイルス: エイズウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルス、C型肝炎ウイルス
  4. 原虫: トキソプラズマ




消化吸収 

  • 経口投与→小腸の上皮細胞から吸収→血液中へ
  • 消化酵素に比較的耐性があり、分解されにくい。
  • また、消化酵素で分解されたラクトフェリンは大きな断片に分解される→分解された断片から『ラクトフェリシン』(抗菌作用が強い)を生成。


出産後初めて出る“初乳”に多く含まれる生理活性物質です。
  • 初乳に感染防ぐ物質
    「人間や牛が出産後に最初に出す初乳に多く含まれるラクトフェリンというタンパク質に、C型肝炎ウイルス(HCV)が肝臓細胞に感染するのを防ぐ働きのあることが、国立がん研究所の池田正徳博士らと横浜市立大医学部の共同研究で分かった。





ラクトフェリンの生理作用
  • 抗微生物活性作用
  • 免疫調節作用
  • 抗酸化活性作用
  • 鉄吸収調節作用
  • 細胞増殖調節作用
  • 感染防御作用(経口摂取)
  • 発ガン抑制作用(経口摂取)


  • パイエル板の上皮細胞を刺激して腸内のIgAを増加させ、アレルゲンの侵入を防ぐ


  • 腸管免疫
    • 悪玉菌の生育に必要な鉄を奪うので、悪玉菌は増えにくい。
    • 乳酸菌などの善玉菌は鉄分をあまり要求しない。
    • 病原菌や寄生虫に感染した動物にラクトフェリンを食べさせた実験では、菌数減少や生存率が高くなる効果が報告されています。
    • 最近の研究では、ラクトフェリンの発ガン予防効果を示した動物実験の結果も報告されています。この実験では、ラットに発ガン物質を与えると約6割のラットに大腸ガンが発生しましたが、ラクトフェリンを混ぜた飼料を与えると大腸ガンの発生率が半分以下に減少したと報告されています。
    • この結果の原因の一つとして、ラクトフェリンを与えることによってガン細胞を攻撃する白血球の活性が高くなることが示唆されています。
      ヒトにおけるラクトフェリン摂取の研究に関しては、乳児(未熟児)における腸内フローラに対する影響について報告されています。大人においても、足白癬(水虫)の皮膚症状やC型慢性肝炎の肝機能に対する改善効果を示唆する臨床研究が報告されています









東海大学医学部の古賀泰祐教授が、母乳に含まれる糖タンパク質が、胃炎の原因になるヘリコバクター・ピロリ菌の働きを阻害することを発見した。
マウスを使った動物実験で確認した。
効果を確認した糖タンパク質は母乳中にわずかにある「ラクトフェリン」という物質。
出産後1週間程度の初乳に多く含まれ、免疫力を高める効果があると言われている。
古賀教授は新しい機能を探るためにピロリ菌に対する効果を調べた。実験では、ピロリ菌に感染して7週間たったマウスに、牛乳から取ったラクトフェリンを10mg飲ませた。
その結果、ラクトフェリンを飲まなかったマウスは胃の中に長さ6.9mmの炎症が出来たのに対し、飲んだマウスは炎症の長さが1.9mmと軽かった。又、胃の中のピロリ菌の数も、飲んだマウスの方が1/10〜1/100少なかった。
ラクトフェリンがピロリ菌を包み込む。



ラクトフェリンは変異したC型肝炎 にも効果を発揮します。
C型肝炎 は変異しやすく、ワクチンの作製が困難だが、ラクトフェリンはC型肝炎ウイルスに付着して感染を阻止する。
ラクトフェリン600〜1200mg程度が摂取の目安です。


トマトで生成実証
「アレルゲンフリー・テクノロジー研究所(AFT研究所)と農水省生物資源研究所は、母乳に含まれるタンパク質であるラクトフェリンを作る遺伝子組み換えトマトを開発した。
ラクトフェリンは免疫を高めたり、感染を防ぐ機能やビフィズス菌を増殖したり、鉄分を増やす作用がある。

AFT研究所と生物資源研は人の乳腺のラクトフェリンをつくる遺伝子を農水省のトマト品種「秋玉」に組み込んだ。育てたトマトの果実・葉・根のラクトフェリンが作られており、果実では重量100g当たり2.5〜3.3mg含まれていた。」






関連情報 糖タンパク質」「アレルギー」「花粉症」「C型肝炎」「腸管免疫」「乳酸菌」「牛乳」「






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査