情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



連翹




ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






連翹   FORSYTHIAE FRUCTUS

中国原産、落葉低木。
<1>モクセイ科(Oleaceae)レンギョウForsythia suspensa Vahl.の成熟果実。
<2>シナレンギョウ F.viridissima Lindl.
<3>チョウセンレンギョウ F.koreana Nakai
「小連翹」=オトギリソウの全草。 
★「連翹」=レンギョウの根《傷寒論》
★「連翹心」=レンギョウの種子。(→「連翹心」)
★連翹の茎・葉:“心肺の積熱を治す
《本草綱目》

味は苦、性は平、無毒

心・胆経

清熱解毒薬


連翹苦寒消癰毒 気聚血凝血熱属”
連翹、寒苦。能く癰毒を消し、気の聚り、血の凝り、湿熱を逐うに堪えたり
《万病回春》









◎清熱解毒、結を散す。
       <1>瘰癧
       <2>癰腫
       <3>悪瘡
       <4>結熱
       <5>虫毒
       <6>膿を出させる。
       <7>痛みを止める。
       <8>五淋
       <9>小便不通
       <10>心の客熱を治す。
◎心の客熱を治す。「煮て湯を飲む。」
◎小腸を通させる。「水煎服」
◎乳児の吐乳に著効:嘔吐に著効がある
《香月牛山》
  
<1>二陳湯L連翹《香月牛山》
  
<2>小半夏加茯苓湯L連翹《有持桂理》

oleanolic acid
betulinic acid
ursolic acid
arctigenin
rutin

 
(+)-pinoresinol:CAMPのphosphodiesterase阻害活性がある

心を去る《万病回春》



<1>抗菌作用
<2>強心利尿作用





連翹心(れんぎょうしん)
【基原】モクセイ科レンギョウの種子
【性味】味は苦、性は寒。
【効能・効果】
     ◎熱性疾患による意識障害
     ◎譫語
【薬理作用】
     中枢神経興奮作用
     健胃鎮ヲ作用
【配合処方】
     清宮湯




連翹の薬能
《神農本草経》
  • 寒熱、鼠瘻、瘰癧、癰腫、悪瘡、A瘤、結熱を主る

《薬性提要》
  • 連翹:諸経の血気凝滞を散じ、湿熱を瀉し、腫を消し、膿を排す

《王好古》
  • 手足の升陽の薬である。瘡瘍、A瘤、結核を治するに神效があって、柴胡の功力と同様だが、ただ気に対すると血に対するのとの相違点で区別する

《古方薬品考》
  • 連翹:熱気を下し、陰精を益し、目を明らかにする

《古方薬議》
  • 連翹:結熱を散ず。その功柴胡と相似するも軽宣散結の力は則ち優る

《中薬大辞典》
  • 清熱し、解毒し、散結し、消腫する
    温熱、丹毒、斑疹、癰瘍腫毒、瘰癧、小便淋閉を治す





薬対 『連翹+金銀花』
『連翹+薄荷』
『連翹+板蘭根』
『連翹+野菊花』
漢方薬  牛蒡解肌湯
保和丸








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬