ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




リウマチ熱(RF)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





小舞踏病
劇症溶連菌感染症
膠原病
関節痛
扁桃炎
咽頭炎
多発性関節炎
くすり情報
広告






溶連菌感染症
・「リウマチ熱」
・「猩紅熱
・「咽頭炎
・「急性糸球体腎炎





リウマチ熱
(RF)rheumatic fever
  • 溶連菌感染症の1つ。
    扁桃炎・咽頭炎などの2〜3週間後に、自己免疫疾患として発症する。
  • 好発年齢:小児期(5〜15才)に発疹を見ることが多い。
  • 好発時期:特になし。


(病因)
  • 溶連菌感染による細菌アレルギーと考えられている


(病態)
  • A群溶血性連鎖球菌感染症


(症状)
  1. 発疹(輪状紅斑)
    • (1)部位:
        四肢、体幹、ときに顔面、
        リウマチ結節(無痛性)、
        関節骨面、
        四肢腱鞘、
        脊柱、
        頚部皮下に出る。
      (2)性状:
        小児・・・多形滲出性紅斑(25%)。
        辺縁隆起(中心に健康部を残す)。
        ときに紫斑・結節性紅斑。
      (3)発疹の出現時間:急性型では発熱と同時
  2. 発熱
  3. 関節症状→関節が痛い
  4. 心障害







(血液像)
  • 白血球:増加
    好中球:増加
    貧血:正色素性貧血

(検査項目)


末梢血検査・・・白血球増加
血清学的検査
 ・赤沈:著明に促進
 ・.CRP:強陽性
 ・ASLO試験:連鎖球菌に対する抗体の上昇
 ・.RA-test:(ー)
心音・・・心膜摩擦音
心電図・・・PR延長
心エコー
  • ・心膜液貯留、心筋変化、僧帽弁・大動脈弁の変化に注意
  • ・ペニシリン剤などを使用すれば弁膜症などの後遺症は少ない。
  • ・1〜2年に1度検査で経過観察。

咽頭分泌物からの溶連菌検査
皮膚生検




診断基準(改訂Jones・アメリカ心臓協会)
major manifestations(主症状)
  1. 「心炎」・・・次のうち1項目に該当すれば心炎と診断
    • イ)心雑音
      1. リウマチ熱又はリウマチ性心臓病の既往の無い者で、有意な心尖不収縮期雑音、心基部拡張期雑音のいずれかの出現。
      2. リウマチ熱又はリウマチ性心臓病の既往のある者で、経過中にこれらの心雑音の性質が変化する場合
      (ロ)X線検査において心拡大の明らかな進行が認められる場合
    • (ハ)心嚢炎の存在、心膜摩擦音、心嚢内液体貯留、又は心電図所見により証明できる場合
    • (ニ)25歳以下で他の原因がなく起こった鬱血性心不全が存在する場合
  2. 「多関節炎」
  3. 「小舞踏病」・・・急性期以後の発症が多い。
  4. 「輪状紅斑」
  5. 「皮下小結節」
minor manifestations(副症状)
  • (イ)臨床症状
    1. リウマチ熱又はリウマチ性心臓病の既往
    2. 関節痛
    3. 発熱。
    (ロ)検査所見
    1. 急性期反応:
      1. 血沈促進
      2. CRP・・・・・・・陽性
      3. 白血球・・・・・増多
    2. PR延長










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査