ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
   毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう



マイクロRNA
(miRNA)

通 販 カタログ 病名(症状)





広告



マイクロRNA
miRNA

20~25塩基からなる小さなRNA(リボ核酸)
  • 22前後の塩基で構成されたリボ核酸
  • どんな人でも持っている。(約2600種類)
  • 体の中でメッセンジャーとして走り回っている


細胞の中でタンパク質を作る「メッセンジャーRNA」に結合し、タンパク質が作られないようにする。

様々なガン患者の血中で特定のmiRNAが増えていることが判明。





マイクロRNAがタンパク合成阻害
2007年、理化学研究所のチームは、塩基の数が少ない『マイクロRNA』がタンパク質の合成を妨げる仕組みを明らかにした。


タンパク質は
メッセンジャーRNA(mRNA)の塩基配列をもとに、構成要素であるアミノ酸を順につなげる。
  • 合成過程は「翻訳」と呼ばれる。

最新の研究で、塩基の数が21~22個のマイクロRNAが、その翻訳をジャマすることが明らかになってきたが、詳細な仕組みはナゾだった。


  • 理研の横山茂之プロジェクトディレクターらは、マイクロRNAが標的となるmRNA(メッセンジャーRNA)の翻訳を抑える過程を、試験管内で再現することに成功した。
    詳しく解析した結果、マイクロRNAを含む複合体が、標的の末端にある『ポリAテール』と呼ぶ部分を短くすることを発見。その先端の特殊な構造は翻訳が始まる目印となっているため、短くなることでマイクロRNAの翻訳が抑えられているという。


マイクロRNAの中には、脳にのみ存在するものがある。
神経細胞をつなぐタンパク質の翻訳を抑制することが判明している。





血液中にあるマイクロRNAを見つけた
2008年、科学誌「プロスワン」に掲載されたのが、血液中にあるマイクロRNAを見つけたという内容。
  • RNAは壊れやすいため血液中には存在しないとされてきた。


2009年、ボストンで開かれたRNAの国際会議で、
落合孝弘・国立がんセンター室長が、マイクロRNAが
前立腺ガンの転移を抑えることをマウス実験で確認した。


(血液中の核酸)

2010年G&Gサイエンス(福島市)は血液中の核酸を従来の半分のコストと時間で検出するシステムの開発に着手。
従来、核酸を分子単位で判別するのは難しく、血液から核酸を抽出した後に、高い純度で精製したり濃縮したりしていた。
慶應義塾大学と共同で、喉頭ガンと子宮体ガンの症状に関連する「マイクロRNA」を検出対象に開発する。


ガン診断

2011年、国立がんセンター研究所と東レのチームは、血液中のマイクロRNAを手掛かりにガン診断する手法を開発した。

新手法では、血液中の血清が300マイクロ㍑あれば、300~700種類のマイクロRNAを調べることが出来る。


 マイクロRNAがつくれなくなる仕組み
2011年
東京大学と順天堂大学のチームは、マイクロRNA(miRNA)が細胞内で作れなくなる仕組みを解明。



「MCPIP1」というタンパク質が、原料となる物質を不規則に切り刻んでマイクロRNAができるのを阻んでいた。


マイクロRNAは、特定タンパク質が原料となる前駆体を規則正しく切り刻んでできる。


研究チームは、免疫に関係していると考えられてきたMCPIP1が、細胞内で前駆体の「1本鎖」と呼ぶ部分を不規則に切断しているのを突き止めた。そのために、マイクロRNAができなくなっていた。


肺ガン乳ガンの術後にガンが他の部位に転移しているのが見つかった患者の中には、マイクロRNAが少ないこともあるという。
  • 成果は米科学誌モレキュラーセルに発表。




大腸ガンの増殖を抑える
2015年、大阪大学や金沢大学のチームがマウス実験で突き止めた。

大阪大学の石井秀始特任教授は「マイクロRNAを人工的に合成し、がんに投与した」


研究チームよると

マイクロRNAの種類は2000以上

この中から、ガン細胞の増殖を抑えるものを探索し、2種類のマイクロRNAを特定した。

このマイクロRNAを人工合成し、試験管内で増殖する人の大腸ガン細胞に加えたところ、増殖が抑えられた。




核酸
DNA
RNA干渉
核酸医薬
肝機能障害
胎盤エキス
ダイエット
活性酸素









2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved