情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





竜骨(龍骨)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)









竜骨   FOSSILLA OSSIS MASTODI
【基原】 古代の哺乳動物の骨骼と歯牙の化石
【性味】 味は甘澀、性は平 Q平補燥降収R
【帰経】 心・肝・腎経
【分類】 安神薬
【薬性歌】 味甘精可慳 崩帯腸癰風熱癇




鎮静・収斂・止血・消炎
◎鎮静、収斂、神をおさめ陽をかくす。外用すれば肌を生ず。
   <1>驚癇不眠
   <2>自汗盗汗
   <3>遺精、
   <4>崩漏、帯下
   <5>瀉痢
   <6>瘡口不斂(外用)
◎夢泄精の治療剤。「火で焙って粉末にし、散丸剤。」
◎皮膚潰瘍:「竜骨(ン)、枯礬」各等量を作末し、患部に散布
【修治】 (生):精神安定作用が強まる(平肝潜陽)
(ン):収斂作用が強まる(収斂固渋)




<1>収斂作用
<2>消炎作用
<3>ム痰作用
<4>止血作用





竜骨の薬能
  • 《神農本草経》
    1. 心腹鬼症、精物老魅、ゥ逆、泄痢膿血、女子漏下、堅結、小児の熱気驚癇、疾歯を主る
    2. 小児大人の驚癇、癲疾狂走心下の結気、喘息することあたわず。諸、精物を殺すを主る。久しく服せば身軽く、神明に通じ年延ぶ
  • 《成無已》
    1. 竜骨は能く浮越せる正気を収斂し、大腸を固くして驚を鎮める
  • 《薬性提要》
    1. 浮越の気を収め、精をメり、腸を固め、驚を鎮め、癇を治す
  • 《薬徴》
    1. 臍下の動を主治し、旁ら驚狂、煩躁、失精を治す
  • 《重校薬徴》
    1. 竜骨の治す所は、驚狂、煩躁、失精、無容疑の者を治す。為則毎に若の証に値(あ)いて輙ち之を用い、而して間々効なき者あり。是に於て中心より之を疑い居ること数歳にして始めて得たり。その人臍下に動ありて、或いは驚狂し、或いは煩躁し、或いは失精する者に竜骨を用いて是れ影響す。若し臍下に動なき者は、終にその効を見ず。是に由りて之を観るに、竜骨は臍下の動を主治するなり。驚狂、失精、煩躁の如きはそれ兼治のみ
  • 《古方薬品考》
    1. 血を理め、神の虚脱を鎮む
  • 《中薬大辞典》
    1. 驚を鎮め、神を安んじ、汗を斂じ、精を固め、血を止め、腸を澀し、肌を生じ、瘡を斂ず
    2. 驚癇癲狂、ъ猪Y、失眠多夢、自汗盗汗、遺精淋濁、吐衂便血、崩漏帯下、瀉痢脱肛、潰瘍久しく口収まらずを治す



【薬対】 『竜骨+黄連』:
『竜骨+桑}蛸』
『竜骨+茯苓』
『竜骨+牡蛎』
『竜骨+蓮鬚』
【配合処方】 桂枝加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査