情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



レタス






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










Lettuce
=夏が旬の野菜。ヨーロッパ中南部、西アジア、北アフリカ原産。キク科の越年生草本。
日本では結球するクリスプ型をレタス、結球しないバター型をサラダ菜と呼ぶ。結球タイプは16世紀にヨーロッパで改良された。
「頭の疲れを癒す野菜」
「鎮静効果がある野菜」
「恋の炎を鎮める野菜」

Lactuca sativa L.
ラテン語で「乳」の意味で、レタスの茎を切ると白い乳液を出すことから。

ラクッコピコリン・・・・
  • 白い乳液の成分。
  • 精神安定作用と安眠作用

ビタミンA
ビタミンB1、B2
ビタミンC
ビタミンE
ナトリウム
カリウム
リン
マグネシウム・・・
  • 筋肉組織、脳、神経組織の新陳代謝を活性化。
  • 入眠作用





母乳の分泌不良・・・味噌汁にして食べる
口内炎・・・・黒焼き末を塗る
便秘・・・
  • レタス300g、水600ccを半量にまで煎じ、温服。

むくみ・・・
  • レタス300g、水600ccを半量にまで煎じ、温服。

不眠症・・・
  • ニンジン2本、リンゴ1個、レタス100gをジュースにする。
50℃
で洗う
買ってきたら、半分に割って、50℃で1分洗う。
水気をよく去って、冷蔵庫で3〜4日保存できる。








アレルギー抑制物質
  • 京都大学の淀井淳司教授と奈良先端科学技術大学院大学の横田明穂教授らは2008年4/28、レタスの葉を使って、炎症やアレルギーを抑える作用を持つ『ヒトチオレドキシン1』というタンパク質を効率的に生産することに成功したと発表。
    レタスの葉緑体にヒトチオレドキシン1の遺伝子を導入した。光合成をする際にこのタンパク質も一緒に作れる。
    大腸菌を使って作る方法もあるが、毒素が混じる危険性があった。レタスの葉緑体を利用すると毒素が混じりにくい
    ヒトチオレドキシン1は抗酸化作用や活性酸素を取り除いたり、炎症を抑えたりする作用が知られている。現在はアレルギー薬や肺炎・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎などへの応用を目指している。
    このタンパク質の仲間はほとんどすべての生物が体内で作っている。京大と黄桜、レドックス・バイオサイエンスは従来より多くのチオレドキシンを作れる酵母をつかった醸造技術を開発した。

低カリウムのレタス
  • 会津富士加工のの植物工場で作るのはカリウムの含有量が少ないレタス。
    排尿でカリウムを体外へ出せない腎臓病患者は野菜や果物の摂取を制限されることがある。
    100cあたり平均69_cのカリウム量はと普通のレタスの9割減。






デジタブル digitable
  • デジタル技術を活用して生産加工された食物の総称。
  • 2005年、TSファーム白河(福島県表郷村)は外界から完全に遮断された密室で、外部からの雑菌の侵入を防ぎ、土の代わりに養液を使って栽培する。
  • TSはトライアングル・スプレーの略。斜めに立てかけてV字型に組み込んだパネル表面に多数の穴がありレタスやサラダ菜の苗が1株づつ差し込まれ、裏側に根が垂れ下がっている。パネルの下には360度回転するスプレーがあり、根に定期的に養液を吹き掛ける。
  • 密室菜園には窓もなく、自然の太陽光は入らない。太陽光の代わりに高速道路で利用されている高圧ナトリウムランプの黄色い光が使われる。ランプは旧日本電池)(ジーエス・ユアサライティング)が開発した。
    システムはキューピーが持つ栽培ノウハウを数値化し、各センサーやランプ、空調機器などを接続して構築した。
    ファーム自体の外販もしている。
    農薬を一切使わず、野菜を特殊フィルムの袋に包んで出荷しているので、“開封後に水道水で洗わなくてもそのまま食べられる”しかも年に12毛作で収穫までの日数は32日間と露地物の1/3。

マイクロ波
  • 2016年、マイクロ波を、芽が出た直後の植物に少量、数十分当てると、成長が早まることを、上智大学の堀越智准教授と鈴木伸洋助教らが明らかにした。









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬