ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


(マオウブシサイシントウ)
麻黄附子細辛湯



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告




麻黄附子細辛湯 (マオウブシサイシントウ)
感冒インフルエンザ・気管支炎・急性腎炎の初期・クインケ浮腫・腎炎浮腫・関節リウマチ・神経痛・腰痛


麻黄附子細辛湯
(応用)

①アレルギー性鼻炎

②インフルエンザ

③咽痛

悪寒

咳嗽

顔色が悪い(顔面蒼白)

喀痰(うすい・多量)

⑧かぜ
  1. 総合感冒薬に比して、発熱・全身倦怠感・咳・痰を短期間に消失することが期待できる(EBM)
  2. かぜ症候群に対する有効率は81.9%であり、対象とした総合感冒薬に比較して優位にすぐれていた(ランダム化比較試験)

⑨関節痛

関節リウマチ

⑪気管支炎

⑫気管支喘息

⑬クインケ浮腫

⑭くしゃみ

呼吸困難

⑯さむけがする(背悪寒)

⑰三叉神経痛

⑱嗜臥(横になりたい)

⑲歯痛


⑳上腹部振水音


㉑自律神経失調症状


㉒腎炎

神経痛

身重

㉕身体疼痛

頭痛


㉗全身倦怠


㉘喘息


蓄膿症


㉚中耳炎

肺炎

㉜発声困難


㉝冷え症

㉞鼻炎

㉟鼻カタル

鼻閉

㊲浮腫

㊳頭痛

㊴慢性気管支炎

㊵慢性頭痛

慢性疲労症候群

㊷慢性副鼻腔炎

㊸無気力

㊹夜尿症


腰痛症


㊻流感



★麻黄附子細辛湯の目標
体力の低下した人の悪寒を伴う発熱に用いる。発熱は顕著ではないが、全身倦怠・無気力などがあり、脈は沈で細く力がない。


体力低下した人の、以下の症状・疾患に用います
  • 感冒
    「気管支炎」
    「のどの痛み」



副作用
  • ・肝機能障害
  • ・黄疸

(注意)
  1. 薬剤過敏症
    • 発疹
    • ・発赤
  2. (自律神経系)
    • ・不眠
    • ・発汗過多
    • ・頻脈
    • ・動悸
    • ・全身脱力感
    • ・精神興奮

  3. (消化器)
    • ・口のかわき。
    • 食欲不振
    • ・胃部不快感
    • ・吐き気
    • ・嘔吐

  4. (泌尿器)・・・排尿障害
  5. のぼせ
    舌のしびれ




★麻黄附子細辛湯の解説
  1. [方剤分類]・・・解表剤
  2. [八綱弁証]・・・裏寒証
  3. [六経弁証]・・・少陰病
  4. [衛気営血弁証]・営分
  5. [臓腑弁証]・・・外感陽虚
  6. [方剤帰経]・・・腎経
  7. [効能・効果]・・助陽解表・利水


【原典】傷寒論
  • 「麻黄(去節)2両、細辛2両、附子(炮去皮破8片)1枚」
    右三味、以水一斗、先煮麻黄、減二升、去上沫、内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升、日三服。
    ◎少陰病始得之、反発熱、脉沈者



麻黄附子細辛湯(傷寒論)
麻黄4.0 細辛3.0 附子0.5~1.0


(鑑別)
  • 麻黄附子細辛湯
    • 悪寒が強く、のどが痛い、手足冷、浮腫、全身倦怠、微熱、頭痛、咳嗽、脈沈
  • 真武湯
    • めまい、浮腫、尿量減少、四肢だるい、陰虚証
      体力中等度以下、全身倦怠感、悪寒、下痢、浮腫、微熱
  • 呉茱萸湯
    • 頭痛、冷症、乾嘔、上衝
  • 桂枝湯
    • 自汗、悪寒悪風、頭痛、表虚証
  • 小青竜湯
    • 咳嗽、喘、鼻水、全身倦怠感を伴わない
  • 麻杏甘石湯
    • 咳嗽、口渇、脈有力、陽症
  • 芍薬甘草附子湯
    • 悪寒、表証なし、
  • 桔梗石膏
    • のどが痛い、腫脹、炎症


















麻黄湯 5 5 4 1.5
麻黄加朮湯 5 5 4 1.5 5
麻杏甘石湯 4 4 2 10
麻杏薏甘湯 4 3 2 10
大青竜湯 6 5 3 2 10 3 3
小青竜湯 3 3 3 3 3 3 6 3
麻黄附子甘草湯 3 3 0.6
麻黄附子細辛湯 4 0.6 3
越婢湯 4 1.5 10 3 3
越婢加朮湯 4 1.5 3 10 3 3




関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








ブログ病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved