ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



レミケード



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





抗リウマチ剤 広告




抗リウマチ薬
一般名 インフリキシマブ
商品名 「レミケード」
作用
機序
TNF-α
免疫細胞が分泌するタンパク質で、細菌などに対する防御反応を担っている。

クローン病や関節リウマチといった自己免疫疾患はTNFαが過剰になり、炎症を引き起こす。
これを抑えるのが「抗TNFα薬」。

抗TNFα薬には、[エンブレル][レミケード][ヒュミラ][シムジア]などがある。
効能
・用途
既存治療で効果が不十分な以下の疾患
  • 関節リウマチ
  • クローン病
  • ベーチェット病における難治性網膜ブドウ膜炎
用法
用量
(関節リウマチ)
3mg/kgを点滴静注、 
初回投与後、2週、6週に投与し、以後8週間の間隔で投与する。

・6週間の投与からは、効果不十分・効果減弱の場合は、増量や投与間隔短縮が可能(段階的に行う)

・1回の投与量の上限は
  • 8週間隔・10mg/kg
  • 間隔短縮時:6mg/kg
  • 最短の投与間隔:4週間

・メトトレキサート製剤による治療に併用して用いる




  1. 重篤な感染症
  2. 活動性結核
  3. 本剤に過敏歴ある者
  4. 脱随疾患
  5. うっ血性心不全



(警告)
  1. 結核、敗血症を含む重篤な感染症および脱随疾患の悪化などが現れることがあり、本剤との関連性は不明だが、悪性腫瘍の発現も報告されている。
    • 本剤が疾病を完治させる薬剤ではないことも含め、これらの情報を患者に十分説明し、患者が理解したことを確認した上で、治療上の有効性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与。
    • 重篤な副作用により、致命的な経過をたどることがあるので、緊急時に十分に措置できる医療施設および医師のもとで投与し、投与後に副作用が発現したときは主治医に連絡するよう患者に注意を与えること。
  2. 感染症
    1. 重篤な感染症
    2. 結核
  3. 本剤投与に関連する反応
    1. infusion reaction
    2. 遅発性過敏症
  4. 脱随疾患
  5. 関節リウマチ・・・本剤の治療を行う前に、NSAIDsおよび他の抗リウマチ薬を使用を勘案する。
  6. ベーチェット病




レミケード重大な副作用
肝機能障害・・・・→異常で中止し処置する


間質性肺炎

真菌感染症などの日和見感染症・・・→中止/処置

結核

抗dsDNA抗体の陽性化を伴うループス様症候群・・・→中止 

関節痛 

筋肉痛 

皮疹 

重篤なinfusion reaction・・・→中止/処置 

アナフィラキシー様症状
  1. 呼吸困難
  2. 気管支ケイレン
  3. 血圧上昇
  4. 血管浮腫
  5. チアノーゼ
  6. 低酸素症
  7. 発熱
  8. ジンマシン
  • ショック
  • 投与の際はinfusion reactionの発現に備えて適切な薬剤(アドレナリン、副腎皮質ホルモン、抗ヒスタミン剤など)治療や緊急処置ができる体制のもとで開始し、投与後も十分な観察を行う。

遅発性過敏症(3日以上経過後)
  • 発疹
  • 発熱
  • 聶y
  • 浮腫(手/顔面)
  • ジンマシン
  • 頭痛

肺炎・・・→中止/処置

敗血症・・・→中止/処置


その他の副作用
  1. アミラーゼ異常
  2. アルブミン減少
  3. 異常感覚
  4. 咽喉頭炎
  5. 咽喉絞扼感
  6. ウイルス感染
  7. うつ病
  8. 運動過多
  9. ALP上昇
  10. LDH上昇
  11. 嚥下障害
  12. 横断性脊髄炎
  13. γ−GTP上昇
  14. 咳嗽
  15. 回転性めまい
  16. カリウム減少
  17. カリウム増加
  18. 感覚鈍麻
  19. 感情不安定
  20. 肝炎
  21. 肝腫大
  22. 肝細胞障害
  23. 間質性肺線維症
  24. 間質性肺臓炎
  25. 関節炎
  26. 関節腫痛
  27. 関節痛
  28. 乾癬
  29. KL-6増加
  30. 気管支炎
  31. 気管支ケイレン
  32. 気道感染
  33. 逆流性食道炎
  34. 嗅覚倒錯
  35. 胸水
  36. 胸部X線異常(CT異常)
  37. 胸膜炎
  38. ギランバレー症候群
  39. 協調運動異常
  40. 狭心症
  41. 筋痛
  42. 筋骨格硬直
  43. 筋力低下
  44. クレアチニン増加
  45. クリプトコッカス症
  46. 憩室炎
  47. 傾眠(ねむけ)
  48. 血管性皮疹
  49. 血小板数増加
  50. 血小板減少症
  51. 血腫
  52. 血栓性血小板減少性紫斑病
  53. 血尿(尿潜血)
  54. 血沈亢進
  55. 血圧上昇
  56. 血圧低下
  57. 高血圧
  58. 高血糖
  59. 高コレステロール血症
  60. 高ビリルビン血症
  61. 好酸球増加症
  62. 好酸球数減少
  63. 好中球増加症
  64. 後骨髄球数増加
  65. 抗DNA抗体陽性
  66. 抗カルジオリピン抗体陽性
  67. 抗核抗体陽性
  68. 抗利尿ホルモン不適合分泌
  69. 紅斑
  70. 呼吸困難
  71. 錯乱
  72. Cl減少
  73. CK増加
  74. CRP増加
  75. GOT上昇
  76. GPT上昇
  77. 痔核
  78. 脂肪肝
  79. 湿疹
  80. ジスキネジー
  81. 失神
  82. 小水疱性皮疹
  83. 徐脈
  84. 神経過敏
  85. 神経痛
  86. 腎盂腎炎
  87. 振戦
  88. 心室性期外収縮
  89. 心不全
  90. 心拍数増加
  91. ジンマシン
  92. 頭痛
  93. 脊髄数増加
  94. 赤血球異常
  95. 喘息
  96. 総タンパク増加
  97. 蒼白
  98. 唾液腺炎
  99. 体位性めまい
  100. 多汗症
  101. 多幸気分
  102. 多発性神経障害
  103. 多毛症
  104. 単球数減少症
  105. 単球増加症
  106. 胆嚢炎
  107. 知覚過敏
  108. 中枢神経の脱随疾患
    • 「多発性硬化症」
    • 「視神経炎」
  109. 潮紅
  110. 爪周囲炎
  111. 腸管穿孔
  112. 腸閉塞
  113. 低カリウム血症
  114. 低血圧
  115. 鉄欠乏性貧血
  116. てんかん発作
  117. 動悸
  118. 糖尿病
  119. 頭部不快感
  120. 特発性血小板減少性紫斑病
  121. Na減少
  122. ニューロパシー
  123. 尿酸増加
  124. 尿中ウロビリン陽性
  125. 尿中ブドウ糖陽性
  126. 尿中タンパク陽性
  127. 尿中白血球陽性
  128. 尿沈渣
  129. 尿路感染
  130. 脳梗塞
  131. 膿疱性皮疹
  132. 膿瘍
  133. 排尿困難
  134. 発声障害
  135. 白血球増加症
  136. 白癬
  137. 汎血球減少症
  138. 斑状出血
  139. 斑状皮疹
  140. 斑状丘診状皮疹
  141. PaO2低下
  142. BUN増加
  143. 鼻炎
  144. 鼻血
  145. 脾腫
  146. 皮膚炎
  147. 皮膚乾燥
  148. 皮膚真菌感染
  149. 皮膚小結節
  150. 皮膚変色
  151. 皮膚脱落
  152. 皮膚裂傷
  153. 頻尿
  154. 頻脈
  155. 不安
  156. 不整脈
  157. 不眠症
  158. 浮動性めまい
  159. 不随筋収縮
  160. 片頭痛
  161. 扁桃炎
  162. 蜂巣炎
  163. 膀胱炎
  164. ほてり
  165. 末梢性虚血
  166. 味覚異常
  167. 耳感染(外耳炎/中耳炎/迷路炎)
  168. 耳不快感
  169. 耳なり
  170. 免疫グロブリン増加
  171. 毛包炎
  172. 溶血性貧血
  173. リンパ球形成異常(異形リンパ球)
  174. リンパ球増加症
  175. リンパ節炎
  176. リンパ腺炎




ベーチェット病における難治性網膜ブドウ膜炎
全例調査終了
  • 2010年8月、市販後全例調査を終了したと田辺三菱製薬が発表。安全性については464症例、有効性については133症例で調査。


レミケードが有効かどうかを予測できるバイオマーカー
  • DNAチップ研究所の「リウマテェック」は1回の採決でRNA(リボ核酸)を抽出、遺伝子発現パターンを解析してレミケードが有効か無効かを判定できる。



















関連情報 抗リウマチ剤






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査