ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



真武湯



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



(シンブトウ)

真武湯
ネフローゼ症候群・慢性腎炎・浮腫・慢性大腸炎・内蔵下垂症・心不全慢性関節リウマチ・知覚神経麻痺

真武湯
(応用)

①アテトーゼ

②朝のこわばり

③足に力が入らない

④胃アトニー

⑤胃液分泌過多

⑥胃内停水

⑦萎縮腎

⑧遺尿

⑨陰虚証

⑩疫病

⑪嘔吐

⑫顔色悪い

⑬下垂体機能低下症

⑭脚気

⑮体がだるい重い

⑯眼瞼ケイレン

⑰肝硬変

⑱関節リウマチ

⑲感冒

⑳基礎体温が低い

㉑起立性調節障害

㉒筋肉リウマチ

㉓ケイレン

㉔頸部リンパ腺炎

㉕下痢(泥状~水様便)

㉖眩暈

㉗元気がない

㉘生気がない

㉙口渇は・・・→ない

㉚口乾

㉛高血圧症

㉜甲状腺機能低下症

㉝呼吸困難

㉞さむけがする(さむがり)

㉟四肢沈重・疼痛

㊱湿疹

㊲褥瘡(とこずれ)

㊳少陰病

㊴消化不良

㊵小児の自家中毒

㊶小便不利(尿色~透明)

㊷小脳の疾患

㊸自律神経失調症

㊹腎炎

㊺神経衰弱

㊻心悸亢進

㊼心臓弁膜症

㊽心不全

㊾身体倦怠

㊿新陳代謝機能が沈衰している

51)ジンマシン

52)錐体外路疾患

53)頭重

54)せき

55)脊髄疾患

56)舌質 (淡白で胖大)

57)舌苔(白滑・痰黒色・湿潤)

58)大腸炎

59)立ちくらみ

60)多発性硬化症

61)だるい(横になりたい)

62)血の道症

63)疲れやすい

64)手足冷

65)低血圧症

66)吐血

67)軟便

68)尿量減少

69)ネフローゼ

70)肺炎

71)肺結核

72)半身不随

73)パーキンソン病

74)冷え症

75)鼻炎

76)肥満症

77)疲労倦怠<極甚>

78)貧血

79)腹水

80)腹痛

81)排便の前に痛む

82)腹部膨満

83)腹部軟弱

84)腹膜炎

85)腹鳴

86)浮腫(特に下半身)

87)不眠

88)マラリヤ

89)麻痺

90)慢性胃腸炎

91)慢性下痢

92)メニエール病

93)めまい

94)網膜剥離

95)夜尿症

95)リウマチ

96)裏急後重<なし>

97)ルイレキ

98)冷房病

99)老人性掻痒症

100)肋膜炎



真武湯の(目標)
  1. 新陳代謝が低下して体力虚弱な人で、全身の倦怠感や手足の冷感、下痢、腹痛を訴える者。
  2. 裏急後重を伴わない下痢
  3. めまい・身体動揺感・心悸亢進を伴う場合
  4. 新陳代謝が沈衰し、水気が胃腸に滞留し、小便不利する者。


真武湯の(適応)
  • 冷えて機能低下がある人の、以下の症状・疾患に用います。
    • 「めまい」
      「動悸」
      「むくみ」
      「ケイレン」
      「老人の慢性下痢」
      「慢性胃炎」
      「感冒」
      「せき」
      「高血圧症」

      など




(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
  • 心悸亢進
  • のぼせ
  • 舌のしびれ
  • 吐き気

(原典)
  • 「茯苓・芍薬・生姜各3両切、白朮2両、附子(炮去皮破8升)1枚」
    右五味、以水八升、煮取三升、去滓、温服七合、日三服。
    若者、加五味子半升、細辛一両、乾姜一両。若小便利者、去茯苓、若下利者、去芍薬、加乾姜二両。若嘔者、去附子、加生姜、足前為半斤。

  • 太陽病発汗、汗出不解、其人仍発熱、心下悸、頭眩、身動、振振欲地者真武湯主之。《傷寒論》

  • 少陰病、二三日不已、至四五日、腹痛、小便不利、四肢沈重疼痛、自下利者、此為有水氣。其人或、或小便利、或下利、或嘔者、真武湯主之。《傷寒論》
    • 「沈重疼痛」=重苦しくいたむ。



真武湯  (傷寒論
茯苓5.0 芍薬3.0 白朮3.0
生姜3.0 附子0.5~1.0


真武湯
方剤分類 去寒剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫 湿
四傷
六経弁証 少陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 下焦
方剤帰経 腎経
臓腑弁証 脾腎陽虚、水泛(はん)
効能 ・温陽利水
適応 神経麻痺
心不全
知覚マヒ
内蔵下垂症
ネフローゼ症候群
浮腫
慢性関節リウマチ
慢性腎炎
慢性大腸炎



真武湯 (少陰病)
  • めまい、浮腫<下半身>、尿量減少、四肢だるい、疲れやすい、下痢[痛なし・泥状・水様便、脈沈遅、陰虚証
四逆湯
  • 下痢、下痢清穀
  • 心下部振水音なし。
人参湯 (太陰病)
  • 下痢、虚寒、小便自利、
  • 体力低下・唾液分泌過多・易疲労・下痢・冷え症・顔色不良
小建中湯 (太陰病)
  • 下痢なし、倦怠、裏虚、小便自利、心中悸
    易疲労・腹直筋の緊張・腹痛・小児夜尿症
苓桂朮甘湯 (太陰病)
  • めまい、起立性眩暈、脈沈緊
附子湯
  • 附子湯=茯苓4、芍薬4、白朮5、附子、人参3
    真武湯=茯苓5、芍薬3、白朮3、附子、生姜3

“附子湯は朮附を君薬となして悪寒、身体攣痛、骨節疼痛、心下痞、下利、小便不利等の証を治し”


“真武湯は茯苓、芍薬を君薬となして、心下悸、小便不利、頭眩、動、腹痛、下利、四肢沈重、疼痛、嘔等を治す”《重校薬徴》






関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査