ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



サ−チュイン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





終末糖化産物(AGE) 

病気の予防
    

若さがない
    

養生
  

長寿


老化
広告



サーチュイン遺伝子
(長寿遺伝子)
  • 2000年にマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士が酵母から発見 
  • サーチュイン遺伝子が酵素を作り、それが老化を防ぎ、若さを取り戻す。

  • サーチュイン遺伝子は消費カロリーの25%減の食事を摂取すると、約7週間で働き出す

  • 地球上の生物が“飢餓”に対応するための遺伝子

  • レスベラトロールを摂取することで、サーチュイン遺伝子が活性化する。
  • カロリー制限しなくてもOK。
    1. ミトコンドリアが2倍に
    2. 血流が改善
    3. 記憶力がアップ






中年太り・・・サーチュインが抑制
2013年、群馬大学の佐々木努准教授らのチームは、加齢に伴い脳にある特定の遺伝子が減少し、体重増加につながることを明らかにした。 

長寿遺伝子 ともいわれる「サーチュイン」。 

サーチュインは加齢と共に減少することが知られていたが、中年太りとの関係は不明だった。 

研究では、体重をコントロールする脳の視床下部にあるサーチュインを、人工的に増やしたマウスは、
  1. 食欲が抑制された
  2. エネルギー消費が増加する傾向がある
  3. 加齢後の体重が抑えられた
糖分や死亡が多い高カロリーの食生活が続くと、脳のサーチュインが減少したり働きが落ちることが分かった。 





ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)
=サーチュインの働きを強める化合物の材料 
  • 2016年、伊藤祐・慶應義塾大学教授は老化に伴う症状を抑える効果がマウスで見られた物質を人間に投与する臨床研究を始めた。
  • 健康な人を対象に、安全性を確認する。
  • 投与するのはNMN。
  • 人間や動物の体内にあり、長寿遺伝子として知られる「サーチュイン」の働きを強める化合物の材料となる。

  • マウスに投与した実験では、様々な臓器で化合物の量が増え、血糖値の上昇が抑えられるなど、老化により臓器の働きが衰えるのを抑える効果が期待できる。









関連情報 終末糖化産物(AGE) 養生」「病気の予防」「若さがない」「長寿」「栄養療法」「活性酸素」「病気」「介護紅参」「霊芝」「イソフラボン」「アミノ酸コエンザイムQ10」「亜鉛」「コンドロイチン」「コラーゲン」「レスベラトロールエラスチン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査