ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エピガロカテキンガレート(EGCG)
緑茶成分




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)
ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、

緑茶成分
(EGCG)

エピガロカテキンガがレート


TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床





 関


チャ
緑茶
麦茶
紅茶
カテキン
テアニン
膀胱ガン
インフルエンザ
大腸ガン
アポトーシス
痴呆
長寿

ワーファリン





(緑茶成分)エピガロカテキンガレート(EgCg)
アルツハイマー
  • 『エピガロカテキンガレート(EGCG)』に、アルツハイマー病の原因物質とされるβアミロイドが脳内でつくられるのを抑える作用があることを守隆埼玉医大助教授と米サウスフロリダ大などのチームが見つけ、20059/21、米科学誌に掲載。
    人のアルツハイマー病を再現したマウスなどで実験した。
    EGCGに、緑茶に含まれる他のカテキン類を加えると、効果が大幅に減ることも判明し、研究チームは「緑茶を飲むだけでは効果が薄い」と指摘。
    脳内のβアミロイドがたまるように遺伝子操作をしたマウスの約2ヶ月間、毎日EGCGを注射したところ、注射しなかったマウスに比べて、βアミロイドの量が最大で54%減少した。


胃潰瘍
  • 胃炎や胃潰瘍の隠れた原因として最近注目されている細菌、ヘリコバクター・ピロリの除菌に、緑茶が有効なことが、食品会社「太陽化学」の総合研究所と国立がんセンターの共同研究で詳細に確認された。同社は「緑茶なら安全に菌を減らして、胃潰瘍の予防や再発防止に役立つ」としている。
      除菌に効果があるのは、緑茶に含まれるポリフェノールという成分。 今回、ポリフェノールのうち、特に緑茶に多い物質エピガロカテキンガレート(EgCg)が最も効果が強いことが分かった。この物質が200ppm含まれる溶液中では菌がすべて死滅した。
     さらに、国立がんセンターで、菌を胃に持っている患者7人に、緑茶ポリフェノールを1日600mg(カプセル4個or抹茶ゼリー3個)づつ、4週間続けて摂取してもらったところ、うち4人で菌がなくなったり、減ったりした。
     斎藤大三・国立がんセンター中央病院細菌免疫検査室医長は「600mgはお茶10杯ほどに相当する。抗生物質で除菌した胃潰瘍患者が、再発防止に為に、お茶を飲んだり、緑茶から抽出したポリフェノールを取ったりするのは効果があるはずだ」と話している





 抗ガン
米オハイオ医科大学のJ・ジャンカン博士らのグループは緑茶に含まれる高分子『エピガロカテキン』に抗ガン作用があることを発見した。
ガンの成長を促す酵素ウロキナーゼの働きを防げるという。
これまでに見つかっているウロキナーゼ阻害剤に比べ、副作用が少ないのが特色。
 緑茶を飲むとガンになりにくいという報告はすでにあるが、データーベースで約19万種の化学物質を調べ、その中心成分を突き止めた。お茶の葉が酸化するとこの分子は化学変化して失われるため、『紅茶』には含まれていないと言う




(EgCg)主成分の発ガン抑制物質
「埼玉県立がんセンター研究所の藤木博太副所長らは、EgCgの体内分布を知る指標にするため、その分子構造の4カ所に、水素の放射性同位元素であるトリチウムを組み込んだ。このEgCgを水に溶かし、マウスの胃に直接投与。24時間後に解剖して各臓器を採取し、トリチウムの放射性活性を測定する方法で、EgCgの全投与量の何%が存在するかを調べた。


EgCgのほとんどは尿と糞で排泄されるが、
  • @大腸の3.04%を最高に、
    A胃1.57%、
    B肝臓1.18%など、消化器系に高いレベルで残っていることが判明。
    Cさらに脳の0.42%をはじめ、肺・皮膚にも達していることが分かった


ガン増殖抑制物質
  • 「米パデュー大学の研究グループは、緑茶成分からガン細胞の増殖を抑制する働きのある物質を発見した。一部のガン細胞には「アポトーシス」と呼ばれる「細胞の自殺」を引き起こす効果もあったという。緑茶を1日4杯以上飲むとガンに成りにくくなるという疫学調査の結果を裏付ける研究成果だとしている。
    発見した物質は『EgCg』と呼ばれる。
  • ガン細胞の表面に多く見られる特殊な酵素を不活性化し、ガン細胞の成長を止める。
    数杯の緑茶から得られる程度の極少量で、乳ガン大腸ガンなど様々なガンの増殖を抑制する効果があったという。
    正常な細胞への悪影響は見られなかった。この物質は紅茶にも含まれているが、大部分が発酵の途中で分解してしまい、緑茶の1/10〜1/100しか残っていないという







    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved