情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ロヒプノール






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






催眠鎮静剤



催眠鎮静薬
一般名 フルニトラゼパム
商品名: [サイレース][ビビットエース]
[
ロヒプノール]
効能・用途
(五十音順)
局所麻酔時の鎮静に用いる。
不眠症
麻酔前に投与。
用法用量 ・全身麻酔導入・・・1回0.02〜0.03mg/kg
・局所麻酔時の鎮静・・・1回0.01〜0.03mg/kg





使ってはダメな者
禁忌
急性狭隅角緑内障
重症筋無力症
本剤の過敏症





が必要な者
1.肝障害がある者。
2.気管支喘息で呼吸機能が低下の者。
3.急性期脳血管障害で呼吸機能が低下の者。
4.高齢者
5.小児
6.心障害がある者
7.腎障害がある者
8.衰弱者。
9.妊婦およびその可能性ある者
10.乳幼児
11.脳に器質的障害がある者。
12.肺気腫で呼吸機能が低下の者。
13.肺性心で呼吸機能が低下の者。
併用すると作用が
増減する場合
(相互作用)
飲酒で作用が増強する
MAO阻害薬で作用増強。
中枢神経抑制薬で作用増強。



妊婦へ
の影響
妊婦には投与しない。・・・早産児1
授乳を中止する。





ロヒプノールの副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群
    悪性症候群 高熱
    意識障害
    高度の筋硬直
    不随意運動
    発汗
    頻脈
    →投与中止。体冷却・水分補給・呼吸管理が必要
  2. 頭がボーッとする。
  3. ・いびき
  4. ・胃部の不快感
  5. ・運動失調
  6. 横紋筋融解
  7. 黄疸・・・・・・・・・→中止し処置必要
  8. ・嘔吐
  9. 肝障害
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    ALT上昇
    γ-GTP上昇
    →中止し処置必要
  10. 顔面紅潮
  11. 間質性肺疾患1
  12. 記憶力が低下する(中途覚醒時の出来事を記憶していないことがある
  13. 筋肉痛
    横紋筋融解症 筋肉痛
    脱力感
    CK上昇
    血中・尿中ミオグロビン上昇
    中止し処置必要
  14. 禁断症状(急激な減量・中止で)。




    ケイレン発作
    譫妄
    振戦
    不眠
    不安
    幻覚
    妄想
    →中止するときは徐々に減量
  15. 口が苦い
  16. ・血圧低下
  17. ・下痢
  18. ・血小板減少
  19. ・血圧低下
  20. ・倦怠感
  21. ・構音障害。
  22. 口渇
  23. 向精神薬悪性症候群3
  24. 呼吸が抑制される。・・・・・→気道確保し換気をはかる。
  25. 呼吸機能が高度に低下し炭酸ガスナルコーシス・・・・・→気道確保し換気をはかる。
  26. 昏睡1
  27. 錯乱
  28. 刺激興奮
  29. 舌が荒れる
  30. ジストニー1
  31. ・シビレ感
  32. ・しゃっくり
  33. ・焦燥感
  34. ・食欲不振


    口渇
    食欲不振
    胃部不快感
    下痢
    便秘
    腹痛
    嘔吐
    舌があれる
    胸焼け
    流涎
    口の苦み
  35. 腎障害1
  36. 腎不全1
  37. 頭重
  38. ・頭痛
  39. ・精神障害者を刺激興奮させる。
  40. 舌根沈下
  41. 脱抑制1
  42. 脱力感
  43. ・中途覚醒時の記憶喪失。
  44. ・動悸
  45. ・動作が緩慢になる。
  46. ・尿失禁
  47. 播種性血管内凝固1
  48. 発汗
  49. ・白血球減少
  50. ・貧血
  51. ・頻尿
  52. ・BUN上昇
  53. ・不安感





    ふらつき
    眠気
    頭痛
    めまい
    頭がボーッとする
    運動失調
    頭重
    失調性歩行
    不快感
    焦燥感
    不安感
    シビレ感
    耳鳴り
    動作が緩慢
    酩酊感
    振戦
    構音障害
  54. 不快感
  55. ・.腹痛
  56. ・胸やけ
  57. ・ふらつき
  58. ・便秘
  59. 歩行がおかしくなる
  60. ・発疹
  61. ・ねむけ
    意識障害 うとうと状態から昏睡 →注意。特に高齢者
  62. 耳鳴り
  63. 無呼吸
  64. ・めまい
  65. ・薬物依存(大量連用で)
  66. ・流涎


厚生労働省副作用情報
  • 平成20年4/1〜9/31
    • 新生児ケイレン
      死亡
      意識レベルの低下
      薬物毒性
      低体温
      新生児筋緊張低下
      眼圧上昇
      意識消失
      新生児呼吸抑制
      悪性症候群
      過量投与
      発熱
      呼吸停止
      呼吸抑制
      呼吸不全
      横紋筋融解
      傾眠
      肝酵素上昇
      乳児無呼吸発作
  • 平成20年10月1日〜平成21年2月28日
    • 心肺停止1
      譫妄2
      薬疹1
      新生児薬物離脱症候群1
      肝機能異常1
      肝障害1
      発疹1
      悪性症候群1
      呼吸抑制1
  • 平成23年8/1〜11/30
    • リンパ節症1
      悪性症候群2
      意識レベルの低下1
      意識変容状態4
      肝酵素上昇1
      誤嚥性肺炎1
      構語障害
      紅斑1
      新生児薬物離脱症候群1
      腎機能障害1
      水中毒1
      睡眠時無呼吸症候群1
      舌炎1
      発疹1
      発熱1
      浮動性めまい1
      薬物依存1





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬