情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




緑茶





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







チャ
麦茶
ウーロン茶
紅茶
カテキン
テアニン
膀胱ガン
インフルエンザ
大腸ガン
乳ガン
胃潰瘍
アポトーシス
痴呆
長寿
ワーファリン




緑茶の作用
主成分 作用




渋み成分でポリフェノールの一種
  1. 抗酸化作用
  2. 発ガン抑制
  3. 抗腫瘍作用
  4. コレステロール値を抑制する
  5. 血糖上昇を抑制する。
  6. 血圧上昇を抑制する。
  7. 体脂肪の上昇を抑制する。
  8. 整腸作用
  9. ピロリ菌殺菌作用
  10. 抗潰瘍作用
  11. 食中毒を予防する
  12. インフルエンザウイルスを不活性化。
  13. 口臭予防


インフルエンザ感染を抑制
「昭和大学医学部の島村忠勝教授らは、緑茶成分であるカテキンにインフルエンザウイルスの感染を抑える効果があることを確認した。カテキンがウイルス表面にある突起にくっついて、ウイルスが細胞に感染するのを妨げるという。ウイルスの型によらず効果があり、うがい薬などに利用出来そうだという。
研究チームは培養細胞を使った実験で、通常のお茶の1/4の濃度の液をウイルスに加えたところ、感染力はほとんどなくなった。Aソ連型、A香港型、B型などすべての種類のウイルスに効いたという



前立腺ガン

2007/12/19、厚生労働省研究班の調査で、緑茶をよく飲む男性は、進行性の前立腺ガンになるリスクが低下することが判明。
1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて発症リスクが半減した。
研究班は、40〜69歳の男性約5万人を対象に、平均で12年追跡調査した。調査中に404人が前立腺ガンと診断され、このうち114人が前立腺以外にもガンが広がっている進行性だった。
ガンが前立腺内に留まる「限局性」については、明確なリスク低下は無かった。
緑茶に含まれる「カテキン」という成分には、腫瘍が広がるのを阻害し、転移を抑える効果があるという報告がある。



(乳ガン)

2010年、厚生労働省研究班は、10/28、緑茶をたくさん飲んでも乳ガンになるリスクを下げる効果は特に見られなかったとする疫学調査を発表した。
緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、動物実験や細胞実験ではガンを防ぐ化膿性がシメされているが、乳ガンの予防効果は期待できないという。



うまみ成分でアミノ酸の一種
(緑茶特有のアミノ酸)
  1. リラックスさせる(抗ストレス作用)。
  2. 摂食を抑制
  3. 抗肥満作用
  4. 神経細胞を守る

愛媛大学医学部と○○のグループは、緑茶が含むうまみ成分テアニンが脳の神経細胞の保護に関係することを突き止めた。
脳梗塞が起きると神経細胞が死んで、老人性痴呆症につながるとされる。
痴呆の進行を妨げる可能性があるとみて、人間での効果を検証する。
テアニンはグルタミン酸に似た物質
研究グループはネズミの脳にテアニンまたは生理食塩水を注入し、30分後、脳に血液が十分行き渡らないようにした人工的に脳梗塞に似た状態にした。1週間後、脳の記憶にかかわる部分の正常な細胞数を数えたところ、生理食塩水を与えたネズミの神経細胞はほとんど死滅したが、テアニンを与えたネズミではテアニンの濃度に比例して正常な細胞の数が多かったという。
γ





(ギャバ)

1.血圧降下作用
2.精神安定作用




1.覚醒作用
2.利尿作用
3.強心作用

カフェインの含有量で価格が違っていた。
  • カフェイン含有量
    玉露 4.04%
    抹茶 3.85%
    煎茶 3.49%
    番茶 2.02%
    ほうじ茶 1.93%




ビタミンCが豊富に含まれる。
  • 紅茶にはなし)
    1.抗酸化作用。
    2.抗壊血病作用。




1.抗酸化作用。
2.血行促進作用。



1.抗炎症作用
2.強心作用。



1.整腸作用。
2.脂質代謝改善作用。





1.消臭作用。
2.血清コレステロール低下作用。


歯の強化作用



セレン
βカロチン

エピガロカテキンガレート(EGCG)





粉末緑茶に膀胱ガン抑制作用
  • 「粉末緑茶に膀胱ガンの発生率低下、腫瘍個体の数量及び体積の減少などが科学的に実証された。東邦大学医学部付属大橋病院の松島正浩院長らの研究グループの実験で明らかになったもので、研究結果については1995・11・14に奈良県で開催された「第4回日独泌尿器学会」でも発表された。






緑茶を1日5杯以上飲むと脳梗塞の死亡リスクが低下するという結果を2007年5月栗山進一・東北大准教授が報告した。
  • 男性・・・42%低下した
    女性・・・62%低下した。

1994年〜宮城県内の男女(40〜79歳)40500人を追跡調査。1日の飲む量で4グループに分けた。その結果、

○循環器系の病気で死亡するリスクは飲む量が多いほど低下。
1日に・・・1杯未満・・・・100人とすると
1日に・・・5杯以上・・・・88人(男性)、69人(女性)

○脳血管障害では
  • 男性は35%低下、
  • 女性は42%低下。

○ガンの死亡リスク・・・関連なかった。


2014年、金沢大学医薬保健研究所の山田正仁教授のグループが60歳以上の男女490人を調べた。
緑茶を毎日飲む習慣がある人の発症率が1/3だった。



緑茶の輸入量が急増し、2001年は前年比23.8%増の17739トンと、3年連続で過去最高を更新した。ペットボトル入り緑茶飲料の消費が大幅に伸びた上、国産品のほぼ1/5という内外価格差が追い風となった。輸入の9割は中国産。




緑茶の微量元素
(85℃、4時間乾燥の含有量[ppm])
元素名 記号 含有量
カリウム 18600±600
カルシウム Ca 3200±200
マグネシウム Mg 2300±400
塩素 Cl 790±50
アルミニウム Al 760±70
マンガン Mn 700±20
Fe 98±7
亜鉛 Zn 33±1
ナトリウム Na 18.9±1.9
ニッケル Ni 6.0±0.2
[鈴木章悟他 「分析化学」993(1986)参照]


チャ」「麦茶」「紅茶」「カテキン」「テアニン」「膀胱ガン」「インフルエンザ」「大腸ガン」「乳ガン」「胃潰瘍」「アポトーシス」「痴呆」「長寿ワーファリン







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬