ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




リウマチ


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




リウマチ治療薬

慢性関節リウマチ

関節リウマチ



リウマチの漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 葛根湯
  3. 桂枝加朮附湯
  4. 桂枝茯苓丸
  5. 桂芍知母湯
  6. 五積散
  7. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  8. 柴胡桂枝湯
  9. 柴苓湯
  10. 四逆散
  11. 真武湯
  12. 疎経活血湯
  13. 疎経活血湯霊芝
  14. 疎経活血湯コンドロイチン
  15. 疎経活血湯桂枝加朮附湯
  16. 桃核承気湯
  17. 当帰芍薬散
  18. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
    1. 27歳男性。
      3年前に結核に罹ったが、これは全快している。
      主訴は、からだのあちこちに移動する疼痛で、多発性神経炎とか、筋肉リウマチとか筋肉炎とか、種々の病名がつけられたが、すでに1年あまり治らない。
      現在、痛むところは、右の上腕と右の側腹から腰にかけて、ちょうど洋服のバンドの通る部位で、疼痛は右側だけである。夜も疼痛のためによく眠れず、疼痛のために眼が覚める。腹診すると臍上で振水音を証明し、全体に軟くて膨満感がある。大便は1日1行。
      なお患者はひどく疲れて、元気がなく、気分が悪くてたまらないと云う。しかし一見したところ、病人らしいところはない。
      私はこれに次に上げるような処方を用いてみたが、どれを用いても、良くならず、悪くもならないとう状態で、そのうちに1年がたってしまった。
      次にその処方を列記してみる。
      清湿化痰湯、五積散、疎経活血湯、分心気飲、桂枝加竜骨牡蛎湯L半夏厚朴湯、烏苓通気湯、神効湯、当帰四逆湯《衛生宝鑑》、不換金正気散、柴胡桂枝湯
      そして最後に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を用いたところ、始めて薬効が現れ、これを飲むようになってから、夜間眠れないような疼痛はなくなり、仕事が忙しい時には、時々前のような症状になるが、病の8分通りは良くなり、目下服薬中である。《大塚敬節》
  19. 風湿舒筋丸
  20. 麻黄湯
  21. マキョウヨッカントウ






リウマチ
リウマチ
  1. リウマチ(=ロイマチス)は身体の支持構造(骨・靱帯・間接・腱・筋肉)のいずれかに痛みを伴う状態をいう。
  2. リウマチとは移動性の痛みを主徴とする種々の運動器疾患の総称で、侵される器官組織は筋・腱・靱帯・結合組織・血管系などの間葉系組織である。

リウマチの種類
リウマチの症状
  • 衰弱感、疲労感、体重の減少、貧血、手足の痛み・しびれ、などの症状から始まって、しだいに発病する場合が多いが、悪寒や発熱と共に関節の痛み・腫れが急速に起こってくることもあります。
    朝起きた時に、手の指やひじ・膝などがこわばり、動きが鈍くなったりして痛みだし、関節が腫れてきます。






主なリウマチ性疾患
エリテマトーデス 全身多臓器の血管炎、糸球体腎炎。
関節リウマチ 朝のこわばり、倦怠感、食欲不振、体重減少。→手指の中指関節に炎症。
強皮症 全身の皮膚、とくに手指・前腕の皮膚の硬化
シェーグレン症候群 眼と口腔の乾燥が主訴。
多発性筋炎 手足や頚部筋肉の脱力、筋痛。
ベーチェット病 口腔粘膜のアフタ性潰瘍、皮膚症状、外陰部潰瘍などが主症状
変形性関節症 遠位指関節に発症しやすい
リウマチ熱 円形や隆起した圧痛を伴う紅斑





タイプ
加齢などで起きる
骨の痛む疾患
変形性関節症
脊椎関節症

関節炎
代謝性疾患 痛風(尿酸が過剰に蓄積)
膠原病
(結合組織がおかされる)
慢性関節リウマチ
全身性エリテマトーデス
強皮症(全身性強皮症





回帰性リウマチ
  • 一般的にリウマチと呼ぶのは慢性関節リウマチのことです。
    回帰性リウマチはその1つと言えるでしょう。
    膝・肘などの関節や、関節の周囲に突発的に炎症が起きます。
    熱を持ち、赤く腫れます。関節に関節液が溜まり、局所的に激痛が走ります。
    皮膚に少し触れただけでも痛いとうケースもあります。
    炎症は一過性で、通常3日以内で治りますが、炎症は他の関節に次々移っていく移動性の症状を示すこともあります。
  • リウマチと同じように40歳代に最も多く見られる病気ですが、10歳代の若い患者もいます。
     『結晶性関節炎』と似ていることがあり、識別する必要が有ります。結晶性関節炎は、炎症を起こした部位から関節液を採取して顕微鏡で観察すると、血液中に含まれている『ピロリン酸カルシウム』や『尿酸』が結晶になっているのが見えることがあるので分かります。『痛風』や『偽痛風』などがその代表例です。
    「対症療法として、非ステロイド系の抗炎症剤を服用しますが、一般的には、慢性関節リウマチのように薬を飲み続ける必要は有りません。又、栄養と睡眠を十分に取って疲労を残さない生活を送る必要があります。関節に負担がかからないように、重いものを持たない等の心がけも必要です。
     

  • 『慢性関節リウマチ』は、人によって、痛んだり痛まなかったりの波があろケースもありますが、基本的には、3週間以上痛みが続きます。痛みが続くと骨に変化が出てくるのがレントゲン撮影で分かります。
  • 一方、『回帰性リウマチ』は、炎症を起こさない時には、まったく痛みが有りません。レントゲンでも異常は見られないのです。関節液を採取して見ると、慢性関節リウマチのものは白く濁っているのが普通ですが、回帰性の場合は透明です。慢性は女性に多く・回帰性は男性に多いのも特徴に一つです。

  • 「回帰性リウマチ患者の1/3が慢性関節リウマチに移行すると言われています。移行しやすいかどうかを判断する目安として、血液中にある抗原HLAを検査する方法が有ります。HLAのうち『DR4』と呼ばれる抗原の量が多くて陽性を示した場合で、しかも家族に、慢性関節リウマチ患者がいる人は、移行の可能性を考える必要が有るでしょう。 

若年性関節リウマチ
  • Aちゃんは3歳の女児。これまで元気にすごしていたが、時々足の関節の痛みを訴えるようになった。両親は心配して近所の医院を受診した。レントゲンをとり、血液検査をしたが、少し炎症反応が出ている以外は特に異常はなく、「風邪のせい」と言われ安心した。
    しかしそのうち、特に午前中に歩かない日が多くなってきたため同医院を再診。ここで「リウマチの可能性もあるから、大きな病院を紹介する」といわれた。
    紹介された小児科医は医院での検査や両親の説明、診察結果を総合的を判断して「若年性関節リウマチ、つまり子供のリウマチの可能性が高い」と伝えた。入院して詳しく検査したところ、やはりリウマチだった。
    Aちゃんは今は関節痛も飲み薬で治まり、ほとんど普通の子と変わらなくすごしているが、当分の間は定期的な診察、検査が必要である。
    若年性関節リウマチは、主に全身の関節に炎症が生じる病気である。炎症があると、痛みの訴え以外にも関節周囲の腫れ、赤みなどの症状が伴う。本人が痛いという他は熱もなく、曲げても引っ張っても特に痛みを訴えず、全く普通に生活している場合は、しばらくは様子を見て良い。
    全身型といわれる型では、関節症状よりも発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの全身症状が目立つ。目に[虹彩炎]と呼ばれる異常が出ることもあるため、眼 科医による診察が不可欠である。
    血液検査で最も特徴的なのは、成人のリウマチでは半数以上が陽性となるリウマチ因子が、若年性では陰性の場合が多い(陽性は10〜20%)ことである

手を入れるだけの簡単検査
  • ○○は、国産初の小型のMRI(磁気共鳴画像装置)を開発した。
    リウマチの初期症状である手の骨の炎症などを検査し、早期診断が可能になる。価格は30万円、2008年度に発売。
    大きさは80cm×80cmで高さは約1m。開口部に手を入れるだけで手全体の画像診断ができる。検査時間は約40分。
    これまでX線で骨の欠損などを調べていたが、関節の炎症は分からなかった





リウマチ性関節炎の遺伝子治療
  • 米ベスイスラエル病院や米国立衛生研究所などのチームは、リウマチ性関節炎の遺伝子治療を実施。
    閉経後で75歳未満の女性2人に実施、4週間後にはほとんどの痛みが消えたという。リウマチ性関節炎は何らかの原因で自己免疫反応が起きることが原因と考えられている。
    治療で使った遺伝子は、炎症を引き起こす物質「インターロイキン1」が関節にくっつくのを阻止するタンパク質を作り出す遺伝子。
    この遺伝子を関節の細胞に包み込み、注入した。

塗るだけで治療・・・・RNA干渉薬
  • 2009年、東京医科歯科大学の黒田雅彦准教授らは患部に塗るだけで治療効果が期待できるリウマチ薬の候補物質を開発し、マウス実験で効果を確認した。
    病気の原因タンパク質ができるのを防ぐRNA干渉薬のクリームタイプ。
    脂質のクリームで包み確実に患部に作用するようにした。
    RNAはそのままでは酵素で分解されてしまうため、薬として実用化する際のネックになっていた。そこで、注射などではなく、使いやすい塗り薬として開発を目指した。
    リウマチで足の関節炎を起こしているマウスで実験。
    1日1回、1週間にわたて患部に塗布し続けたところ、従来のリウマチ治療薬と同程度の治療効果が得られた。
    塗布した薬は患部までに1時間ぐらいで到達した。
    いままでの治療薬は病院で点滴する必要があった。
    開発したRNA干渉薬は塗るだけでいいので、患者の身体的な負担も大きく軽減できる。

リウマチの炎症を抑制するタンパク質
  • 2012年、松本功・筑波大学准教授らのグループは、関節リウマチの発症に関連しているタンパク質を見つけた。「TIARP」というタンパク質で、関節リウマチの症状である炎症を抑える働きがあるという。
  • 研究グループは、遺伝子組み換え技術を使い、TIARPが無いマウスを作製した。このマウスは1年以内に80%が関節炎を自然に発生した。
  • 炎症を悪化させるインターロイキン-6というタンパク質の血中濃度が上昇していた。
  • 人間ではTIARPに相当するタンパク質は、「STEAP4」と呼ばれる。
  • STEAP4の働きだけを高める薬剤を開発できれば新たな治療薬の可能性があるという。





基礎療法
(自分で気をつけること)
  1. 心身の安静
    1. 働いたり動いたりした後は、必ず安静にするようにしましょう。
      • 「安静とはイスに座ることではなく、全身を横たえることです。」《螺王人》
    2. 全身と悪い関節を適当に休めることが大切です。
    3. 関節を保護するために、関節に負担がかかるような動作や姿勢をさけましょう。
    4. 十分に睡眠をとること。昼寝することも良いでしょう。
    5. 人間関係や経済問題など、ストレスがたまらないように、できるだけ精神的にゆったりと暮らすように心がけます。
    6. いつも明るい気持でいられるようにしましょう
  2. 適度の運動
    1. リウマチの治療には安静が必要ですが、適度な運動も必要です。痛みのために関節を動かさないと、ますます関節が動かなくなります。炎症がひどい時は別ですが、ある程度痛くても、少しづつ運動するようにしましょう。
    2. 適度な運動は、関節の変形、強直などを防ぎます
  3. 保温と栄養
    1. リウマチは『冷やさない』が原則です。
    2. リウマチ患者は、貧血やカルシウム不足になりがちですし、骨粗鬆症の予防にも注意が必要です
  4. 学習(理解):
    • 自分の病状と受けている治療内容を理解しましょう。





リウマチの民間療法
  • アオギリ・アオツヅラフジ・アカネ・アカマツ・アカメガシワ・アサガオ・アスナロ・アロエ・イタチ・イタドリ・イチイ・イチジク・イノコズチ・イボタノキ・イワタバコ・ウコギ・ウシ・ウド・ウマ・ウメ・ウラジロガシ・エビスグサ・オオツヅラフジ・オトギリソウ・オモト・カイコ・カギカズラ・ギシギシ・キハダ・クガイソウ・クコ・クチナシ・ゲッケイジュ・ゴシュユ・ゴボウ・ザクロ・サル・サルトリイバラ・サンショウ・シャクヤク・ジャノヒゲ・ショウガ・スイセン・スギ・スズメ・セキショウ・センニンソウ・ソクズ・ダイコン・タラノキ・チョウセンニンジン・ツユクサ・トウガラシ・ドジョウ・トチノキ・トリカブト・ナメクジ・ニシキギ・ニッケイ・ニワトコ・ニンニク・ネギ・ネムノキ・ノキシノブ・バショウ・ハトムギ・ハマボウフウ・ヒトツバ・ヒノキ・ヒマワリ・ヘチマ・ホオノキ・マタタビ・マムシ・ミミズ・ミヤマシキミ・ムカデ・メギ・メナモミ・メハジキ・ヤツデ・ヤマゴボウ・ユズ・ヨモギ・ワサビ・ワラビ

リウマチの芳香療法
  1. カミルレ
  2. ラベンダー
  3. マージョラム
  4. ローズマリー
  5. サイプレス
  6. ジュニパー
  7. ナツメグ+クローブ+ローズマリー

リウマチの宝石療法
  1. [サファイヤ]
  2. [ガーネット・緑色の]
  3. [ベリドット・緑色の]

リウマチの針灸ツボ
  • リウマチや神経痛はいずれとも痛む穴所に直ちに灸せよ

【傷冷毒】(しょうれいどく)
  • =リウマチおよびこれに類する病気。














TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬