ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



リスパダール



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





非定型精神病薬
一般名 リスペリドン
商品名 「リスパダール」
作用
機序
・ドパミンD2-受容体拮抗作用
・セロトニン5-HT2受容体拮抗作用
効能

用途
統合失調症
用法
用量
1回1mg、1日2回。徐々に増量(1日12mgまで)
維持量・・・1日2〜6mg。原則として分2。

1日量・・・12mgは超えない

2009年、リスパダール・コンスタ筋注用が承認された。2週間に1回の注射ですむ。




エピネフリン投与中
・本剤に過敏の者。
・昏睡状態の者(悪化の恐れ)
・中枢神経抑制薬(バルビツール酸誘導体など)の強い影響下にある者








栄養不良(悪性症候群の恐れ)
・肝障害(悪化の恐れ)
・ケイレン性疾患の既往歴(ケイレン閾値が低下)
・高齢者
・自殺の既往歴・自殺を念慮する者。
・小児
・腎障害
・心・血管疾患(一過性の血圧降下)
・脱水(悪性症候群の恐れ)
・低血圧(一過性の血圧降下)
・糖尿病の既往歴(血糖値が上昇)
・パーキンソン病
・薬物過敏症



併用禁忌 エピネフリン CYP2D6で代謝されるため。
α遮断作用により、β刺激作用が優位となるため。

エピネフリンの作用が逆転→血圧降下
・アルコール(相互に作用が増強)
・カルバマゼピン(代謝酵素CYP2D6を誘導し、活性代謝物の血中濃度が低下
降圧剤(降圧作用を増強)
・中枢神経抑制薬
・ドパミン作動薬(相互に作用減弱)



高齢者 低用量から開始する。
妊産婦 ・授乳中止
服薬指導 ・初期にα交感神経ブロック作用から起立性低血圧が起きることがある。
・眠気・注意力低下→自動車の運転などを避ける。





リスパダール副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群




    嚥下困難
    強度の筋強剛
    血圧の変動
    発汗
    無動緘黙
    →発熱 →中止。
    体冷却、水分補給
  2. ・黄疸
  3. 横紋筋融解症





    筋肉痛
    CK上昇
    脱力感
    血中・尿中ミオグロビン上昇
    →中止。
    急性腎不全に注意
  4. 肝機能障害
    肝機能 GOT上昇
    GPT上昇
    γGTP上昇
    →中止・処置
  5. ・起立性低血圧
  6. ・緊張
  7. ・クレアチニン上昇→処置
  8. ・ケイレン発作
  9. ・血圧低下
  10. ・血小板減少
  11. ・月経異常
  12. ・幻覚
  13. ・倦怠感
  14. ・高血圧
  15. ・高血糖
  16. ・高プロラクチン血症
  17. ・口渇
  18. ・興奮
  19. ・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
  20. ・CK上昇
  21. ・自殺企画
  22. ・しびれ感
  23. ・射精障害
  24. ・女性型乳房
  25. ・心電図異常→中止・処置
  26. ・錐体外路症状





    パーキンソン
    症候群
    振戦
    仮面様顔貌
    寡動
    筋強剛
    歩行障害
    流涎
    →減量。

    抗パーキンソン薬の投与
    アカシジア 静座不能
    ジスキネジア 嚥下障害
    構音障害
    不随運動
    (口周部・四肢)
    ジストニア ケイレン性斜頸
    眼球上転発作
    後弓反張
    攣縮(顔面・咽頭・頸部)
  27. ・頭痛(頭重)
  28. ・性欲異常
  29. ・体重増加
  30. ・脱力感
  31. ・立ちくらみ
  32. ・動悸
  33. 遅発性ジスキネジア
    長期の投与→ 口周辺部に不随意運動 →中止
  34. TG上昇
  35. ・乳汁分泌
  36. ・尿失禁
  37. ・尿閉
  38. ・ねむけ
  39. ・脳血管障害→中止
  40. ・排尿障害
  41. ・白血球減少(白血球増多)
  42. ・鼻づまり
  43. ・発疹(過敏症)→中止
  44. ・発熱
  45. ・発汗
  46. ・貧血
  47. ・頻脈
  48. ・BUN上昇→処置
  49. ・不安(焦燥感)
  50. 不整脈
    不整脈 心房細動
    心室性期外収縮
    →中止・処置
  51. ・不眠
  52. ・浮腫
  53. ・ふらつき
  54. ・勃起不全
  55. ・ぼんやり
  56. ・末梢循環不全
  57. 麻痺性イレウス
    →腸管麻痺 食欲不振
    嘔吐
    悪心
    著しい便秘
    腹部膨満
    →中止
  58. ・眼の調節障害
  59. ・めまい
  60. ・妄想
  61. ・抑うつ(過剰鎮静)



厚生労働省副作用情報
平成16年4/1〜7/31
  • 脳幹出血1
    自殺既遂3
    死亡2
    意識レベルの低下2
    うつ病1
    糖尿病1
    糖尿病性ケトアシドーシス1
    錐体外路疾患1
    眼瞼下垂1
    潮紅1
    胃炎1
    高熱1
    低ナトリウム血症1
    白血球減少症1
    向精神薬悪性症候群5
    パーキンソニズム1
    血小板数減少1
    肺炎1
    持続勃起症1
    精神運動亢進1
    肺塞栓症1
    横紋筋融解1
    鎮静1
    傾眠1
    くも膜下出血1
    遅発性ジスキネジー2
    黄色腫1
    亜イレウス1
    下肢静止不能症候群1
    卵巣新生物1
    知覚変容発作
平成18年4/1〜8/31
  • アカシジア1
    再生不良性貧血1
    血中クレアチンホスホキナーゼ増加2
    徐脈2
    C−反応性蛋白増加1
    心不全1
    心肺停止1
    脳血管障害1
    新生児痙攣1
    意識レベルの低下1
    糖尿病性ケトアシドーシス1
    糖尿病性ケトアシドーシス性高血糖昏睡1
    薬疹1
    嚥下障害2
    ジストニー2
    てんかん1
    錐体外路障害2
    新生児哺乳障害1
    肝機能異常1
    高プロラクチン血症1
    低ナトリウム血症2
    低換気1
    多臓器不全1
    向精神薬悪性症候群11
    過量投与2
    汎血球減少症1
    血小板数減少2
    肺炎1
    発熱1
    流涎過多1
    傾眠2
    自殺企図1
    頻呼吸1
    振戦1
    白血球数減少1
    新生児筋緊張亢進1
    亜イレウス1
    抗利尿ホルモン不適合分泌2
    新生児呼吸障害
平成18年9/1〜12/31
  • 無月経1
    血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
    血圧低下1
    脳梗塞1
    協調運動異常1
    譫妄1
    糖尿病性昏睡1
    糖尿病性ケトアシドーシス1
    ジスキネジー1
    ジストニー1
    錐体外路障害2
    便失禁1
    歩行障害1
    大発作痙攣1
    幻覚1
    幻聴1
    肝機能異常3
    高血糖1
    高プロラクチン血症1
    低血糖症1
    低ナトリウム血症1
    低体温2
    イレウス1
    麻痺性イレウス1
    腸管閉塞1
    黄疸1
    肝障害1
    筋力低下1
    向精神薬悪性症候群6
    末梢性浮腫2
    パーキンソニズム1
    肺炎1
    嚥下性肺炎1
    多飲症1
    持続勃起症1
    肺塞栓症1
    横紋筋融解3
    自殺企図2
    血小板減少症1
    中毒性表皮壊死融解症1
    振戦1
    抗利尿ホルモン不適合分泌1
    第三度房室ブロック
平成20年4/1〜9/31
  • 攻撃性
    激越
    徐脈
    急性心不全
    カタトニー
    昏睡
    便秘
    痙攣
    死亡
    活動性低下
    意識レベルの低下
    糖尿病性昏睡
    嚥下障害
    心電図QT延長
    錐体外路障害
    フィブリンDダイマー増加
    歩行障害
    肝機能異常
    高血糖
    高プロラクチン血症
    故意の自傷行為
    黄疸
    不規則月経
    心筋梗塞
    悪性症候群
    過量投与
    パーキンソニズム
    嚥下性肺炎
    多飲症
    肺塞栓症
    発熱
    呼吸数増加
    横紋筋融解
    流涎過多
    傾眠
    自殺企図
    遅発性ジスキネジー
    血小板減少症
    振戦
    心室細動
    心室性頻脈
    腹部コンパートメント症候群
平成20年10/1〜平成21年2/28
  • 攻撃性1
    アカシジア1
    血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
    急性心不全2
    心肺停止1
    自殺既遂2
    強迫行為1
    痙攣1
    意識レベルの低下1
    糖尿病1
    糖尿病性ケトアシドーシス1
    播種性血管内凝固1
    ジストニー3
    錐体外路障害1
    顆粒球減少症1
    高熱1
    低カリウム血症1
    黄疸1
    意識消失1
    乳腺炎1
    口腔内潰瘍形成1
    ミオクローヌス1
    悪性症候群5
    過量投与1
    肺塞栓症1
    全身性皮疹1
    腎障害1
    突然死2
    自殺企図3
    遅発性ジスキネジー2
    トルサード ド ポアン2
    尿閉1
    水中毒1
    白血球数減少1
    抗利尿ホルモン不適合分泌1
    大腸癌1
    代謝性脳症1










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬